1日10分!!感情を紙に書き出すだけでメンタルバランスは安定する

書き出せば自分が見える

writing.pen
自分を客観的に見るというのは思っているほどやさしいことではありません。

普段は冷静沈着でも、なにかの拍子に感情の抑えがきかなくなる、ということもあります。人間ですから感情があるのが当たり前。大事なことは自分の感情とどのように向き合うか、ということです。
[adsense]

紙に書き出すメリット

感情は紙に書き出すと自分を冷静に分析できます。紙に書き出すメリットとしては、

落ち着く
スッキリする
記録できる

といったものがあります。

特にネガティブな感情というのは自分のなかにとどめておくとどんどん増えて慢性的なストレスに。メンタルの疲れは睡眠だけで解消できるものではありません。

参考休みの日でも睡眠のサイクルを崩さない方が時間を有効に使える

誰かに話を聞いてもらうのもひとつの手なのですが、いつでもどこでも、というわけにはいきません。また、人には相談しにくいこともあるでしょう。でも紙に書く、あるいはパソコンやスマートフォンに書き出すのはいつでも気軽にできます。

自分を受け入れる

悩み事にはまっすぐ向き合うのが解決の近道です。悩んでいることも紙に書き出してしまいましょう。別に誰かに見せるわけではないので、ある意味どのような表現を使ってもOKです。

こうして書き出した文章を少し時間を置いてから読むと、冷静に自分を見つめることができます。「あ、自分は今こういう状態なんだな」という感じです。

分析する

自分に質問する

自分が悩んだり腹を立てていることがあるとしたら、それをさらに具体的にしてみましょう。

どんなことに悩んでいるのか?
誰に腹を立てているのか?
どういう時に落ち込んでしまうのか?

といった質問を自分自身にするわけです。脳は「なぜ?」という問いに対しては論理的に答えようとします。特に、カッとなりやすい方は「今自分は何に対して腹を立てているのか?」と問いかける習慣を身に付けるとクールダウンが早くなります。

さらに具体的に書く

たとえば職場でどうしても気に食わない上司がいて、毎日イライラしていたとします。「気に食わない」と思っているだけでは何も変わりませんよね。

まずは何が気に食わないのかを具体的に考えてみましょう。あなたは上司が自分にだけ厳しいと感じている。同僚より仕事を多く頼まれるし、仕事でミスをすると徹底的に叱られる。そういうことをできるだけ具体的に書き出します。

書き出しているうちに気持ちもスッキリして冷静になってきます。冷静になれれば、「もしかしたら自分を育てようとしてくれているのかもしれない」と別の角度から考えられるようになります。

感情とか悩み事というのはぼんやりした状態にしておくから振り回されてしまうんです。

ポイント具体的に書き出すほど、自分の思い込みや誤解に気がつきやすくなります

まとめ

感情は書き出すことで冷静に自分を分析することができます。感情や悩み事は具体的に書き出すほどコントロールしやすくなるので、まずは1日10分アウトプットしましょう。


photopen and paper by LucasTheExperience

スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする