ライフスタイルを変えるコツ 趣味を楽しむコツ

忙しすぎるあなたが趣味をライフワークにするためのモチベーションアップ法

更新日:

趣味が続かない理由とは?

pianohand

「時間がない」は言い訳

趣味はあるんだけどなかなか時間がとれない。
そういう方はたくさんいらっしゃると思います。

僕も結婚する前は時間があったので毎日のように本を読んだり、ピアノの練習をしていましたし、ときどき作曲もしていました。
それが結婚をして子供が生まれると趣味に時間が取れなくなっている自分がいる。

確かに子育ては大変です。
仕事も残業続きで趣味に使える絶対的な時間は確実に減っていました。
「だからやりたいことができないんだ」と思っていました。でもそれは言い訳だったんですね。

僕達は本当に喜びを感じられることがあれば、どんなに忙しくてもそれをやるはずです。
なので、時間がないからというよりは趣味へのモチベーションが低下していることが大きな原因ではないかと思います。

どのような趣味も、単なる習慣になってしまうと喜びを感じられなくなります。
そしていつの間にかやらなくなってしまう。

僕は当時、ちょうど趣味に喜びを感じられなくなっていた時期だったんですね。
そこで自分の時間が極端に減ったために、時間がないことを言い訳にやらなくなっていたんだと思います。

チェック

趣味がライフワークにならないのは、上達する喜びやそれをシェアするワクワク感を忘れてしまっているから

スポンサーリンク

聴いてもらいたいというモチベーション

今思えばお恥ずかしい話ですが、奥さんと付き合い始めの頃、僕はパソコンで作った自作の音楽をプレゼントしたことがあります。

MD(当時は主流でした)に何曲か入れて渡したんですよ。
当時の僕はお金もなく、自分で作ってプレゼントできる物といったら、コツコツ作っていた曲しかなかったんです。

それこそ仕事でどんなに疲れている日でも作り続けた記憶があります。
これは「伝えたい」という思いが強かったからです。

聴いてもらいたい、という思いが強力なモチベーションとなっていたわけです。
いやいや、彼女もいい迷惑だったろうなと思いますが。

そういうことを思い出して、それならまた誰かに聴いてもらおう、と思えるようになりました。
それからはどんなに忙しくてもピアノに触れることが楽しみになりました。

下手でも楽しむ

ピアノは両手5本の指すべてを使って演奏します。
音域も広いですし、楽譜も基本的にはメロディーと伴奏の2段同時に読まなければなりません。

はじめは大変でしたが、今は弾くことに喜びを感じています。

ピアノを弾かないなんて損してますよ!独学でピアノ弾いて脳を活性化させよう

趣味は楽しいから、好きだからやるものです。
それが単調な作業になり、ストレスになったら意味がありません。

極端な話が、下手でもいいんです。
今はそうでも、楽しく続けているうちに必ず欲が出てきます。

もっと上手になりたい。
もっとこういうことをやってみたい。

そしてあなたが楽しめば楽しむほど、必ず上達していきます。

ただ惰性で続けても上達するものではありません。

チェック

楽しんでいるから続く、続けられるから上達する

自分の限界は自分で決める

年齢とか才能とか、他の人はどうだとか、考え始めればキリがありません。

ひとつ言えることは、誰もあなたの限界は決められない、ということです。
自分があきらめさえしなければ、楽しむことを大切にしていれば、必ず自分だけのスタイルが出来上がります。

悪気はなくても他人の夢を批判したり否定してしまう人達のことをドリームキラーと言うそうです。
ドリームキラーの言うことには一切耳を貸してはいけません。

まとめ

趣味を始めるのに遅いということは決してありません。
ぜひ、あなたの趣味を楽しいライフワークにしてください。

-ライフスタイルを変えるコツ, 趣味を楽しむコツ
-

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.