それ優先順位が違うでしょ。仕事のストレスを激減させるタスク管理術

仕事のムダを削ぎ落とそう 仕事は優先順位が命です。 限られた時間になにをどれだけやるのか。 時短できない人は優先順位が間違っているということなんです。 そしてなぜ優先順位を間違うのかといえば、仕事を組み立てていないからです。 組み立てていなければ本当は1時間で終わるかもしれない仕事に2時間、3時間もかかってしまう。 仕事は「組み立てよう」と思わない限り”間延び"するものです。 スポンサーリンク ToDoリストは手書きで十分 では仕事の優先順位はどのように決めればいいのでしょうか? まずはToDoリストを作 ...

ReadMore

幸福感だけじゃダメ。アドラー心理学に学ぶ今日から幸せになる方法

あなたはすでに幸せだ 「幸福感」は消えてしまう 仕事で成功すれば収入が増えます。 たくさんお金があれば好きな物が買えるし、心配せずに美味しいものをたくさん食べることもできます。 気軽に旅行だって行けますよね。 でもそれはあくまでも一時的なものです。 時間が経てば次第に薄れていくものであり、幸福そのものというよりは「幸福感」です。 これに対して「幸福である」ということは、何か特別な努力をして手に入れるものではありません。 今この瞬間が幸せだと感じられることです。 では今幸福であると感じるためにはどうすればい ...

ReadMore

清潔感、スマート。仕事ができる人はなぜ見た目にこだわるのか?

あなたは見られている む、こいつはデキる、と思う営業担当者は決まって身なりがきちんとしています。 パリッとした服装に、きれいに整えられた髪型、靴はピカピカに磨かれ、落ち着いた物腰。 スーツが似合うようにボディスタイルもキープしています。 見た目ですべてが決まるわけではありませんが、だらしない格好をしている相手よりも、身なりがきちんとした相手のほうが「この人は信頼できるな」と思うものです。 スポンサーリンク 自分ごとで考える「対応力」 それほど頻繁に来るわけではないのですが、僕が務める会社の取引先にとても頼 ...

ReadMore

自己管理を徹底した人しか残業ゼロにできない。おすすめ時短メソッドとは?

どちらを選ぶか? 仕事を楽しむコツは仕事を楽しめる環境を作ることです。 仕事が楽しめる環境とは 仕事そのものがストレスになっていない 自分の成長を感じられる(スキルアップできる) 残業ゼロ の状態です。 まずは「楽しく仕事ができた上にお給料までもらっていいの?」と思えるような状態になることを最優先にすべきです。 そのために必要不可欠なのが仕事をショートカットするスキルです。 スポンサーリンク 自分のやり方を変える 同じやり方からは同じ結果しか生まれません。 結果を変えるには今の自分のやり方を変えなければい ...

ReadMore

社会人デビュー前に知っておきたい仕事を楽しむための超キホン

働き方は自分で決める ふつうに社員として働いている方は、通勤や休憩時間を含めると10時間前後は仕事で拘束されていることになります。 家族といるよりずっと長い時間仕事に関わっているわけですから、その仕事自体が楽しくなければ毎日がツライですよね。 僕は社会人になって15年近くになりますが、つくづく思うことがあります。 それは、仕事をする上で何より大切なことは仕事を楽しむことだ、ということです。 同じ働くでも、仕事を楽しめるかどうかで身につくスキルや知識もまるで違ってしまいますし、時間の使い方も大きく変わります ...

ReadMore

仕事に負荷をかけて着実にお金を稼ぐための自分アップデート術

同じことをやっていてもお金は稼げない 仕事ができる人の特徴の1つに、仕事のスピードが速い、ということが挙げられます。 たとえば同じ1時間でも、 1時間でできる仕事量を増やすにはどうすればいいか? 同じ仕事量を半分の30分で終わらせるには? ということを日々意識して仕事をしています。 このようにして仕事ができるひとは、当たり前のように自分の仕事に負荷をかけているわけです。 その結果、タスク管理や時間管理能力がどんどんアップしていくので、ますます仕事のスピードがアップしていきます。 スポンサーリンク 自分にし ...

ReadMore

仕事の効率アップ!!人にお願いするスキルを磨くためのポイント3つ

お願いするほど成長できる いつもやることがあり過ぎて、目の前の仕事をこなすだけで精一杯。 それでは新しいことにチャレンジしようとか、効率をアップして時短しようなんて、とても考えられません。 仕事ができるひとは、人にものを頼むのがとても上手です。 自分ではなくてもできる仕事はどんどん人にお願いする。 身軽だからフットワークも良くなる。 だから新しい仕事にチャレンジできるし、ゆとりがあるからチャンスも見逃すことがありません。 「忙しい」が口癖になっている 成長が止まっている気がする なかなか部下が育たない そ ...

ReadMore

「褒め日記」をつけて自己評価を上げると仕事力もアップする

「褒め日記」で一日が変わる あなたの周りには人の陰口・悪口が好きな人はいますか? 僕は目の前で誰かの陰口・悪口が始まったら、その場からそっと逃げることにしています。 どうしても逃げられない場合は、話は聞いても絶対に肯定しません。人の陰口・悪口を受け入れてしまうと、自分自身の自己評価が下がるからです。 必ずしも自分が口にしなくても、話を聞いてしまっただけで自分が思っている以上にネガティブな影響を受けています。 だからこそ陰口・悪口からは確実に身を守らなければいけません。 人を褒める人、けなす人 人を褒めるこ ...

ReadMore

「偶然の幸運」に出会うためのたったひとつの条件

運は自分でつかむもの 幸運というのは待っていてやってくるものではありません。 目標に向かって行動しているうちに、ある日突然目の前に現れる、そしてそれをパッと手でつかめるかどうかにかかっています。 運というのは自分のアクションしだいで引き寄せることができます。 仕事は慣れてきたら要注意 仕事はひとつのことだけやっていると、少しずつ視野が狭くなってきます。 そしてこれは自分ではなかなか気が付くことができません。 僕はもともとスーパーマーケットの現場作業員として働いていました。 未経験で入ったものの、人間毎日同 ...

ReadMore

「働き方改革」以前!!自分の価値を高める方法

自分を磨けば仕事は変わる 好きなことを仕事にできることが一番ですが、現実としてはなかなかそううまくいきません。 ただ、「それでは、あなたは本当は何をやりたいんですか?」と聞かれるとそれはそれで明確な答えを持っていなかったりする。 そんなモヤモヤした状態で働くことは、それ自体がストレスになります。 仕事の疲れ+辞めたい気持ち でますます仕事がストレスになってしまうわけです。 そこで僕がおすすめしたいのが、「自分を磨く」という選択です。会社にぶらさがることなく、転職をせずに自分の価値を高めることです。 自分を ...

ReadMore

ライフスタイルを変えるコツ 趣味を楽しむコツ

アウトプット前提だから記憶に残る。僕の読書法と本との向き合い方など

更新日:

本棚は自分の鏡。偏った本ばかり並んでない?

今日は僕の本との向き合い方をご紹介。
本を読む喜びを知っていただけたら幸いです。

本選びは「おもしろい!」を基準に

本棚

本を選ぶ時の判断基準は自分が好きな本、興味があるジャンル、とにかく本屋さんやネット通販で目にとまった本です。
特にビジネス書、自己啓発書とか、ダイエット本なんかはつい買ってしまいますね。
「変わりたい!」
と思うからなんですが、これがなかなか結果につながらない。
読んでいるうちは読みながらいろいろ実践するのですが、読み終えるとそれもやらなくなってしまう^^;。
photo by demandaj

スポンサーリンク

本棚を眺める

自分の本棚ってよくよく眺めると面白いですね。
今の自分の心理状態が見事に表れてます。

僕は20歳くらいの頃ものすごく自分に自信がなくて不安な時期があって、本棚は見事に心理学とか哲学、自己啓発本で埋め尽くされていました^^;
ちょうど大学を中退したころだったのですが、ある時ふと本棚や積まれた本を眺めた時、自分でも「これは重症だな」と思ったものです。

速読は必要か?

本
photo by Patrick Gage
速読はできた方が良いです。
短時間でたくさんの本を読めるので、インプットの量も質も大きな違いが生まれます。

ページを写真のように画像として読み取る「フォトリーディング」というものもありますが、本の取捨選択をする時には使えると思います。
ただ、僕はどうも「読んだ」「納得した」という感覚が得られず、それだけではちょっと不安なんですね。
というより、もともと読もうとしている本の内容についての基礎知識がないと効果が薄いような気がしました。

僕もいろいろ試しましたが、結論としては

きちんと理解しながら読むしかない

ということでした。

専門書が難しく感じるのはそこで使われている言葉の意味そのものが理解できていないこと原因の場合が多いです。
たとえばひらがなが多い本というのはスラスラ読めますよね。

さらに字が大きく1ページあたりの文字数が少なければ、パラパラめくるだけでも理解できます。
逆に漢字や文字数が増えるほど頭に入りにくくなる。

繰り返し読む

本
photo by ThomasLife

そこへさらに自分が知らない、あるいはきちんと理解できていない言葉がたくさん出てきたら、脳に入ってくる情報にフィルターがかけられます。
逆に言えば、基礎知識があればあるほど、フィルターがかからなくなるので、それだけ速くたくさんの情報をインプットできるということになります。

知らないことやわからないことは脳が情報をスルーするらしいです。

そんなわけで読む本の内容についての基礎知識をもっていることがとても大切なことだとが納得できました。逆説的ですが、速読をするには基礎知識を得る本の読書量が圧倒的に足りなかったということです。

Webの勉強をするためにHTMLとかCSSの本を読み始めたころは
「?」
でしたが、今はPHPについての本を読んで
「???」
になってます^^;。

読むのは遅いですが、できるだけやさしく書かれた本をゆっくり読むように心がけているので、少しずつわかるようになってきました。おそらくもう一度同じ本を読むときは、もっと速く読めるようになっているはずです。

「そんなの当たり前」って言われそうですが、問題は「同じ本」を何回読むかということです。

記憶は繰り返しによって定着しやすくなります。

同じ本を何回も読んでいると、「同じような本」も速く読めるようになります。自分の中に繰り返し繰り返しインプットしてきた知識をベースに、今度は「さらに詳しい本」へと進んでいきます。

基礎知識が十分にインプットできていれば、専門的な言葉が出てきてもまったく基礎知識がない時よりずっと理解が早くなります。そしていつのまにか、はじめに読んでいた本がものすごく簡単に感じてくる。「スラスラ読める」状態です。
ここまでくると、「同じような本」であればかなりのスピードで読めるようになってます。

これが「わかったつもり」で読んでいたら、何冊読んでも理解することはできません。

脳はものすごくエネルギーを使う場所なので、身体の負担にならないように普段は能力をセーブしているそうです。

なるべくラクをしようとするわけですね。だから意識していないと「わかったつもり」でも平気になってしまう。
「いやいや、そんなことしなくてもなんでもパッと頭にはいっちゃうよ」
という方は別ですが、僕にはそういう能力はないので、そのような地道な方法で速読につなげています。

専門書を読む

そうしてコツコツ読書を続けていると、自分が関心があるジャンルごとに「もっと深く知りたい」という欲求が生まれてきます。
そこまできたら「専門書」に挑戦することをおすすめします。

僕も若いころから心理学の本はたくさん読んでいました。
はじめは「これを読めば心理学がわかる」みたいな本ばかりでしたが、しだいにそこで紹介されている理論とかそれを説いた著者の方が気になってくるわけです。

それでマズローとかユングとかアドラーみたいな有名どころから、読むようになりました。ただ、専門書は高価ですね^^。
1冊3000円~5000円というのはざらなので、とても頻繁に買えるものではありませんでした。
でもそれだけの価値があるのも確かです。

幸い今はネット通販で中古本や原書も簡単に手に入るようになったので、わりと敷居は低くなったのではないでしょうか。
深く理解できるようになる喜びといったら、言ってしまえば「自己満足」かもしれませんが、その満足感がまた新たな好奇心を生んでくれます。

本
photo by cuellar

最近の僕としてはブログを始めたので関連書籍、趣味のピアノやカメラの本、あとはほとんど経営に関するビジネス書です。
そうやって毎月わずかなお小遣いのほとんどが本代に消えていくのです。

著者になりきる

普通に読んでいると、自分が理解があいまいな部分も気が付かないうちにさらっと読んでしまっていることがあります。
でも「自分がこの本を書いたんだ」というつもりで読んでみると、そういう部分に気が付くんですね。

「あれ?この部分自分で理解できてるかな?」
「この本はどういう意図で書いたんだっけ?」

そんなことを自分が書いたつもりで想像してみるわけです。

すると全体像が見えるようになってきます。
本の構成とか言葉の使い方が気になってきます。

僕がブログを書くとき、そういう視点がものすごくプラスになっているような気がしています。
必ずしも起承転結にはなりませんが、読む人をひきつけ、飽きさせない本や記事というのはちゃんとストーリーがあり、気持ちよく最後まで読ませるような工夫がされています。

そういった組み立て方も意識して読むとまた違った学びがあります。

行動に結びつける

「知ってるけどやってない」ということ結構ありますよね。
これを食べると身体に良いとか悪いとか。こうすれば成功する、人間関係がうまくいく、とか。
でもなかなか実践できません。

僕はそれはそれでいいと思います。
まず「インプット」してあることが大事だからです。

知らなければ選択の余地もありませんから。
知っていれば何かの時の判断材料になります。だからすべてを実践できていなくても良いと思います。

ただ、インプットしたことは実際に行動に起こしてみた方が得られるものがたくさんあるのも事実です。
そこで「インプット」で満足していたものを

「インプット」+「行動」にし、さらに
「インプット」+「行動」+「アウトプット」

にすれば自分だけの体験を誰かに伝えたり記事に書いたりすることができます。

「正解」なんてありませんが、やはりうまくいっている人に学び(あるいはマネをして)、実践してみることは王道であり近道なので、インプットしたことで「今できそうなこと」があれば、行動に移すことは大きな自信にもつながります。

ベストセラーの本

ジャンルを問わず、今のトレンドがとてもよく反映されています。
僕も今はまだそれほど本にお金もかけられないので、タイムラグはありますがBOOKOFFで出回ってから買うようにしています。

ベストセラー本はなにしろ多く出回るので需要と供給の関係から、古本屋ではたいてい格安で買うことができますね。

普段は絶対読まなさそうな本

たとえば本屋さんに行ったとき、まず立ち寄らないコーナーがあります。
そこは自分が知らなかっただけで自分にも魅力的な世界が広がっているはずです。

「○○教室」に通うとか、誰かに教えてもらう、となるとちょっと抵抗がありますが、本屋さんならちょっと覗いても誰にも怒られません。

実際は新刊では金銭的なリスクが大きいので、普通の本屋さんで「こういうジャンルも面白そうだな」と目星をつけておいて、こちらもBOOKOFFの「108円コーナー」で手当たり次第にまとめ買い、ということが多いです。

【最重要】アウトプット前提

普段からアウトプットを意識していると、インプットも正確さを求めるようになります。
これはブログを始めてから特に意識するようになったことです。

せっかくブログを書いているのだから、普段自分がしていておすすめだと思うことはぜひシェアしたいものです。
その一環として「読書メモ」という形で記事も書いています。

僕は本を読むと大事だと思う所は折り目をつけたり赤線を引きまくったり、書き込みまでするので人に貸すこともできないし、まして売り物にはません(笑)。そもそも本は売る前提では買ってませんが。

「読書メモ」はそうやって印をつけた部分をただただ書き出してあるだけの記事ですが、もともとは僕自身が復習も兼ねて作ったものです。なにかのお役に立てると幸いです。

チェック

学んだことを誰かに話してみる、書き出してみるというアウトプットをセットにすることで記憶に残りやすくなる

まとめ

パッと開けてパッとしまえる。
でかけるときに無造作にかばんに突っ込んでも平気。読んでいるときに落っことしたり、何かの拍子にふんづけてしまってもまぁ大丈夫です。
自由に線を引いたり書き込んだり、折り目をつけたり。
本というモノはそうやって見た目にも「自分仕様」になっていくところがいいですね。

本
photo by CaptPiper

ちなみに最近はこんな本読みました

実はブログを書くヒントも得られます

最近ちょっとお腹が気になる方に(僕もです)

僕にはしっくりきました

人間関係で悩まないコツ 部下を育てるコツ

2019/3/1

40歳からのマネジメント!部下を動かす「聞く」技術

部下は話を聞いてもらいたい 40代になると人に使われるより、人を使う側になる方も多いのではないでしょうか。 同時に思うように部下が動いてくれない、成長しない、という悩みも出てきます。 僕も上司としてうまくいかなかったり、これは失敗したなと思ったことはたくさんあるのですが、その中で特に良い結果を生んだのはシンプルに「聞く」ということです。 目次部下は話を聞いてもらいたいマネジメントの目的部下はホンネを言わない聞く力を鍛える否定しない反論・逆ギレ聞いてもらえると部下は変わるお説教は必要か?仕組み化するまとめ ...

ReadMore

僕が買ったおすすめのモノ

2018/11/25

スマホWi-Fi制御!!スマートLED電球でお部屋のカラーが変わる

雰囲気作りに超便利 Amazon Echoでスマート家電環境はできていたので、もう少しデバイスを増やしたいと思っていました。 Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!! そこで見つけたのがこの商品。 この電球、不安になるくらい軽いです。 これって普通のLED電球なんじゃないかって。 今回僕が取り付けたのは以前にAmazonで買ったIKEAのフロアランプです。 これはちょうど2年くらい使っているのですが、和紙のカバーがほどよくやわらかい光にしてくれてるので、とても気に ...

ReadMore

仕事を楽しむコツ

2019/3/1

それ優先順位が違うでしょ。仕事のストレスを激減させるタスク管理術

仕事のムダを削ぎ落とそう 仕事は優先順位が命です。 限られた時間になにをどれだけやるのか。 時短できない人は優先順位が間違っているということなんです。 そしてなぜ優先順位を間違うのかといえば、仕事を組み立てていないからです。 組み立てていなければ本当は1時間で終わるかもしれない仕事に2時間、3時間もかかってしまう。 仕事は「組み立てよう」と思わない限り”間延び"するものです。 スポンサーリンク ToDoリストは手書きで十分 では仕事の優先順位はどのように決めればいいのでしょうか? まずはToDoリストを作 ...

ReadMore

ライフスタイルを変えるコツ

2019/3/22

一瞬で頭を切り替えるおすすめの自己管理術4つ

自分だけの切り替えスイッチを作ろう 疲れた時、行き詰まりを感じた時、ちょっと頭を切り替えるだけでリフレッシュできるものです。自分にとって常にベストなコンディションを保つ。 これは自分の力を発揮するために絶対に必要な条件です。 そこで、頭を切り替える自分だけの「起動スイッチ」を持っていると安心できます。悩んでいる時間が少なくなればその分時間を有効に使うこともできます。 スポンサーリンク 僕の起動スイッチ ①コーヒー 僕が気分転換をしたいなと思う時に最もお世話になっているのがコーヒーです。 特別詳しいわけでは ...

ReadMore

ライフスタイルを変えるコツ 人間関係で悩まないコツ

2019/3/7

スマートに仕事のストレスを解消する「平常心」を養う方法

今この瞬間を味わおう 「仕事で強いストレス感じる労働者割合がさらに増え59.5%」。 これは厚労省が平成28年に行った「労働安全衛生調査」の結果です。 参考厚労省・28年労働安全衛生調査結果 およそ6割の人が仕事で「強いストレス」を感じているそうです。 もっとも、考え方も性格もまったく違う人間が集まって仕事をしているわけです。 ストレスがあって当たり前なのかもしれません。 ただ、仕事のストレスは人によって感じ方は違います。 人間関係にしろ仕事のノルマにせよ、受け取り方ひとつでストレスを強く感じる人もいれば ...

ReadMore

-ライフスタイルを変えるコツ, 趣味を楽しむコツ
-,

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.