【レビュー】セルフヘアカットで節約!絶対失敗しない「Panasonic カットモードER5209P」がおすすめ‼︎

簡単便利‼︎自分で自由にヘアカット

僕は髪の毛は自分でカットしています。
以前は気が向いた時にQBハウスなどの1000円カットでカットしてもらっていました。

1000円。
うーん、安いのかもしれませんが、1000円あればBOOKOFFで何冊本が買えるだろう・・・。
それなら自分でカットしちゃおう。

そう思って2年くらい前に購入したものがコチラ。
IMG_3264
このように収納できるようになっています。
ジッパーが付いているので、最終的にはこのように収まります。
2015-09-06 21-36-29 +0900
今はその後継機種が出ていて「ER5209P-W」となっています。
ただ、基本的な仕様は変わっていないようですね。

昔で言うところのバリカンです。
僕は小学生から中学生にかけて坊主でして、よく親にバリカンで刈ってもらったものです(笑)。
[adsense]

アタッチメントで失敗なし‼︎

今はいろんなアタッチメントがついていて、とっても使いやすいんです。
IMG_3265
髪の長さに合わせて使い分けるようになっています。
また、グリーンのアタッチメントはそれぞれさらに長さを調節できます。

便利ですねー。
IMG_3268
で、どうしてこれを付けるのか?

アタッチメントをつけていると切りすぎる心配がまったくないんですよ。

誰がやっても決まった長さまでしかカットできない。

だから失敗しないんですね。

あと、この一番右の「NATURAL」と書かれている白いアタッチメントはいわゆる「スキカット」というやつです。
毛先を自然な感じにカットしてくれます。

最終的な仕上げに使うといいですよ。

使い方はとってもカンタンです

髪の毛は乾いたままでカットした方がいいですよ。

濡れた髪でも切れますが、切った髪がアタッチメントにくっついてなかなか落とせません。
洗い流せばおちますが、ちょっとめんどくさいですよね。

それに乾いたままのほうが出来上がりのイメージに近くなります。

使い方としては、基本的に下から上にすべらすようにカットするだけです。
生え際のところにあてて、アタッチメントが頭皮にあたっているのを確認しながら上にすべらせます。

ひっかかることなくスムーズに切れます(今のところ引っかかって痛い思いをしたことは一度もないです)。

ポイントは一回カットしたら、アタッチメントにくっついている髪の毛を払い落すことです。

本体をちょっと振れば落ちます。
これが残ったままだと髪の毛が刃を邪魔するので切れにくくなりますよ。

このアタッチメントのおかげで、ひとりでも失敗したことがありません。
後ろも合わせ鏡をしなくてもできますよ。

2ヶ月に1回くらいのペースで使用しているので、もう10回、子供のも含めたら15回以上は使ってます。
1000円カットにいったら単純に15000円ですから、もう十分もとはとりました^^

ポイントまとめ

1.充電を十分にしておく
2.髪の毛は乾いたままで
3.カット時、まめにアタッチメントについた髪の毛は払い落とす
4.毛先はナチュラルアタッチメントですく
5.使用後のメンテナンスはきちんと行う

意外と1が一番大事です。
マニュアルでは充電時間は8時間となっています。

十分に充電されていないと、ここぞというときに

ういーん・・・

と急にパワーが落ちて、どうにもならなくなります(笑)。

5ですが、メンテナンスさえきちんとしておけば切れ味抜群です。
メンテナンスといっても使用後に洗って油をさしておくだけですけど。
こんな油が付いてます。
IMG_3267
まだ当分もちそうですねー。

かれこれ2年以上使っていますが、今でも切れ味バツグンですよ。
IMG_3269
電源差し込み部分に水が入らないように気をつければ、基本的に本体に水をかけて洗い流しても問題ありません。

細かい毛ってなかなか落ちないんですよね。

水洗いできるというのはスゴく助かります。

はじめは僕ひとりで使っていましたが、息子が幼稚園に入ってこういう電動ものを怖がらなくなってから息子のカットも行っています。

慣れてくると10分くらいでできちゃいます。
わざわざ1000円カットに行くコストと労力を考えたら、これほど費用対効果の高いモノもありません。

もちろん、技を磨けばさまざまなヘアスタイルにも対応できます。
ちなみにこういう冊子もついていますよ。
IMG_3271
IMG_3272
他に大人向けや、女の子向けのカット方法も紹介されています。
とても丁寧に書かれていてわかりやすい。

わが家ではだいたい裸になってお風呂場でカットして、そのまま洗い流します。
排水の受け皿にカットした髪の毛を集めてからまとめてゴミに捨てる、という感じです。

ただ、冬場はそれだと寒いんです。
なので、こんなモノもつかってます。


節約しながら自分でカットしたい、という方に絶対オススメです。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする