【コーチング】NLP「ポジション・チェンジ」で職場の人間関係を速攻改善する方法

ポジション・チェンジで相手を知ろう

chair-position
NLP(神経言語プログラミング)には「ポジション・チェンジ」という考え方があります。

結論から言いますと、このポジション・チェンジを使うことでこんなメリットが生まれます。

・ひとの苦労が見えるようになる
・自分が動いて解決するようになる
・相手の意図が理解できるようになる

用意するのはイス2つだけです。

画像Some chairs where I was by SammCox
[adsense]

第三者の視点をもつのはカンタンです

まずイスを向かい合わせて2つ用意します。
イスは座れるものならなんでもいいですよ。

座り方の例としては

ひとつ目・・・自分が座る
ふたつ目・・・関係を改善したい相手が座っているイメージ

第三者としてさらにもう一人の自分がその二人の様子を観察しているイメージです。

おそらくこのイメージが出来上がった時点でかなり冷静自分を見られるようになっていると思います。

たとえば僕が会社で同僚に腹を立てていたとします。

同僚は共同であるプロジェクトを進めていました。
最終調整は同僚に任せることになっていました。

同僚も

「必ず期日までに間に合わせるから大丈夫」

と自信満々でした。

ですが結果的にその同僚は期日を守ることができず、得意先に迷惑をかけることになりました。
同僚からこれといった謝罪もない。

共同責任ということで僕も怒られることになりました。

まず僕がひとつ目のイスに座り、その同僚をふたつ目のイスに座らせます。
もちろんイメージの上でです。

そしてさらに第三者としての僕はそんな二人を冷静に見ています。

イスに座っている僕はでイライラしています。
同僚のことをにらんでいます。

「どうしてなにも言わないんだろう」

と自分のことばかり考えています。

同僚は目を合わせないようにしてうつむいています。

第三者として見たとき、ではこの同僚はどのように感じているんだろうという視点が生まれてきます。

そしてイメージの中で第三者の僕はその同僚に聞いてみるわけです。

「彼はイライラしているようだけどなにかあったのかな?」

するとその同僚は

「たぶん俺のせいだと思う。
期日までに終わらせなければならない仕事があったんだけど、遅れてしまった。」

そこで第三者の僕は

「でもどうして遅れてしまったんだろう?」

と聞いてみます。

ここであらためて実際の同僚のことを思い出してみます。

そういえば昨日からマスクをしていた。
たまに咳き込んでいたかもしれない。

風邪をひいていたんじゃないか?

そんなことを思い出した上でさらにイスに座っている同僚の話を聞いてみます。

「うん、なんとか間に合わせようと思ったんだ。

でも風邪でどうしてもつらくて作業がはかどらなかった。

それでも絶対に間に合わせると言った手前、それは言い訳だと思って言えずにいた。」

それを聞いたイスの僕はハッと気づくわけです。

あ、そういえば一方的にイライラしていたけど、どうして間に合わなかったかちゃんと聞いていなかった。

自分の仕事で手一杯で具合が悪そうなことにも気づいていなかった。

仕事は仕事だけど、思いやりがなかったかもしれない。

そもそも共同のプロジェクトなのに最後の最後は任せっきりだった。

同僚はそんな僕の姿勢を見て助けを求められなかったんじゃないか。

自分が彼の立場だったら同じように感じていたかもしれないし。

そして第三者としての僕は

「仕事はひとりじゃできないよね。
相手の立場も考えて進めていこうよ」

というアドバイスをします。

こんなふうにストーリーを展開していくと相手側のリアルが見えてきます。

100%じゃなくていい

自分のことを100%わかってもらえなくてもいいんです。

こちらを気遣ってくれている

それを感じるだけで満足できます。

ということはこちらも相手に同じように感じてもらう必要があるんですね。

相手のことなんて少しも考えないひともいますが、そういう方はひとつ目のイスしかないんです。

相手がいない。
ただイスにドカッっと座って自分のことをわかってもらえるのを待っているだけ。
だからイライラするんです。

ポジション・チェンジを行うことで自分と相手との関係性がよく見えるようになります。

相手の立場になって考えられるようになります。

口ではそういっているけれども、本当は逆のことを考えている。
ホンネとタテマエもわかるようになりますよ。

ポジション・チェンジは

・家族
・上司・部下
・友達
・恋人
・お客さん

などなどいろいろ応用できますね。
お試しあれ。