ライフスタイル

「気になっている事」に手を付けるとモチベーションはアップする

始めるのに遅過ぎるということはない

モチベーションを上げる方法はたくさんありますが、そのひとつに「気になることをやってみる」というものがあります。

僕は定期的に自宅にある本棚の整理をするのですが、一度本棚の整理をはじめると「この本はどんな内容だっけ?」とパラパラとページをめくりたくなります。そしてめくっているうちにアイデアが浮かんだり、深く調べたいことが見つかったりするものです。

このように、普段気になっていることに手をつけるだけで行動に弾みがつくことが多いです。

スポンサーリンク


行動するのに必要なこと

この一歩が踏み出せないばかりに、何日も、何ヶ月も、場合によっては何年も同じことで悩み続ける、なんてことはよくあることです。

苦手だと思っていた人に話しかけてみたら共通の趣味があった、とか、難しいと思っていた仕事を引き受けてみたら意外とうまくできた、とか。やってみなければわからないことなんて世の中にたくさんあるわけです。

特に何か新しいことを始めるときは、うまくいく前提で行動すると初めの一歩を踏み出しやすいです。

ネガティブなことはとりあえず横に置いておく。
例えば毎日歯を磨いたりお風呂に入ったりするように、当たり前のこととして軽い気持ちでやってみる。先ほどの例でいえば、本棚を眺めるだけでもいいんです。

この一歩が次につながる大きな原動力になります。

失敗したらどうするか?

もちろん行動するとうまくいかないことも出てきます。
特に、過去に誰もやったことがないようなことにチャレンジする時は、どんなに下準備をしていたとしても失敗はつきものです。

ですが失敗には必ず学びがあります。
うまくいかなかったら「なぜうまくいかなかったのか」を考えて、またやり直す。この繰り返しで少しずつうまくいく確率が上がっていきます。

失敗しないように必要以上に長い時間準備を重ねるよりも、まず一歩踏み出してしまった方が効率が良かったりします。なぜかというと、行動しいてからの方が圧倒的に「具体的な情報」を得ることができるからです。

僕がやってみたこと

僕がパソコンにはじめて触れたのはちょうど二十歳の頃です。
誰に教わったということでもないのですが、好きで触っているうちにブログを立ち上げ、記事を書けるまでになりました。

ただただ、「作ってみたい」「やってみたい」という強い気持ちだけが原動力だったような気がします。

「ブログで記事を書く」ということ自体初めてだった僕にとっては記事を書くことはもちろん、サイトをカスタマイズするということも大きな壁でした。でも行動しなければ「自分には何ができないのか?」ということすらわかりません。

ブログの画面が真っ白になってしまって僕自身もフリーズしてしまった経験が何度もありますが、そういう経験があって今があるんだなと思います。

うまくいかなくて悩んだり考えたりしてまたやり直す。
遠回りのようですが、「地道な改善」こそが本当に使える知識と経験を与えてくれます。

PDCAで自己分析してますか?成長し続ける人と成長が止まる人の決定的な違い

やる気スイッチは突然に どちらを選びますか? 入社当時は頼りなさそうで虚ろな目をしていた人が、メキメキと成長しはじめる、ということは実際にあります。 そのスイッチってたぶんあるんですよ。 部下ができた ...

思い立った時に始める

趣味でも仕事でも、新しいことにチャレンジするというのは不安がともないます。

「もうこんな歳だし」
「才能ないかもしれないし」

でも自分がどこまでできるかなんて誰にもわからないことです。
自分で自分を制限しなければ、今からでもできることは山ほどあります。

そもそも人と比較すること自体意味がないんです。人生観も価値観もまるで違うし、生きてきたバックグラウンドは全く別物です。
なので、大事なことは今の自分がなにをやりたくて、どうしたいか、ということだけです。

チェック

新しいことを始めるなら「思い立った時」がベスト

好きなことならモチベーションは勝手に上がる

というわけで、モチベーションというのは努力して時間をかけて上げていくものではありません。
やりたいことをやったり、大好きなことを続けていれば自然とモチベーションは上がっていくんです。

仕事でも趣味でも、自分が得意だったり好きなことだと時間を忘れてしまいますよね。
モチベーションが上がらないと悩んでいる方は、きっと長い間行動に移せないでいることがあるのではないでしょうか?

子供の頃好きだったこととか、こういうことは得意なんだよなということをコツコツやってみるだけで、毎日が楽しくなりますよ。

ちなみに僕は40代半ばになってゲームにはまっています。
ファミコン世代ですからテレビゲームは大好きだったのですが、仕事と子育てに追われてなかなかできずにいました。
子供達も全員ゲーム好きなので、共通の話題が増えたりして、そういうのも行動を起こすメリットなんだなと思います。

「ライフワーク」で豊かに生きる (サンマーク文庫)
本田 健
サンマーク出版
売り上げランキング: 74,153

まとめ

行動することでモチベーションは自然と上がっていきます。うまくいく前提ではじめの一歩を踏み出す。仮にうまくいかなくても失敗から多くのことを学ぶことができる。その学びが原動力となって行動する習慣が身につく。
本気で変わりたい人の行動イノベーション
大平 信孝
秀和システム
売り上げランキング: 6,940

上手に話すコツ

2021/9/24

相手の心を開く話し方・聞き方!!プロの極意とは

伝わらなければ意味がない 話す、聞くということはあまりにも日常的なことだけに、意外と深く考える機会は少ないものです。伝えたつもりのことが相手に伝わっていなかったり、こちらの認識とズレがあったりして、なんとなくモヤモヤした気持ちが残ってしまうことはありませんか?上手に人とコミュニケーションをとるにはいくつかのポイントがありそうです。 スポンサーリンク 目次伝わらなければ意味がない聞き下手な人の特徴話をまとめたがるアドバイスしたがる自分を良く見せようとする話す時のポイント1対1編1対多編話す内容を整理してから ...

ReadMore

僕が買ったおすすめのモノ

2021/9/24

【レビュー】AirPods Proの没入感でライフスタイルが変わります

自分の世界に浸れる逸品 待ってて良かった新型AirPods 昨年の12月にAirPods Pro(インイヤーヘッドフォン)予約購入しました。 Appleストアで購入すると刻印もできるみたいですが、そうすると到着が遅れるとのことだったので今回は刻印無しです。 3000円〜5000円くらいのbluetoothヘッドフォンはいくつか試してみたことがありますが、最終的にはやはり音質が物足りなくて「AirPodsほしいなぁ」と思っていたんです。 スポンサーリンク 毎度ながら中身はいたってシンプル。 本体の底にライト ...

ReadMore

仕事を楽しむコツ

2019/11/8

仕事のミスに気付いた時は素直に認めた方が絶対にトク

プライドが邪魔をする 思い込みや決めつけが強くなると、自分の意見が絶対に正しいと思うようになります。後でそれが間違っているとわかっても、ミスを認めたくないという思いが強くなるものです。 これは「自分は間違ったことを言うような人間ではない」という過信や「失敗したら自分の評価がガクンと落ちるんじゃないか」という不安があるからです。その結果、プライドばかりが大きくなって他人の意見、特に反対意見に耳を傾けることができなくなるわけです。 これでは自分自身の視野も狭くなってしまいますし、誰も意見を言ってくれなくなりま ...

ReadMore

ファミリーおすすめスポット 真夏におすすめ水遊びスポット

2019/8/16

無料プールとビュッフェが超おすすめ!!絶対また行く南国ホテル

ファミリーなら絶対おすすめ南国ホテル プール付きで食事はビュッフェスタイルの宿を探していました。 じゃらんで調べると、「南国ホテル」という伊東園ホテルグループの宿がヒット。 参考南国ホテル公式HP 千葉県の白浜、南房総の最南端にあります。 伊東園グループのホテルは格安ですね この南国ホテルもそのひとつ。 正直、外観や内装など経年劣化はやむを得ない部分もありますが、メンテナンスはしっかりしてあります。 スポンサーリンク 想像以上の快適空間 Free Wi-Fi完備。ロビーはもちろん、部屋でも使えてとっても便 ...

ReadMore

問題を解決するコツ

2019/7/31

30~40代でリーダーになるための最低条件とは?

人はトラブルで成長する ビジネスは問題解決の連続です。 トラブルが発生した時にその人の能力がわかるし、その対応の仕方によって成長の度合いも大きく違ってきます。 そういう意味では矢面に立って問題解決している人ほどスキルアップが早いということになります。 スポンサーリンク 目次人はトラブルで成長する実務で学ぶということパソコントラブル人間関係のトラブルプライドを捨てて、もがく問題を解決できない人たち新しいものを取り入れるスマホ決済教養を身につけるまとめ 実務で学ぶということ 売上が落ちている、パソコンが壊れた ...

ReadMore

-ライフスタイル
-

© 2021 Anotherday