僕が20年ぶりにジョギングを始めた理由と揃えたものなど

走るって気持ちいい


僕は特別足が速いわけではないし、学生時代は体育の授業も嫌いな方で、どちらかといえば運動オンチの方に入ってしまう人間です。

それでも高校生の頃は毎日のように近くの土手を走っていました。学校が終わってからですから、走り始めるのは夕方。土手からは自分が住んでいる街を見下ろすことができますし、夕暮れ時、オレンジ色に染まっていく景色を眺めながら走る時間というのは、ある意味「非日常的」な時間でした。

それが結婚をして社会人になってしまうと、仕事と子育てが中心の生活になり、いつのまにか走らなくなってしまう。いえ、こういうパターンの方は意外と多いのではないかと思います。

「走ろうかな」と思った時がベスト

ではなぜ最近になって走るようになったのか。
それはなんていうか、「そういうタイミングだったから」です。子育ても落ち着いてきて、仕事もそんなに遅くまで残業しなくてもよい体制になってきた。

運動不足だったし、ちょっとお腹周りも気になってきていた。そういういろんなものが合わさって僕の中で整理されたタイミングが今だった、ということです。

僕は自分でいうのもなんですが、もともとなんにでもストイックに入り込んでしまう方で、やり始めるとわりと長期間にわたってやり続けることができる。僕はそれは自分の長所なんだと思っているのですが、言ってしまえばマイペースなんでしょうね。

仕事も同じ会社にもう10年以上お世話になっていますし、趣味のピアノも足かけ20年近くほど続いています(まぁなかなかうまくはならないのですが)。なので、今回も一度始めたら数年もしくは走れるうちは何十年も走ることになるかもしれません。

いずれにしても、「走ろうかな」と思った時がベストなタイミングなんだと思います。

形から入る

僕はなんでも形から入る方で、たとえば「作曲というものをしてみたい」と思った時は中古でもキーボードとか音源といった「機材」は一通り揃えました。写真を撮りたいと思ったら、一眼レフを買う。そして走ろうと決めたら、やっぱりウェアがほしくなりました。

もともとめんどくさがりなので、昔なら秋葉原とかスポーツ用品店まで足を運ぶのはとっても億劫でしたが、今はAmazonでほぼなんでも済ませています。

形から入ることは良い意味で自分を追い込むことになります。「ここまで揃えたんだからやれるだけやってみよう」と思うわけです。

そんなことで、ジョギングを再開するに当たって今回揃えたものがこちら。

ラッシュパーカー


このラッシュパーカーというのは本当に便利で、UVカットしてくれるのはもちろん、屋外プールにも最適です。ポケットがついているので、走るときはここにハンドタオルを入れています。

伸縮性抜群で動きやすいので重宝してます。

ランニングタイツ


上が黒なので、下もそれに近いものにしようと思い、このランニングタイツにしました。僕は昔から太ももが太い方なのですが、良く伸びる素材でピッタリフィットしました。

7分丈にしたのは足首まわりがスッキリしていた方が走りやすいのと、これからの時期はやっぱり暑いですから。丈夫ですが生地はとても薄いので、毎日洗濯してもすぐに乾きますよ。

ランナーポーチ


あとはスマホを持ち運ぶのに必要なこちら。

腕に巻きつけるタイプのも考えたのですが、マジックテープのものだとなんだかこころもとないので、ウエストでパチッと止まるポーチタイプにしてみました。

これが届いた時に本当に薄くてびっくりしましたが、それでいてとっても丈夫です。
僕はiPhone7ですが、本当にちょうどぴったり。逆にそれ以外のものは一切入りませんが、今はスマホで買い物もできるので、スマホだけあればまったく問題ありません。

また、ヘッドフォンコードを通す穴もちゃんとついているので、僕はiPhone7付属のヘッドフォンで音楽を聴きながら走っています。Amazonのプライムミュージックでランニング用のBGMがたくさんラインナップされているので、そちらを適当に選んで聴くことが多いです。

やっとAppleWatchの出番がきた

先行して昨年買ったAppleWatchですが、やっと本領を発揮する日がやってきました。普段は通知機能をメインで使っていましたが、ジョギングに使うとこれは便利です。

【レビュー】僕がApple Watchを買った理由と実際につけて生活をしてみた感想
Apple Watchは「買い」なのか? Apple Watch買いました^^ 僕はどちらかというと手首は細い方なので38mmの方に...

走った時間だけでなく、走った軌跡も地図上に記録されます。この記録を見て、じゃあ今度は500m長く走ってみようとか、ちょっとタイムを上げてみよう、ということもできます。

「気持ちいい」を基準で走る

近くの公園をぐるりと一周すると、だいたい1kmなので、今は1周から2周しています。時間にして15分から20分くらいなのでまったく負担にはなっていません。間隔としては週に3、4日といったところです。

こういうのはムリをせずに「気持ちいいなぁ」と思える範囲で切り上げるのが長く続けるコツです。

ジョギングを始めて変わったこと

間違いなく、ご飯がおいしくなりました^^
やはり体を動かしてエネルギーを消費した後というのはご飯がおいしく感じるんでしょうね。

頭を空っぽにできる時間が増えた、というのもあります。ジョギングをしている時というのは頭の中はフラットになっています。走りながら何かを考える、というよりは、走っているうちに頭の中が整理される、という感じです。

また、ただ走るという行為そのものだけではなく、公園の木々やすれ違う人達や、あるいは肌で感じられる季節感、そういった、普段と違う(一人でデスクワークの時間が多いので)外からの刺激を受けて心のバランスもとれるようです。

体を引き締める

結果的に1年後とかに体が引き締まればいいかなと思っています。いえ、ここだけを目標にして、たとえば「体重を〇〇kgに」とかすると、それが達成されたとたんに走る目的を失ってしまうからです。

なので、あえてそこは目標にせず、せっかく走るようになったのだから、走ることを楽しもう、ということにしています。それが習慣になってきたら、距離を少しずつ伸ばしていきたいですね。

まとめ

無理は禁物ですが、ちょっと体を動かしたいな、と思った方は、その時が何か運動を始めるベストなタイミング。自分が「気持ちいいな」と思う状態を維持することがジョギングを続けるコツです。
スポンサーリンク
僕が20年ぶりにジョギングを始めた理由と揃えたものなど
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする