Anotherday

仕事・読書・子育てなど役に立つ情報をお届けします

僕が買ったおすすめのモノ

スマート家電が超便利。Amazon EchoとLS Miniをつないで実現したこと

投稿日:

ちょっと便利なスマート家電生活

LS Mini
ついに届きましたLS mini。
手頃な値段と充実した機能ということで、発売前から予約していたんです。

AmazonのEcho DotについてもたまたまAmazonタイムセールでスマートプラグ「TP-Link」とセットでとってもお買得だったので購入。

僕がLS miniでなにがやりたかったのかというと、音声によるテレビやエアコンの操作です。
ライトのON OFFはスマートプラグがあればEcho Dotだけでもできますが、赤外線で家電を動かすにはLS Mini等のデバイスが別に必要です。

※Googlehomeも対応ですが、今回はEcho Dotをお持ちの前提で進めていきます

※画像はAmazonより

スポンサーリンク

さっそく開封~設置

中身はこんな感じ。
丁寧な日本語マニュアルもついています。
LS Mini_3
本体はとても軽く手のひらサイズ。
USBコードが長めなので、設置しやすいのはうれしいですね。

わが家の場合は2台のテレビと1台のエアコンがちょうど赤外線が届く場所があったので、そこに添付の両面テープで固定しました。
ちなみにこの両面テープ、結構強力なので、ザラザラした面でない限りはまずはがれることはないと思います。

専用アプリをダウンロード

マニュアルに沿って進めていくと、まずはLiveSmartという専用アプリをダウンロードすることになります。

LiveSmart(リブスマート) - livesmart home

ダウンロードして開くとすぐに登録画面に。
ここでメールアドレスを入力すると確認用のメールが届きます。
確認ボタンを押すと、次にアプリを開いた時に基本情報の入力画面が表示されるので入力していきます。

参考ここで設定したパスワードはあとでAmazon Echo用のAmazon Alexaアプリ内で「LiveSmartスキル」を有効化するときにも使うのでコピーしておくと便利です。

LS Mini自体の設定はとてもカンタンで、特に困ることはないと思います。

LS miniとEcho Dotをリンクさせる

続いて、LS MiniとEcho Dotをリンクさせます。
Echo DoのAmazon Alexa内で「LiveSmart」というスキル検索し、有効化します。
このとき、先程アプリで設定したメールアドレスとパスワードが必要になるので、入力すると有効化できます。

有効化することで、Echo DotでLS Miniを認識できるようになりました。

今度はデバイスの登録に入ります。
ここでいうデバイスとはLS Miniで赤外線で操作したいテレビやエアコンのことです。

今回はとりあえずリビングにあるテレビとエアコン1台ずつとダイニングテーブルにあるテレビ1台の合計3台のデバイスを登録してみました。

テレビを登録する

基本は選択するだけ

テレビの設定は基本的にはメーカー名を指定するだけです。
リビングにあるTOSHIBAのテレビはすぐに操作可能になりました。

が、テーブル側のSHARP AQUOSテレビがどうも反応しない。

確かに「SHARP AQUOS」を選択しているのですが...。

LS Miniの角度のせいかなとも思っていたのですが、テレビをつけた状態ではスマホでLS Miniを介してチャンネルやボリュームを変えることができることがわかりました。
つまり、電源ボタン以外は正常に動作しているということです。

でもそれではテレビが消えた状態からの「アレクサ、テレビつけて」ができない。
これでは納得できません。

それで改めてマニュアルをよく読んでみると、うまく動作しない場合はリモコンのボタンをペアリングする必要があることがわかりました。

LS Miniとリモコンをペアリングする

こちらの画面で「編集」ボタンを押すとペアリング設定できるようになります。

今回は電源ボタンをペアリングしたいので、赤いボタンを押します。
するとこのような画面になります。

ペアリングにはちょっとコツがあって、「ペアリングする」ボタンを押してからリモコンのこの部分をLS miniの赤いランプにくっつける感じで(マニュアルでは2cm程度まで近づける、とあります)登録したいボタンを押します。
リモコンの電源ボタンですね。

すると、点滅していた赤いランプが点灯になり、しばらくするとスマホ画面に「キー認証されました」と表示されました。
その状態であらためて「アレクサ、テレビつけて」と言うと...無事、成功です!!
ふう、これでスッキリしました。

これでEcho Doからもスマホからもテレビを操作できるようになりました。

参考LS Miniの設置場所は重要ですよ。赤外線ですから、途中に障害物があるとまったく機能しません。

エアコンを登録する

エアコンはメーカー名を選択したら一発でリンクできました。
こちらはスマホからリモコンと同様の操作ができるのはもちろん、LiveSmartアプリ側でAI設定をすれば温度設定などの微調整を自動でやってくれます。
つまり、エアコンがAI搭載エアコンになるわけです。

なによりいいのが、外出先からスマホを使ってエアコン操作ができることですね。

家中の窓が全部締められていることが前提ではありますが、夏の暑い日に家族で出かけて汗だくで帰ってきたら、家の中が涼しいとうれしいですよね。
真冬には帰ってみたら、部屋がポカポカ、なんていうこともできるわけです。
もちろん、消し忘れ防止にもなります。

最終的にはLiveSmart側ではこんな感じになりました。

※LS Miniの名前は「リビングmini」に変えてあります。

コスパは最高です

奥さんからは「そんなのリモコンでやればいいのに」ってなかなか冷ややかな反応しか得られてないのですが、新しい物好きの僕にとってはどうしても実現したい環境だったんですよ(自己満足)。

あまりに高額なものなら迷ったと思いますが、運良くEcho DoとLS Miniを合わせても1万円ちょっとで収まったので、それでスマート家電環境を体感できたことにとても満足しています。

まとめ

Echo Dot導入~LS Miniの設定までを考えると、正直、スマート家電環境を作るまではちょっと手間がかかるなと思いました。
ただ、一度作ってしまえばとっても便利なので、ぜひチャレンジしてみてください。



  • 記事を書いている人

SHINJI

普段は経理をしながら会社の広告を作ったりしています。 趣味はピアノを弾いたり本を読んだり。 最近は予約して買ったNintendo Switch「オクトパストラベラー」にハマっております。

-僕が買ったおすすめのモノ
-

Copyright© Anotherday , 2018 All Rights Reserved.