仕事のミスに気付いた時は素直に認めた方が絶対にトク

プライドが邪魔をする 思い込みや決めつけが強くなると、自分の意見が絶対に正しいと思うようになります。後でそれが間違っているとわかっても、ミスを認めたくないという思いが強くなるものです。 これは「自分は間違ったことを言うような人間ではない」という過信や「失敗したら自分の評価がガクンと落ちるんじゃないか」という不安があるからです。その結果、プライドばかりが大きくなって他人の意見、特に反対意見に耳を傾けることができなくなるわけです。 これでは自分自身の視野も狭くなってしまいますし、誰も意見を言ってくれなくなりま ...

ReadMore

行動すれば何かが変わる!!ドラマ『流星ワゴン』を観て考えたこと

当たりまえの幸せに気づく 「流星ワゴン」は2015年の1月スタートの番組で、TBS「日曜劇場」にてリアルタイムで観ていました。 当時は忙しくて観られなかった回があったりしたのですが、最近Amazonプライムビデオで視聴できるようになっていたので、イッキ観してしまいました。 豪華キャストで臨場感が半端ない 西島秀俊さんに香川照之さん。 井川遥さん、そして吉岡秀隆さん。 演技派ぞろいの豪華キャストですね。 親子、家族の絆、生と死についてあらためて考えさせられるドラマです。 重いテーマながらほどよくコメディ要素 ...

ReadMore

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン 僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。 ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。 達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。 もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。 こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。 僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。 だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。 スポンサー ...

ReadMore

ダンドリのプロになる。逆算思考+並列思考で「プロジェクト思考」を鍛えよう

ダンドリひとつで仕事は変わる 仕事ができる人はその日一日の流れがはっきりと見えています。 優先順位が明確で、次に何をやればいいのかわかっている。 だからムダなくモレもない。 その結果、誰よりも効率よく仕事が片付くわけです。 ではダンドリが良い人は具体的にどのような頭の使い方をしているのでしょうか? スポンサーリンク 目次ダンドリひとつで仕事は変わる積み上げ式と逆算式積み上げ式逆算式並列思考プロジェクト思考毎日がプロジェクト積み上げ式にメリットないのか仕事モードと家モードを切り替える笑顔で帰宅する姿をイメー ...

ReadMore

スマホWi-Fi制御!!スマートLED電球でお部屋のカラーが変わる

雰囲気作りに超便利 Amazon Echoでスマート家電環境はできていたので、もう少しデバイスを増やしたいと思っていました。 Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!! そこで見つけたのがこの商品。 この電球、不安になるくらい軽いです。 これって普通のLED電球なんじゃないかって。 今回僕が取り付けたのは以前にAmazonで買ったIKEAのフロアランプです。 これはちょうど2年くらい使っているのですが、和紙のカバーがほどよくやわらかい光にしてくれてるので、とても気に ...

ReadMore

それ優先順位が違うでしょ。仕事のストレスを激減させるタスク管理術

仕事のムダを削ぎ落とそう 仕事は優先順位が命です。 限られた時間になにをどれだけやるのか。 時短できない人は優先順位が間違っているということなんです。 そしてなぜ優先順位を間違うのかといえば、仕事を組み立てていないからです。 組み立てていなければ本当は1時間で終わるかもしれない仕事に2時間、3時間もかかってしまう。 仕事は「組み立てよう」と思わない限り”間延び"するものです。 スポンサーリンク ToDoリストは手書きで十分 では仕事の優先順位はどのように決めればいいのでしょうか? まずはToDoリストを作 ...

ReadMore

一瞬で頭を切り替えるおすすめの自己管理術4つ

自分だけの切り替えスイッチを作ろう 疲れた時、行き詰まりを感じた時、ちょっと頭を切り替えるだけでリフレッシュできるものです。自分にとって常にベストなコンディションを保つ。 これは自分の力を発揮するために絶対に必要な条件です。 そこで、頭を切り替える自分だけの「起動スイッチ」を持っていると安心できます。悩んでいる時間が少なくなればその分時間を有効に使うこともできます。 スポンサーリンク 僕の起動スイッチ ①コーヒー 僕が気分転換をしたいなと思う時に最もお世話になっているのがコーヒーです。 特別詳しいわけでは ...

ReadMore

スマートに仕事のストレスを解消する「平常心」を養う方法

今この瞬間を味わおう 「仕事で強いストレス感じる労働者割合がさらに増え59.5%」。 これは厚労省が平成28年に行った「労働安全衛生調査」の結果です。 参考厚労省・28年労働安全衛生調査結果 およそ6割の人が仕事で「強いストレス」を感じているそうです。 もっとも、考え方も性格もまったく違う人間が集まって仕事をしているわけです。 ストレスがあって当たり前なのかもしれません。 ただ、仕事のストレスは人によって感じ方は違います。 人間関係にしろ仕事のノルマにせよ、受け取り方ひとつでストレスを強く感じる人もいれば ...

ReadMore

Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!!

ちょっと便利なスマート家電生活 ついに届きましたLS mini。 手頃な値段と充実した機能ということで、発売前から予約していたんです。 AmazonのEcho DotについてもたまたまAmazonタイムセールでスマートプラグ「TP-Link」とセットでとってもお買得だったので購入。 僕がLS miniでなにがやりたかったのかというと、音声によるテレビやエアコンの操作です。 ライトのON OFFはスマートプラグがあればEcho Dotだけでもできますが、赤外線で家電を動かすにはLS Mini等のデバイスが別 ...

ReadMore

めんどくさがり屋のあなたが仕事でモチベーションを上げる10の方法

モチベーションは自分で上げるもの 僕はもともとめんどくさがり屋です。 めんどくさがり屋であるがゆえにモチベーションを維持しながら成長し続けるにはちょっとしたコツがいります。 それは自分にルールを課すこと。 実際には他にも自分に課しているルールがいくつかあるのですが、特に効果を感じられて継続できているものに絞って10のルールをあげてみました。 目次モチベーションは自分で上げるもの①目標は朝イチで確認する②相手の話をよく聞く③目標を小分けにする何かのせいにしない④変えられないものに執着しない⑤できる理由だけを ...

ReadMore

ライフスタイル 人間関係で悩まないコツ

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン


僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。
ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。
達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。

もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。
こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。

僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。
だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。

スポンサーリンク


他人のモノサシに合わせようとするからしんどい

やせ願望

人の意見、評価を気にし過ぎると、自分が他人にどう思われているかが気になるようになります。

たとえば、小学校高学年女子の70%が「やせたい」と思っているという調査結果があるそうです。
今どきの子はみんなやせているように見えるのですが、それでも「もっとやせたい」と思っているのでしょうか。

これは

やせていなければ受け入れてもらえない
スタイルが良くないとモテない

というモノサシが存在しているからです。

テレビCMやネット広告の影響は大きいと思います。
特にスマホ世代は何かと広告に触れる頻度も多いので、必要以上に外見が気になってしまうのかもしれません。

もちろんスタイルを維持したいとかキレイでありたい、という願望はあっていいと思います。
大切なことは、自分が心から求めてやっていることなのか、ということです。

お金願望

「これをやれば儲かる」という話もそうですね。
儲かる方法教えます、といった広告はあふれかえっています。

そんなに簡単に誰でもお金儲けできる方法があるなら、今頃みんな大金持ちですよね。
自分のモノサシがある人は、実際にはどうしてそうならないのかを考えます。

自分の容姿にせよ、お金にせよ、他人に与えられた理想像というのは時に魅力的に見えるものです。
ですが自分のモノサシに合わないものを追い求めても長続きはしないし、疲弊していくばかり。

ではなぜそれでも追い求めてしまうのか。
それは生きることへの不安があるからです。
自分のモノサシに自信が持てないからですね。

自慢話をする人の心理

ところで、自分の得意分野の話になると、急に自慢話をし始める人がいます。
自分は昔はこうだった、これだったら誰にも負けない。
職場でもいますよね、「俺が若かった頃は」なんて。

自慢話をしてしまうのは自分が優れた何かを持っていないと相手に受け入れられないと思っているからです。
ありのままの自分では相手に受け入れてもらえないと思っている。
要するに、自分に自信がないからこそ、自分がいかに優れているかをアピールして認めてもらおうとするわけです。

でも結果的には自慢話ばかりする人は嫌われます。
なぜかという、そういう人は自分のことしか関心がないからです。

自慢話というのは話している時は優越感にひたれるので気持ちいいのですが、根本的な不安はなくなりません。

「特別な人」でなくても受け入れられる

劣等感は比較から生まれる

僕は劣等感そのものは持っている方がむしろ健全だと思います。
誰だって誰かと比較すれば劣っていると思う部分はたくさんあるものです。

つまり、自分は何が足りないかということを知ること自体は問題ないんですね。
他人と比較することで自分に足りないものに気づくことができますし、逆に自分が持っているものにも気づくことができます。

比較すること自体悪いことではないのですが、自分が劣っている部分だけを切り取って自分の価値を決めてしまうことは避けたいものです。

小さな達成感を得る

スマホの普及によって僕達は情報の大きな波に飲み込まれています。
世の中が変わっていくスピードもどんどん速くなって、新しい商品やサービスに振り回されている。

このような状況で自分のモノサシに自信を持つためにはどうすればいいのでしょうか?
それは毎日の「小さな達成感」を大切にすることです。

じっくり味わう時間を作る

僕たちは自分自身のことを誤解していることの方が多い。

  • 本当は何をやりたいのか
  • 本当に欠点だらけなのか

そういうことを検証するゆとりがないんですね。
だからこそ、日々の達成感が必要なんです

たとえばよく味わうこと。

  • よくかんでご飯を食べる
  • 音楽は目を閉じてじっくり聴く
  • でかけたら街並みや人をよく観察する
  • 人の話を最後まで聞く

どれもちょっとしたことですが、実際にやってみると必ず気づきがあるものです。

あらためて自分の好みに気づくこともありますし、新しい発見もあるでしょう。
こうして一度歩くペースを落として自分の現実とじっくり触れ合う時間を作っていくわけです。

  • 自分の部屋を片付ける
  • 仕事のデスク周りを整理する
  • 使わないものは捨てるかしまっておく

など整理整頓も気持ちを整える良い方法です。
1日を大切に使うということです。

すると今の自分に何が必要で何が必要ではないのかがわかってきます。
その結果、自分のモノサシに自信が持てるようになってきます。

人の役に立つことをする

貢献することです。
友達や家族という単位でもいいのですが、自分の意志で自分が得意なことで誰かの役に立つことをしてみる。
これはお金とか報酬ではないんです。

自分が誰かの役に立っているという感覚が自分の存在価値を高めることになりますから。
劣っている部分もあるけれど、この部分なら人の役に立てる。
それがダイレクトに自信につながるわけです。

大事なことは自分の意志で行うことです
だれかにやらされるのではない、強迫的になるのでもない。
ただ喜んでもらいたいから、役に立ちたいからやることで人の目も気にならなくなっていきます。

他人のモノサシを尊重する

人間関係というのは結局、「自分のモノサシ」を持った人同士のつながりということです。
中には自分のモノサシを人に押し付けてくる人もいますが、誰かのモノサシに合わせなければいけないというのは対等な関係ではありません。

みんな育ってきた環境も好みや価値観も全く違う。
相手に自分のモノサシを当てはめようとすることはまったくのナンセンスです。

相手にも自分と同じように独自のモノサシがあるんだ、ということに気づけば相手を尊重する気持ちも生まれます。。

自分はこれはできるけどこれはできないよ
それは知らないけど、これは詳しいよ
私はこういう考え方だけど、あなたの考え方もありだよね

そういうものがみんなバラバラで人生観も価値観も違うからこそ、おもしろい。
違うからこそ価値があるし、補い合うことでチームとして成立するわけです。

まとめ

自信を持つということは自分のモノサシを持っていいと自分に許すことでもある。
そして他人のモノサシを尊重することではじめて、対等な人間関係が生まれます。自信がない時はつい誰かに合わせたり、なにか大きなことをやらなければと焦ってしまう。
そういう時こそマイペースで毎日を大切に過ごし、自分のモノサシで目標を設定することが大切です。

仕事を楽しむコツ

2019/11/8

仕事のミスに気付いた時は素直に認めた方が絶対にトク

プライドが邪魔をする 思い込みや決めつけが強くなると、自分の意見が絶対に正しいと思うようになります。後でそれが間違っているとわかっても、ミスを認めたくないという思いが強くなるものです。 これは「自分は間違ったことを言うような人間ではない」という過信や「失敗したら自分の評価がガクンと落ちるんじゃないか」という不安があるからです。その結果、プライドばかりが大きくなって他人の意見、特に反対意見に耳を傾けることができなくなるわけです。 これでは自分自身の視野も狭くなってしまいますし、誰も意見を言ってくれなくなりま ...

ReadMore

ファミリーおすすめスポット 真夏におすすめ水遊びスポット

2019/8/16

無料プールとビュッフェが超おすすめ!!絶対また行く南国ホテル

ファミリーなら絶対おすすめ南国ホテル プール付きで食事はビュッフェスタイルの宿を探していました。 じゃらんで調べると、「南国ホテル」という伊東園ホテルグループの宿がヒット。 参考南国ホテル公式HP 千葉県の白浜、南房総の最南端にあります。 伊東園グループのホテルは格安ですね この南国ホテルもそのひとつ。 正直、外観や内装など経年劣化はやむを得ない部分もありますが、メンテナンスはしっかりしてあります。 スポンサーリンク 想像以上の快適空間 Free Wi-Fi完備。ロビーはもちろん、部屋でも使えてとっても便 ...

ReadMore

問題を解決するコツ

2019/7/31

30~40代でリーダーになるための最低条件とは?

人はトラブルで成長する ビジネスは問題解決の連続です。 トラブルが発生した時にその人の能力がわかるし、その対応の仕方によって成長の度合いも大きく違ってきます。 そういう意味では矢面に立って問題解決している人ほどスキルアップが早いということになります。 スポンサーリンク 目次人はトラブルで成長する実務で学ぶということパソコントラブル人間関係のトラブルプライドを捨てて、もがく問題を解決できない人たち新しいものを取り入れるスマホ決済教養を身につけるまとめ 実務で学ぶということ 売上が落ちている、パソコンが壊れた ...

ReadMore

映画・ドラマ

2019/7/2

行動すれば何かが変わる!!ドラマ『流星ワゴン』を観て考えたこと

当たりまえの幸せに気づく 「流星ワゴン」は2015年の1月スタートの番組で、TBS「日曜劇場」にてリアルタイムで観ていました。 当時は忙しくて観られなかった回があったりしたのですが、最近Amazonプライムビデオで視聴できるようになっていたので、イッキ観してしまいました。 豪華キャストで臨場感が半端ない 西島秀俊さんに香川照之さん。 井川遥さん、そして吉岡秀隆さん。 演技派ぞろいの豪華キャストですね。 親子、家族の絆、生と死についてあらためて考えさせられるドラマです。 重いテーマながらほどよくコメディ要素 ...

ReadMore

ライフスタイル 人間関係で悩まないコツ

2019/5/29

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン 僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。 ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。 達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。 もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。 こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。 僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。 だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。 スポンサー ...

ReadMore

-ライフスタイル, 人間関係で悩まないコツ
-

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.