ライフスタイル

アウトプット前提だから記憶に残る。僕の読書法と本との向き合い方

2014年11月2日

本棚は自分の鏡。偏った本ばかり並んでない?

本棚
photo by demandaj

思ってもいなかったジャンルの本も買ってみる

僕は自分が関心があるジャンルと今まであまり関わってこなかったジャンルの2種類の本を買うことが多いですね。自分が好きな本ばかり読んでいると専門性が高まる反面、返って視野が狭くなってしまうリスクもあるからです。そのため、経理関係やビジネス書に紛れて、歴史書やエコロジー、物理学などの本も増えてきました。子供が大きくなれば共有できることもあるかもしれませんから、そういう意味で楽しく勉強させてもらっている、という感じです。

スポンサーリンク

本棚を眺める

そういう意味では自分の本棚ってよくよく眺めると面白いですね。今の自分の心理状態が見事に表れてます。僕は20歳くらいの頃ものすごく自分に自信がなくて不安な時期があって、本棚は見事に心理学とか哲学、自己啓発本で埋め尽くされていました。
ちょうど大学を中退したころだったのですが、ある時ふと本棚や積まれた本を眺めた時、自分でも「これは重症だな」と思ったものです。

速読は必要か?

本
photo by Patrick Gage
速読はできた方が良いです。
短時間でたくさんの本を読めるので、インプットの量も質も大きな違いが生まれます。

ページを1枚の絵のようにとらえて画像として読み取る「フォトリーディング」というものもありますが、本の取捨選択をする時には使えると思います。ただ、僕はどうも「読んだ」「納得した」という感覚が得られず、それだけではちょっと不安なんですね。というより、もともと読もうとしている本の内容についての基礎知識がないと効果が薄いような気がしました。

僕もいろいろ試しましたが、結論としては

きちんと理解しながら読むしかない

ということでした。

専門書が難しく感じるのはそこで使われている言葉の意味そのものが理解できていないこと原因の場合が多いです。たとえばひらがなが多い本というのはスラスラ読めますよね。さらに字が大きく1ページあたりの文字数が少なければ、パラパラめくるだけでも理解できます。逆に漢字や文字数が増えるほど頭に入りにくくなるものです。

繰り返し読む

本
photo by ThomasLife

そこへさらに自分が知らない、あるいはきちんと理解できていない言葉がたくさん出てきたら、脳に入ってくる情報にフィルターがかけられます。
逆に言えば、基礎知識があればあるほど、フィルターがかからなくなるので、それだけ速くたくさんの情報をインプットできるということになります。

そんなわけで読む本の内容についての基礎知識をもっていることがとても大切なことだとが納得できました。逆説的ですが、速読をするには基礎知識を得る本の読書量が圧倒的に足りなかったということです。

読むのは遅いですが、できるだけやさしく書かれた本をゆっくり読むように心がけているので、少しずつわかるようになってきました。おそらくもう一度同じ本を読むときは、もっと速く読めるようになっているはずです。

同じ本を何回も読んでいると、「同じような内容の本」も速く読めるようになりますよ。基礎知識が十分にインプットできていれば、専門的な言葉が出てきても理解が早くなります。そしていつのまにか、はじめに読んでいた本がものすごく簡単に感じてくる。「スラスラ読める」状態です。
ここまでくると、「同じような本」であればかなりのスピードで読めるようになってます。

繰り返し読むことで記憶は定着する

専門書を読む

そうしてコツコツ読書を続けていると、自分が関心があるジャンルごとに「もっと深く知りたい」という欲求が生まれてきます。そこまできたら「専門書」に挑戦することをおすすめします。

僕も若いころから心理学の本はたくさん読んでいました。はじめは「これを読めば心理学がわかる」みたいな本ばかりでしたが、しだいにそこで紹介されている理論とかそれを説いた著者の方が気になってくるわけです。それでマズローとかユングとかアドラーみたいな有名どころから、読むようになりました。

一昔前であれば専門書は高価なものでしたが、幸い今はネット通販で簡単に手に入るようになりましたし、電子書籍という便利なツールでどこでも買ってすぐに読めるのでとても助かっています。

本
photo by cuellar

著者になりきる

普通に読んでいると、自分が理解があいまいな部分も気が付かないうちにさらっと読んでしまっていることがあります。
でも「自分がこの本を書いたんだ」というつもりで読んでみると、より深く読むことができるようになりますよ。

行動に結びつける

「知識としては知ってるけど、実践はできてない」ということ結構ありますよね。これを食べると身体に良いとか悪いとか。こうすれば成功する、人間関係がうまくいく、とか。でもなかなか実践できないものです。

やはりうまくいっている人に学び(あるいはマネをして)、実践してみることは王道であり近道なので、インプットしたことで「今できそうなこと」があれば、行動に移すことは大きな自信にもつながります。

ベストセラーの本を読んでみる

ジャンルを問わず、今のトレンドがとてもよく反映されています。僕も今はまだそれほど本にお金もかけられないので、タイムラグはありますが中古で出回ってから買うようにしています。

ベストセラーになる本と言うものはジャンルを問わず、その時代に必要とされる内容だったり、斬新な発想が含まれていることが多いので、読んでみる価値は十分あると思っています。段は絶対読まなさそうな本

【最重要】アウトプット前提

普段からアウトプットを意識していると、インプットも正確さを求めるようになります。
これはブログを始めてから特に意識するようになったことです。

せっかくブログを書いているのだから、普段自分がしていておすすめだと思うことはぜひシェアしたいものです。
そして読んでいただくからには少しでも正確な情報を提供したいという思いもあり、同じ本を何度も読むことが増えてきました。

誰かの役に立ちたい、伝えたいというアウトプット前提があると、確実にインプットの質は上がっていくと思います。

まとめ

パッと開けてパッとしまえる。
でかけるときに無造作にかばんに突っ込んでも平気。読んでいるときに落っことしたり、何かの拍子にふんづけてしまってもまぁ大丈夫です。
自由に線を引いたり書き込んだり、折り目をつけたり。本というモノはそうやって見た目にも「自分仕様」になっていくところがいいですね。

本
photo by CaptPiper

目標を達成するコツ

2023/2/15

昨日とちょっと違う自分になるための目標設定のコツ

達成感が自信を生む 成長に変化は欠かせない 人は毎日同じような生活を続けていくと頭が固くなっていきます。新しいことや難しいと思うようなことはストレスをともないますから、できるだけラクな選択をしようとする。その結果、自分の考え方や価値観が正しいと思ってしまうのかもしれません。 このように、「今のままでいい」と思い始めると、学ぶ機会も減りますから成長も止まってしまうわけです。言い換えれば、成長したければ変化を求めなければいけないということでしょう。昨日の自分と今日の自分はちょっと違う、そんな毎日にできないもの ...

ReadMore

ゲーム

2023/1/27

PlayStationPlus「エクストラプラン」にアップグレードした理由

ゲームの時間が待ち遠しい 「Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)」が始まりだった 昨年PS5を購入してからというもの、2022年の6月からスタートしたPlayStation Plusの新プラン「エクストラ」にも入り、すっかりゲームをする時間も長くなりました。 スポンサーリンク 「ゴースト・オブ・ツシマ」というソフトがありまして、発売初日に購入してあまりの面白さに一気にクリアしてしまい、有料のDLCもやりたいなと思っていました。しばらくして違うゲームにハマっていたんですが、そのDLC ...

ReadMore

上手に話すコツ

2023/1/30

相手の心を開く話し方・聞き方!!プロの極意とは

伝わらなければ意味がない 話す、聞くということはあまりにも日常的なことだけに、意外と深く考える機会は少ないものです。伝えたつもりのことが相手に伝わっていなかったり、こちらの認識とズレがあったりして、なんとなくモヤモヤした気持ちが残ってしまうことはありませんか?上手に人とコミュニケーションをとるにはいくつかのポイントがありそうです。 スポンサーリンク 聞き下手な人の特徴 話をまとめたがる 『プロカウンセラーの聞く技術・話す技術』によると、相手の話を聞くのが下手な人は相手の話をすぐにまとめたがる傾向があるよう ...

ReadMore

僕が買ったおすすめのモノ

2023/1/31

【レビュー】圧倒的な没入感!AirPods Proでライフスタイルが変わりました

自分の世界に浸れる逸品 待ってて良かった新型AirPods 昨年の12月にAirPods Pro(インイヤーヘッドフォン)予約購入しました。Appleストアで購入すると刻印もできるみたいですが、そうすると到着が遅れるとのことだったので今回は刻印無しです。 3000円〜5000円くらいのbluetoothヘッドフォンはいくつか試してみたことがありますが、最終的にはやはり音質が物足りなくて「AirPodsほしいなぁ」と思っていたんです。 スポンサーリンク 毎度ながら中身はいたってシンプル。本体の底にライトニン ...

ReadMore

仕事を楽しむコツ

2023/1/27

仕事でミスをした時のメンタル対処法

プライドが邪魔をする プライドが高くなってしまうと自分の意見が絶対に正しいと思うようになります。後でそれが間違っているとわかっても、ミスを認めたくないという思いが強くなるものです。これは「自分は間違ったことを言うような人間ではない」という過信や「失敗したら自分の評価が落ちるんじゃないか」という不安があるからです。 こうなると相手の話に耳を貸すゆとりがありませんから、そのうち誰も意見を言ってくれなくなってしまいます。 スポンサーリンク 失敗は次につなげる なので、「しまった」と思ったその時に、ミスを認めて速 ...

ReadMore

-ライフスタイル
-,