仕事のミスに気付いた時は素直に認めた方が絶対にトク

プライドが邪魔をする 思い込みや決めつけが強くなると、自分の意見が絶対に正しいと思うようになります。後でそれが間違っているとわかっても、ミスを認めたくないという思いが強くなるものです。 これは「自分は間違ったことを言うような人間ではない」という過信や「失敗したら自分の評価がガクンと落ちるんじゃないか」という不安があるからです。その結果、プライドばかりが大きくなって他人の意見、特に反対意見に耳を傾けることができなくなるわけです。 これでは自分自身の視野も狭くなってしまいますし、誰も意見を言ってくれなくなりま ...

ReadMore

行動すれば何かが変わる!!ドラマ『流星ワゴン』を観て考えたこと

当たりまえの幸せに気づく 「流星ワゴン」は2015年の1月スタートの番組で、TBS「日曜劇場」にてリアルタイムで観ていました。 当時は忙しくて観られなかった回があったりしたのですが、最近Amazonプライムビデオで視聴できるようになっていたので、イッキ観してしまいました。 豪華キャストで臨場感が半端ない 西島秀俊さんに香川照之さん。 井川遥さん、そして吉岡秀隆さん。 演技派ぞろいの豪華キャストですね。 親子、家族の絆、生と死についてあらためて考えさせられるドラマです。 重いテーマながらほどよくコメディ要素 ...

ReadMore

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン 僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。 ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。 達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。 もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。 こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。 僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。 だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。 スポンサー ...

ReadMore

ダンドリのプロになる。逆算思考+並列思考で「プロジェクト思考」を鍛えよう

ダンドリひとつで仕事は変わる 仕事ができる人はその日一日の流れがはっきりと見えています。 優先順位が明確で、次に何をやればいいのかわかっている。 だからムダなくモレもない。 その結果、誰よりも効率よく仕事が片付くわけです。 ではダンドリが良い人は具体的にどのような頭の使い方をしているのでしょうか? スポンサーリンク 目次ダンドリひとつで仕事は変わる積み上げ式と逆算式積み上げ式逆算式並列思考プロジェクト思考毎日がプロジェクト積み上げ式にメリットないのか仕事モードと家モードを切り替える笑顔で帰宅する姿をイメー ...

ReadMore

スマホWi-Fi制御!!スマートLED電球でお部屋のカラーが変わる

雰囲気作りに超便利 Amazon Echoでスマート家電環境はできていたので、もう少しデバイスを増やしたいと思っていました。 Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!! そこで見つけたのがこの商品。 この電球、不安になるくらい軽いです。 これって普通のLED電球なんじゃないかって。 今回僕が取り付けたのは以前にAmazonで買ったIKEAのフロアランプです。 これはちょうど2年くらい使っているのですが、和紙のカバーがほどよくやわらかい光にしてくれてるので、とても気に ...

ReadMore

それ優先順位が違うでしょ。仕事のストレスを激減させるタスク管理術

仕事のムダを削ぎ落とそう 仕事は優先順位が命です。 限られた時間になにをどれだけやるのか。 時短できない人は優先順位が間違っているということなんです。 そしてなぜ優先順位を間違うのかといえば、仕事を組み立てていないからです。 組み立てていなければ本当は1時間で終わるかもしれない仕事に2時間、3時間もかかってしまう。 仕事は「組み立てよう」と思わない限り”間延び"するものです。 スポンサーリンク ToDoリストは手書きで十分 では仕事の優先順位はどのように決めればいいのでしょうか? まずはToDoリストを作 ...

ReadMore

一瞬で頭を切り替えるおすすめの自己管理術4つ

自分だけの切り替えスイッチを作ろう 疲れた時、行き詰まりを感じた時、ちょっと頭を切り替えるだけでリフレッシュできるものです。自分にとって常にベストなコンディションを保つ。 これは自分の力を発揮するために絶対に必要な条件です。 そこで、頭を切り替える自分だけの「起動スイッチ」を持っていると安心できます。悩んでいる時間が少なくなればその分時間を有効に使うこともできます。 スポンサーリンク 僕の起動スイッチ ①コーヒー 僕が気分転換をしたいなと思う時に最もお世話になっているのがコーヒーです。 特別詳しいわけでは ...

ReadMore

スマートに仕事のストレスを解消する「平常心」を養う方法

今この瞬間を味わおう 「仕事で強いストレス感じる労働者割合がさらに増え59.5%」。 これは厚労省が平成28年に行った「労働安全衛生調査」の結果です。 参考厚労省・28年労働安全衛生調査結果 およそ6割の人が仕事で「強いストレス」を感じているそうです。 もっとも、考え方も性格もまったく違う人間が集まって仕事をしているわけです。 ストレスがあって当たり前なのかもしれません。 ただ、仕事のストレスは人によって感じ方は違います。 人間関係にしろ仕事のノルマにせよ、受け取り方ひとつでストレスを強く感じる人もいれば ...

ReadMore

Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!!

ちょっと便利なスマート家電生活 ついに届きましたLS mini。 手頃な値段と充実した機能ということで、発売前から予約していたんです。 AmazonのEcho DotについてもたまたまAmazonタイムセールでスマートプラグ「TP-Link」とセットでとってもお買得だったので購入。 僕がLS miniでなにがやりたかったのかというと、音声によるテレビやエアコンの操作です。 ライトのON OFFはスマートプラグがあればEcho Dotだけでもできますが、赤外線で家電を動かすにはLS Mini等のデバイスが別 ...

ReadMore

めんどくさがり屋のあなたが仕事でモチベーションを上げる10の方法

モチベーションは自分で上げるもの 僕はもともとめんどくさがり屋です。 めんどくさがり屋であるがゆえにモチベーションを維持しながら成長し続けるにはちょっとしたコツがいります。 それは自分にルールを課すこと。 実際には他にも自分に課しているルールがいくつかあるのですが、特に効果を感じられて継続できているものに絞って10のルールをあげてみました。 目次モチベーションは自分で上げるもの①目標は朝イチで確認する②相手の話をよく聞く③目標を小分けにする何かのせいにしない④変えられないものに執着しない⑤できる理由だけを ...

ReadMore

子育てで気がラクになるコツ

小学生まではとにかく褒める。子供が自立するための子育てとは?

ホンネでぶつかる


僕には3人の子供がいます。
たとえば長女はもう小学校4年生ですが、1年1年変わっていきますね。

それまではすぐにかんしゃくを起こしたり、ふてくされて部屋に閉じこもったりしていたのが、その時間が少しずつ短くなったり、多少のことではイライラしなくなったり。

「エライね、成長したね」

と頭をなでると「へへっ」っと照れるところがかわいいのですが、そういう瞬間は本当にうれしいです。

毎日一緒に過ごしていると逆になかなか気づいてあげられないのですが、ふと「そういえば昨年の今頃はどうだったかな」と思うと、少しずつ成長しているんですよね。

自分でもできるという感覚

僕は子供には一日でも早く自立してもらいたいと思っています。
早く家を出てほしいとか、就職や結婚を焦っているわけではなく、自分の頭で考えて行動できるようになってほしいんですね。

自分でやりたいと思うことを自分の頭で考えて自分の力で切り開いていく

これが今僕が子供たちに唯一望んでいることです。
勉強ができるとかできないとか、要領がいいとか悪いとか、そんなことは後からなんとでもなることですから。

それよりも自分の感覚を大切にしてほしいし、自分で決めたことに責任を持ってもらいたい。

そのために一番必要だと思うことは子供が自分でもできると感じることです。

子供は褒められると自信を持ちます。
自信を持てば、いずれ仮に褒められなくても「達成する喜び」を感じるようになると思います。
特に小学生くらいまではこの部分はとても重要だと思っています。

これは僕自身が子供のころ、あまり親から褒められた記憶がなかったので、自分の子供にはできるだけ褒めてあげたいというのもあるんですが。

チェック

僕達は無意識の内に自分が育てられたように子供に接してしまう

スポンサーリンク

親がルールを作る

わが家は決して広くはないので、子供が3人いるとケンカが絶えません。
特に外で友達と遊ぶのとは違い、家ではお互い気を遣いません。

自分の思い通りにならないと口も手もでてしまうんですね。

そこを親が割って入ってガツンとやってもいいんですが、親が一方的に怒るだけでは子供は怒られた理由がわからないので、しばらくするとまた同じことをします。

なので子供がケンカを始めたらすぐにやめさせるのではなく、どのようなプロセスでケンカが始まったのかを確認しながら、対策を考える必要があります。

たとえば同じおもちゃで遊びたい、ということが原因だったとしたら、順番に遊ぶとか、タイマーをつけて、これが鳴ったら交代ね、というふうに、ちょっとしたルールをポンと入れてあげると納得する場合が多いです。

ホンネでぶつかる

子供が自分の意志でやったことはどんどん褒めてあげればいいんです。
そのかわり、誰かに迷惑をかけたり、友達を泣かせてしまったらそこは叱ってあげればいい。

子供が小さいうちから親がそのように接していくことで、子供はどういうことをすれば褒められて、どういうことをすれば叱られる、あるいは褒められないか、ということを理解してくんじゃないかと思います。

ダメ出しだけでは子供は自信をなくしてしまいますし、ほしいものを何でも与えていたらそれが当たり前になってしまいます。

どんなに強がっていても、子供は親がホンネでぶつかってくると弱い部分も出してきます。

本当はこうしたかった、本当はそういうつもりじゃなかった。

ぶつかることで本当はどんなものを望んでいて、どうしてほしいのか、どうしたいのかということが見えてきます。
そういう部分をくみ取ってもらえたと思うと、子供は本当に安心した顔をします。

どんどん子供とぶつかりながら親としても子供に勉強させてもらってます(笑)。

まとめ

子供が小学生の間はとにかく褒めて自信をつけさせることが先。
子供だけで解決できないことは親がルールを作ってあげるとうまくいくことが多い。
親がホンネでぶつかると子供は安心する。

仕事を楽しむコツ

2019/11/8

仕事のミスに気付いた時は素直に認めた方が絶対にトク

プライドが邪魔をする 思い込みや決めつけが強くなると、自分の意見が絶対に正しいと思うようになります。後でそれが間違っているとわかっても、ミスを認めたくないという思いが強くなるものです。 これは「自分は間違ったことを言うような人間ではない」という過信や「失敗したら自分の評価がガクンと落ちるんじゃないか」という不安があるからです。その結果、プライドばかりが大きくなって他人の意見、特に反対意見に耳を傾けることができなくなるわけです。 これでは自分自身の視野も狭くなってしまいますし、誰も意見を言ってくれなくなりま ...

ReadMore

ファミリーおすすめスポット 真夏におすすめ水遊びスポット

2019/8/16

無料プールとビュッフェが超おすすめ!!絶対また行く南国ホテル

ファミリーなら絶対おすすめ南国ホテル プール付きで食事はビュッフェスタイルの宿を探していました。 じゃらんで調べると、「南国ホテル」という伊東園ホテルグループの宿がヒット。 参考南国ホテル公式HP 千葉県の白浜、南房総の最南端にあります。 伊東園グループのホテルは格安ですね この南国ホテルもそのひとつ。 正直、外観や内装など経年劣化はやむを得ない部分もありますが、メンテナンスはしっかりしてあります。 スポンサーリンク 想像以上の快適空間 Free Wi-Fi完備。ロビーはもちろん、部屋でも使えてとっても便 ...

ReadMore

問題を解決するコツ

2019/7/31

30~40代でリーダーになるための最低条件とは?

人はトラブルで成長する ビジネスは問題解決の連続です。 トラブルが発生した時にその人の能力がわかるし、その対応の仕方によって成長の度合いも大きく違ってきます。 そういう意味では矢面に立って問題解決している人ほどスキルアップが早いということになります。 スポンサーリンク 目次人はトラブルで成長する実務で学ぶということパソコントラブル人間関係のトラブルプライドを捨てて、もがく問題を解決できない人たち新しいものを取り入れるスマホ決済教養を身につけるまとめ 実務で学ぶということ 売上が落ちている、パソコンが壊れた ...

ReadMore

映画・ドラマ

2019/7/2

行動すれば何かが変わる!!ドラマ『流星ワゴン』を観て考えたこと

当たりまえの幸せに気づく 「流星ワゴン」は2015年の1月スタートの番組で、TBS「日曜劇場」にてリアルタイムで観ていました。 当時は忙しくて観られなかった回があったりしたのですが、最近Amazonプライムビデオで視聴できるようになっていたので、イッキ観してしまいました。 豪華キャストで臨場感が半端ない 西島秀俊さんに香川照之さん。 井川遥さん、そして吉岡秀隆さん。 演技派ぞろいの豪華キャストですね。 親子、家族の絆、生と死についてあらためて考えさせられるドラマです。 重いテーマながらほどよくコメディ要素 ...

ReadMore

ライフスタイル 人間関係で悩まないコツ

2019/5/29

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン 僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。 ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。 達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。 もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。 こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。 僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。 だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。 スポンサー ...

ReadMore

-子育てで気がラクになるコツ
-

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.