Anotherday

仕事・読書・子育てなど役に立つ情報をお届けします

ライフスタイルを変えるコツ

知らないと損をする、成功するための思考回路とは?

更新日:

「頑張る」だけではうまくいかない

slump

失敗は反省したら忘れていい

失敗してしまった時、なんて自分はダメなんだと責めてしまうことはありませんか?
「自分はダメな人間だ」と思うことが多い方は注意する必要があります。

人間の記憶というのは思い出すたびに再構築されるようにできているそうです。
そのため、失敗した時のことを思い出すと、その時のネガティブな感情まで再現してしまう。

その結果、思い出せば思い出すほど、自分自身に「自分はダメな人間だ」と言い聞かせることになり、自信を失っていきます。
いわば失敗するための思考回路が強化されてしまうわけです。

チェック

失敗から学んだら自分を責めない

スポンサーリンク

問題を洗い出す

このように、失敗して自分を責めるということはデメリットしかありません。
それよりも、なぜ失敗したのかという問題そのものに目を向けましょう。

失敗したということは、見方を変えれば解決できる問題がみつかった、ということです。
自分を責めることより、失敗の原因をしっかりと分析することにエネルギーを使うべきです。

原因をみつけたら、それらをひとつずつ見直していくことで、必ず問題は解決できます。

小さな成功体験を思い出す

「思い出された記憶は強化される」ということは、逆もしかり、成功体験にもいえることです。
どのように小さなことであっても、「できた!!」とか「うまくいった!!」といった経験を思い出すだけで、すがすがしさや誇らしい感覚が戻ってきます。

これを繰り返すだけで「成功するための思考回路」が少しずつ強化されていきます。

人に褒められた経験を思い出す

僕もいくつかありますが、そのひとつに高校時代、授業中に英語の先生に褒められたことを思い出します。
学校の勉強は苦手な方でしたが、なぜか英語の授業だけは好きでした。

成績そのものは決して良くはなかったと思いますが、努力は伝わったんでしょうね。
ある日の授業中、先生に差されて答えられた時、みんなの前で「よくやっているね」と褒めてくれました。

その時はなんだか恥ずかしくて「えへへっ」という感じでしたが、思い出すたびに「あぁ、人に認めてもらえるってうれしいもんだな」と思います。

あなたの思考のクセはどちら?

思考には人によってクセがありますよね。思考のクセは大きく分けて二つあります。

  • うまくいかなかったことをひきずってしまう(ネガティブシンキング)
  • うまくできたことを大切にする(ポジティブシンキング)

です。

ポジティブシンキングの習慣を持っている人は自然と物事がうまくいくように選択しています。
ネガティブシンキングの習慣を持っている人は気がつかないうちにうまくいかない選択をしています。

チェック

ポジティブとネガティブ。選択の違いで結果も大きく変わってしまう

ネガティブシンキングはストレスの元

僕はもともとネガティブシンキングでした。

物事をネガティブに考えすぎると、余計なことを考えてしまうためにストレスが多くなります。クヨクヨ悩んでしまい生産的なことにエネルギーが使えないんですよね。

自分は人にどう見られているのか?
またうまくいかなかったらどうしよう。

そんなことばかり考えていつも消耗していました。

喜びを育てる

ではどのようにして僕がネガティブシンキングから離れていったのか?
家族と趣味の存在が大きいです。

プライベートな部分ですね。
いえ、この足元がしっかりしているからこそ、仕事もポジティブシンキングを維持できるんです。

家族と過ごす時間、ピアノを弾いたり読書をする時間はかけがえのないひとときです。
この時間を大切にしていくうちに、ネガティブな考えが入り込んでこなくなりました。

毎日の生活の中で小さな「喜び」や「達成感」を大切に育てていくことで、ポジティブシンキングも強化されていくわけです。
ポジティブシンキングという土台があれば、仕事の問題解決もスムーズにいきます。

これは「解決できる」という前提で行動するようになるからです。

まとめ

「自己啓発セミナー」のようなものに参加したこともありましたが、人間の本質はそう簡単には変わりません。やはり本当に変わっていくためには日々の小さな積み重ねしかありません。

  • 記事を書いている人

SHINJI

普段は経理をしながら会社の広告を作ったりしています。 趣味はピアノを弾いたり本を読んだり。 最近は予約して買ったNintendo Switch「オクトパストラベラー」にハマっております。

-ライフスタイルを変えるコツ
-,

Copyright© Anotherday , 2018 All Rights Reserved.