仕事を楽しむコツ 部下を育てるコツ

信頼されるリーダーになるために必要な4つの条件

更新日:

ちょっとブレてませんか?


部下から信頼されるリーダーは常にメンタルが安定しています。
仕事に対するモチベーションも高く、メンタルバランスも抜群です。

どんなに忙しくても気持ちの上でゆとりがある。
だから小さなところまで気を配れるわけです。

そして信頼されるリーダーには4つの特徴があります。

スポンサーリンク

1.部下に関心を持つ

信頼される人はいつも周りをよく見ています。
身近な人のちょっとした変化に気が付くんですね。
これはそれだけ関心が外に向いているということです。

自分が周りからどう思われるかではなく、周りにいる人たちが今どのような状況なのかということに関心がある。
だからこそ仕事で仲間が困っていたり部下が悩んでいると、とっさにフォローできるわけです。

また、フォローされた人には「ちゃんと見てくれているんだ」という安心感が生まれます。
人は関心を持ってくれる人の期待に答えようとするものです。

部下に関心を持つことで末端の状況を素早く把握できれば、トラブルを未然に防ぐこともできます。

2.フォローする

一方で信頼されない人は仮に気がついてもフォローしないんですね。
それは人を助けても自分の得にはならないという損得勘定で考えているからです。

だから部下によってフォローしたりしなかったりする。
その不安定さが周りには「この人はちょっと信用できないな」という印象を与えてしまいます。

仕事上で誰かをフォローするのは相手がかわいそうだからとか、仲がいいからではありません。
あくまでも会社全体のパフォーマンスをアップさせるためにフォローするだけです。

3.任せて育てる

自分に部下ができても「自分がやった方が早い」と言ってなかなか仕事を任せない人もいます。
そんなリーダーの下では部下は育ちません。

仕事は自分で体験することで身に付いていきます。
失敗して悔しい思いをしたり、自分に足りないものに気づくことで成長していくわけです。

リーダー自身も部下に仕事を任せるという経験を積まないと、本当のマネジメントスキルが身につきません。
部下が育てば会社の売上・利益は確実に伸びていきます。

リーダーだけが走り回っていては会社にとってはデメリットしかありません。

チェック

リーダーになったら、自分の事よりもまず部下の成長を考えることを最優先にする

4.ブレない

信頼されるリーダーであるために一番重要なことはブレないことです。
相手によって言うことが変わったり、特定の部下だけかわいがったりすれば信頼されません。
なので、リーダーとしての決まりごとを作っておきます。

たとえば、

  • どんなに自分の体調がすぐれない時でも部下を思いやる
  • 仕事は最後まで責任を持って行う

など。
どんなに大変な時でも明確な基準があればブレることはありません。

まとめ

信頼されるリーダーは判断基準が明確なのでブレない。
自分のことより部下の成長を考えるからこそ、仕事を任せられる。

-仕事を楽しむコツ, 部下を育てるコツ
-,

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.