行動すれば何かが変わる!!ドラマ『流星ワゴン』を観て考えたこと

当たりまえの幸せに気づく 「流星ワゴン」は2015年の1月スタートの番組で、TBS「日曜劇場」にてリアルタイムで観ていました。 当時は忙しくて観られなかった回があったりしたのですが、最近Amazonプライムビデオで視聴できるようになっていたので、イッキ観してしまいました。 豪華キャストで臨場感が半端ない 西島秀俊さんに香川照之さん。 井川遥さん、そして吉岡秀隆さん。 演技派ぞろいの豪華キャストですね。 親子、家族の絆、生と死についてあらためて考えさせられるドラマです。 重いテーマながらほどよくコメディ要素 ...

ReadMore

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン 僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。 ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。 達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。 もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。 こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。 僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。 だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。 スポンサー ...

ReadMore

ダンドリのプロになる。逆算思考+並列思考で「プロジェクト思考」を鍛えよう

ダンドリひとつで仕事は変わる 仕事ができる人はその日一日の流れがはっきりと見えています。 優先順位が明確で、次に何をやればいいのかわかっている。 だからムダなくモレもない。 その結果、誰よりも効率よく仕事が片付くわけです。 ではダンドリが良い人は具体的にどのような頭の使い方をしているのでしょうか? スポンサーリンク 目次ダンドリひとつで仕事は変わる積み上げ式と逆算式積み上げ式逆算式並列思考プロジェクト思考毎日がプロジェクト積み上げ式にメリットないのか仕事モードと家モードを切り替える笑顔で帰宅する姿をイメー ...

ReadMore

スマホWi-Fi制御!!スマートLED電球でお部屋のカラーが変わる

雰囲気作りに超便利 Amazon Echoでスマート家電環境はできていたので、もう少しデバイスを増やしたいと思っていました。 Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!! そこで見つけたのがこの商品。 この電球、不安になるくらい軽いです。 これって普通のLED電球なんじゃないかって。 今回僕が取り付けたのは以前にAmazonで買ったIKEAのフロアランプです。 これはちょうど2年くらい使っているのですが、和紙のカバーがほどよくやわらかい光にしてくれてるので、とても気に ...

ReadMore

それ優先順位が違うでしょ。仕事のストレスを激減させるタスク管理術

仕事のムダを削ぎ落とそう 仕事は優先順位が命です。 限られた時間になにをどれだけやるのか。 時短できない人は優先順位が間違っているということなんです。 そしてなぜ優先順位を間違うのかといえば、仕事を組み立てていないからです。 組み立てていなければ本当は1時間で終わるかもしれない仕事に2時間、3時間もかかってしまう。 仕事は「組み立てよう」と思わない限り”間延び"するものです。 スポンサーリンク ToDoリストは手書きで十分 では仕事の優先順位はどのように決めればいいのでしょうか? まずはToDoリストを作 ...

ReadMore

一瞬で頭を切り替えるおすすめの自己管理術4つ

自分だけの切り替えスイッチを作ろう 疲れた時、行き詰まりを感じた時、ちょっと頭を切り替えるだけでリフレッシュできるものです。自分にとって常にベストなコンディションを保つ。 これは自分の力を発揮するために絶対に必要な条件です。 そこで、頭を切り替える自分だけの「起動スイッチ」を持っていると安心できます。悩んでいる時間が少なくなればその分時間を有効に使うこともできます。 スポンサーリンク 僕の起動スイッチ ①コーヒー 僕が気分転換をしたいなと思う時に最もお世話になっているのがコーヒーです。 特別詳しいわけでは ...

ReadMore

スマートに仕事のストレスを解消する「平常心」を養う方法

今この瞬間を味わおう 「仕事で強いストレス感じる労働者割合がさらに増え59.5%」。 これは厚労省が平成28年に行った「労働安全衛生調査」の結果です。 参考厚労省・28年労働安全衛生調査結果 およそ6割の人が仕事で「強いストレス」を感じているそうです。 もっとも、考え方も性格もまったく違う人間が集まって仕事をしているわけです。 ストレスがあって当たり前なのかもしれません。 ただ、仕事のストレスは人によって感じ方は違います。 人間関係にしろ仕事のノルマにせよ、受け取り方ひとつでストレスを強く感じる人もいれば ...

ReadMore

Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!!

ちょっと便利なスマート家電生活 ついに届きましたLS mini。 手頃な値段と充実した機能ということで、発売前から予約していたんです。 AmazonのEcho DotについてもたまたまAmazonタイムセールでスマートプラグ「TP-Link」とセットでとってもお買得だったので購入。 僕がLS miniでなにがやりたかったのかというと、音声によるテレビやエアコンの操作です。 ライトのON OFFはスマートプラグがあればEcho Dotだけでもできますが、赤外線で家電を動かすにはLS Mini等のデバイスが別 ...

ReadMore

めんどくさがり屋のあなたが仕事でモチベーションを上げる10の方法

モチベーションは自分で上げるもの 僕はもともとめんどくさがり屋です。 めんどくさがり屋であるがゆえにモチベーションを維持しながら成長し続けるにはちょっとしたコツがいります。 それは自分にルールを課すこと。 実際には他にも自分に課しているルールがいくつかあるのですが、特に効果を感じられて継続できているものに絞って10のルールをあげてみました。 目次モチベーションは自分で上げるもの①目標は朝イチで確認する②相手の話をよく聞く③目標を小分けにする何かのせいにしない④変えられないものに執着しない⑤できる理由だけを ...

ReadMore

幸福感だけじゃダメ。アドラー心理学に学ぶ今日から幸せになる方法

あなたはすでに幸せだ 「幸福感」は消えてしまう 仕事で成功すれば収入が増えます。 たくさんお金があれば好きな物が買えるし、心配せずに美味しいものをたくさん食べることもできます。 気軽に旅行だって行けますよね。 でもそれはあくまでも一時的なものです。 時間が経てば次第に薄れていくものであり、幸福そのものというよりは「幸福感」です。 これに対して「幸福である」ということは、何か特別な努力をして手に入れるものではありません。 今この瞬間が幸せだと感じられることです。 では今幸福であると感じるためにはどうすればい ...

ReadMore

人間関係で悩まないコツ

知らないと損をする、イライラせずに正しく怒る方法

更新日:

正しく怒ってますか?


誰しも、相手のせいで痛い思いをしたり、損害を被ったりしたら腹が立ちますよね。

そういう場面ではついカーっとなりますし、すぐに反論したくなるものです。
ですが怒りの感情をそのまま爆発させても、自分は一瞬スッキリするかもしれませんが、お互いイヤな思いだけが残ります。

特にビジネスシーンでは個人的な感情で取引先との関係を悪化させてしまうこともあります。

怒る目的

例えば小さな子供は、自分の思い通りにならないと大声を出したり暴れたりしますよね。
それはまだ、それしか怒りを処理する方法を知らないからです。

ですが大人になったら、正しく怒らないと損をします。
正しく怒るということは、感情的にならずに自分が受けた損失を取り戻すことを目的とするということです。

大人だからこそ、正しい手順を踏めば、怒りの感情を「利益」に変換できます。

スポンサーリンク

怒っていい条件とは?

認知科学者の苫米地英人さんは著書『怒らない選択法、怒る技術』の中で、怒ってもいい条件として以下の2つをあげています。

  1. 相手に過失があり、その過失によって自分に不利益が生じた時
  2. その過失が予想外だった時

予想外であるということは、冷静に振り返ってみた時に、あらかじめ把握できたかもしれないな、ということです。
早い話が、「わかりきっていること」に腹を立てるのは怒っていい条件には当てはまらないんですね。

「何度言ってもわからない人」に怒らない

いつも同じ失敗をしてしまう部下などがそうです。
僕の経験上、何度言っても行動が変わらない部下に同じことを繰り返し言っても、それだけで相手が変わることはありません。

なので、押してダメなら引いてみろ、ではありませんが、違うアプローチで気づかせるようにしています。

たとえば

  • どうしてできないのか相手に説明させる
  • どうすればできるか提案してもらう

など、部下自身が考えて気づくようにすると、深く記憶に残るために少しずつ行動が変わってくることが多いです。

何度言っても変わらない、ということはすでにわかっていることなので、むしろ同じアプローチで部下の責任にしてしまうのは上司の職務怠慢だ、という見方もできます。

似たようなことで「期待はずれ」からくる怒りもありますよね。
こちらが一方的に期待していて、相手がその通りに動いてくれないから怒るというパターンです。

これも部下を正しく評価できていないという点では、怒っていい条件に当てはまりません。

チェック

自分の行動を変えれば解決できる問題は怒る必要がない

なんのために怒るのか?

では上記の怒っていい条件に当てはまった場合に、正しく怒るとはどういうことでしょうか?

それは損失補填することを目的に行動してスッキリすることです。
怒りをどうやって「利益」に結びつけるか、ということですね。

仕事で考えるとわかりやすいですが、明らかに相手側のミスで納期が遅れたり商品やサービスに不備があった結果、お客様からのクレームや損害を被ってしまった場合。

担当者を感情だけで怒鳴りつけたところで損失をカバーできるわけではありません。
なので、あくまでも損失の穴埋めをスムーズに行うために淡々と対応することに集中すべきです。

その結果、損失がきれいに補填されれば、抱えていた怒りも同時に発散されます。

チェック

怒る時は、必ず目的を持って怒る

まとめ

正しく怒らないと損をする。
ビジネスシーンでは相手の責任で損害を被ることもあります。その時は感情的にならずに「損失の穴埋め」をゴールとして計画をたて、淡々とやり返す。


映画・ドラマ

2019/7/2

行動すれば何かが変わる!!ドラマ『流星ワゴン』を観て考えたこと

当たりまえの幸せに気づく 「流星ワゴン」は2015年の1月スタートの番組で、TBS「日曜劇場」にてリアルタイムで観ていました。 当時は忙しくて観られなかった回があったりしたのですが、最近Amazonプライムビデオで視聴できるようになっていたので、イッキ観してしまいました。 豪華キャストで臨場感が半端ない 西島秀俊さんに香川照之さん。 井川遥さん、そして吉岡秀隆さん。 演技派ぞろいの豪華キャストですね。 親子、家族の絆、生と死についてあらためて考えさせられるドラマです。 重いテーマながらほどよくコメディ要素 ...

ReadMore

ライフスタイル 人間関係で悩まないコツ

2019/5/29

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン 僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。 ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。 達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。 もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。 こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。 僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。 だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。 スポンサー ...

ReadMore

仕事を楽しむコツ 目標を達成するコツ

2019/4/19

ダンドリのプロになる。逆算思考+並列思考で「プロジェクト思考」を鍛えよう

ダンドリひとつで仕事は変わる 仕事ができる人はその日一日の流れがはっきりと見えています。 優先順位が明確で、次に何をやればいいのかわかっている。 だからムダなくモレもない。 その結果、誰よりも効率よく仕事が片付くわけです。 ではダンドリが良い人は具体的にどのような頭の使い方をしているのでしょうか? スポンサーリンク 目次ダンドリひとつで仕事は変わる積み上げ式と逆算式積み上げ式逆算式並列思考プロジェクト思考毎日がプロジェクト積み上げ式にメリットないのか仕事モードと家モードを切り替える笑顔で帰宅する姿をイメー ...

ReadMore

お金

2019/4/3

こんなに節約しているのに、なぜお金が貯まらないのか

あなたのお金は漏れている クレジットカードやSuicaなどの交通系プリペイドカード。 いずれも現金に触れることなく支払いが完了するいわゆるキャッシュレス決済。 しかもこれらがすべてスマホ1台で完結してしまうのですから、お金を使っているという感覚が鈍くなりますよね。 こうしてお金がいつの間にか消えていくわけです。 まるで小さな穴が開いた容器から水が漏れていくように。 スポンサーリンク 目次あなたのお金は漏れているお金が出ていく仕掛け節約しているつもり定額制サービス習慣で買っているモノお金は消えるべきして消え ...

ReadMore

人間関係で悩まないコツ 部下を育てるコツ

2019/3/1

40歳からのマネジメント!部下を動かす「聞く」技術

部下は話を聞いてもらいたい 40代になると人に使われるより、人を使う側になる方も多いのではないでしょうか。 同時に思うように部下が動いてくれない、成長しない、という悩みも出てきます。 僕も上司としてうまくいかなかったり、これは失敗したなと思ったことはたくさんあるのですが、その中で特に良い結果を生んだのはシンプルに「聞く」ということです。 目次部下は話を聞いてもらいたいマネジメントの目的部下はホンネを言わない聞く力を鍛える否定しない反論・逆ギレ聞いてもらえると部下は変わるお説教は必要か?仕組み化するまとめ ...

ReadMore

-人間関係で悩まないコツ
-

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.