脳科学が証明!!子育てにも生かせる記憶術

思い出すほど記憶は定着する

child-study
人にものを教えるというのは難しいです。

ただ聞かれたことに答えてあげればいいのか?
わからないからといって、いつもすべて教えてあげることが必ずしも正しいわけではありません。

子育てでそういうことで悩むことはよくあります。
子供は本当にわからなくて質問してくることもあるのですが、調べたり思い出すのがめんどくさいから聞いてくることもあるんです。そこを見極めないと、「わからなければ聞けばいいや」と自分で考えなくなってしまいます。

これは職場で部下に仕事を教える時も同じですね。

思い出させる

娘がピアノを習っているのですが、普段はあまり練習をしません。
初めの頃はやさしい曲ばかりなので、ちょっと練習していればクリアできたんですね。

でも発表会の曲などになるとそう簡単にはいかない。
難しい部分を集中的に練習したり、はじめから何度もおさらいしたりしなければいけません。

子供にはたくさんの誘惑があります。
ゲームやテレビ、漫画の本などです。

娘はピアノを弾くこと自体は好きなんですが、それ以上にゲームとか漫画の本を読むことも好きなんですね。だからどうしてもそちらを優先してしまう。
気持ちはわかりますけどね^^

「パパ、いまから練習するからわからないところ教えて」
「・・・ってそれはいいけど、もう寝る時間だよ」

ということも少なくないです。

人間は復習をしないと忘れてしまいます。

ピアノ教室で習ったことを毎日少しずつでも復習していればまったくわからない、ということにはなりません。ちょっと思い出せば出てくるんです。

でも3日、4日と間を空けるほど記憶はどんどん薄れていきます。そんなときは僕はどうするか?簡単には教えません。意地悪しているわけじゃないですよ。
まず子供にできる限り思い出させることで、自信をつけさせたいんです。

で、少しでも思い出すことができれば、細かいところを見てあげられます。でもまったく思い出せない時は教えません。思い出せない、というより思い出そうとしていないからです。

憶えた時までさかのぼってみる

そこで僕が教えたら子供からふたつの経験を奪ってしまうことになります。

思い出すこと
わからないと先生に伝えること

人間の脳は思い出すことで記憶を再構築します。

記憶のカタマリみたいなものが引き出しにポンと入っているわけじゃないんですね。
思い出す時に頭のなかでもう一度イメージを作り直すんです。

だからこそ、時間をおくとどんどん元の形が崩れてしまう。
でもたとえば一週間前にピアノ教室に行った時のことを思い出す。楽譜を見ながらそういえばここはこういう風に教わったな、というところまでイメージできてくると、崩れかけていたイメージが元に戻っていきます。

そして思い出すたびにそのイメージははっきりと記憶に残るようになります。記憶は思い出した量に比例して、イメージするための通り道であるパイプを太くするんです。
僕がすぐに教えてしまうと、それだけ子供の脳にラクをさせてしまうことになります。

実際の自分を受け入れさせる

もうひとつは先生に「わからない」「忘れてしまった」と言えること。

娘は先生に弱みを見せたくないらしいんです。あまり練習していないということを知られたくない。教わったことを覚えていないと思われたくない。だからつぎの練習の日が近づくとあわてて練習をはじめるのです。

娘もわかっているんですよ。練習していないから忘れてしまうってことは。
でも他の誘惑にも勝てない。そしてそういう自分を受け入れたくない。
まぁそういう年頃っていってしまえばそれまでなんですけどね^^;

でも自分で「あまり練習してなくて忘れちゃった」ということを先生に言えれば、そういう自分を受け入れざるを得ないわけです。

実際の自分を受け入れることで、自分に足りないこともはっきりします。何が足りないかわかれば、自分で行動するようになります。

まとめ

親はつい子供には大変なことはさせたくないと思いがちです。

でもそれは子供が成長するチャンスを奪ってしまうことも多いんです。
なので僕も我慢して「思い出してごらん。全然思い出せないんだったら教えられないよ」と突き放します。

子供もふてくされて「じゃあもういいよ!」って部屋に戻ってしまうこともありますが、こういう経験をさせるのも親の役目です。
親って大変ですね^^;

スポンサーリンク
脳科学が証明!!子育てにも生かせる記憶術
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする