【子育て】子供が言うことを聞かない時に怒らずに接する方法

まだまだ甘えたい年頃

childface

子供は親の言うことを聞かない

子供が言うことを聞かないとイライラしてきます。もっと素直に話を聞いてくれたら、と思います。でも、親の言うことをなんでも素直に聞いてしまう子供が果たして「良い子」なのか?・・・逆にちょっと心配になります^^;

子供にもちゃんと感情があり、自分の考えもある。まして自分を上手にコントロールできないうちは言うことを聞かないのが当たり前かもしれません。それを無理やり親の思い通りに動かそうとするから親も子供もストレスがどんどんたまっていくのではないかと。
[adsense]

甘えたいけど甘えられない?

小学校も高学年くらいになってきて、自分に弟や妹がいると親にべったり甘えることに抵抗が出てきます。本当は甘えたいけど、自分はお兄さんだから、お姉さんだからとガマンしてしまう。

この葛藤がイライラにつながっているわけです。

どうしてそんなにイライラしているの?と聞いても、子供は「別に」と本心を言いません。「本当は甘えたい」ということを口にすることが恥ずかしいとか、カッコ悪いと思ってしまうようです。

わざとやらない

宿題なんてそうですね。いつまでたってもやらないので、親の方が心配になってくる。で、寝るのが遅くなったらかわいそうだと思って手伝ってしまう。そうすると子供は「最後は親がなんとかしてくれる」と思うようになります。

宿題が難しいから手伝ってほしいわけではないんです。宿題をやっている間は一緒にいてかまってもらえる。だから宿題をやるのをギリギリまで引き伸ばして「手伝ってあげようか?」という言葉を待っているわけです。

でもそうやって甘えようとするのは、普段甘えさせてあげられていない、ということなんですよね。

かまってほしいだけ

最近になって、うるさく言わないと行動しようとしないのは子供の甘えが満たされていないからだということに気がつきました。

宿題も子供は親に手伝ってもらうことは望んでいません。宿題をやっているということをちゃんと見守ってくれているという感覚がないから「手伝って」と言うことで関心を自分に向けようとしているようです。その上でどうしてもわからない問題があったら一緒に考えればいいんです。

気づき子供は安心できる環境があると進んで行動します。

まとめ

最近では子供がイライラしているのを見ると、「そういえば一緒に過ごす時間をとってあげられていないな」と僕の方が反省します。奥さんにそんな話をしたら、やはり同じように感じていたそうです。

親が子供のことを見ていると思っていても、子供はそう感じていないことも多いです。そのためにも普段から子供が発している小さなサインにできるだけ早く気づいてあげたいものですね。

スポンサーリンク
【子育て】子供が言うことを聞かない時に怒らずに接する方法
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする