それ優先順位が違うでしょ。仕事のストレスを激減させるタスク管理術

仕事のムダを削ぎ落とそう 仕事は優先順位が命です。 限られた時間になにをどれだけやるのか。 時短できない人は優先順位が間違っているということなんです。 そしてなぜ優先順位を間違うのかといえば、仕事を組み立てていないからです。 組み立てていなければ本当は1時間で終わるかもしれない仕事に2時間、3時間もかかってしまう。 仕事は「組み立てよう」と思わない限り”間延び"するものです。 スポンサーリンク ToDoリストは手書きで十分 では仕事の優先順位はどのように決めればいいのでしょうか? まずはToDoリストを作 ...

ReadMore

幸福感だけじゃダメ。アドラー心理学に学ぶ今日から幸せになる方法

あなたはすでに幸せだ 「幸福感」は消えてしまう 仕事で成功すれば収入が増えます。 たくさんお金があれば好きな物が買えるし、心配せずに美味しいものをたくさん食べることもできます。 気軽に旅行だって行けますよね。 でもそれはあくまでも一時的なものです。 時間が経てば次第に薄れていくものであり、幸福そのものというよりは「幸福感」です。 これに対して「幸福である」ということは、何か特別な努力をして手に入れるものではありません。 今この瞬間が幸せだと感じられることです。 では今幸福であると感じるためにはどうすればい ...

ReadMore

清潔感、スマート。仕事ができる人はなぜ見た目にこだわるのか?

あなたは見られている む、こいつはデキる、と思う営業担当者は決まって身なりがきちんとしています。 パリッとした服装に、きれいに整えられた髪型、靴はピカピカに磨かれ、落ち着いた物腰。 スーツが似合うようにボディスタイルもキープしています。 見た目ですべてが決まるわけではありませんが、だらしない格好をしている相手よりも、身なりがきちんとした相手のほうが「この人は信頼できるな」と思うものです。 スポンサーリンク 自分ごとで考える「対応力」 それほど頻繁に来るわけではないのですが、僕が務める会社の取引先にとても頼 ...

ReadMore

自己管理を徹底した人しか残業ゼロにできない。おすすめ時短メソッドとは?

どちらを選ぶか? 仕事を楽しむコツは仕事を楽しめる環境を作ることです。 仕事が楽しめる環境とは 仕事そのものがストレスになっていない 自分の成長を感じられる(スキルアップできる) 残業ゼロ の状態です。 まずは「楽しく仕事ができた上にお給料までもらっていいの?」と思えるような状態になることを最優先にすべきです。 そのために必要不可欠なのが仕事をショートカットするスキルです。 スポンサーリンク 自分のやり方を変える 同じやり方からは同じ結果しか生まれません。 結果を変えるには今の自分のやり方を変えなければい ...

ReadMore

社会人デビュー前に知っておきたい仕事を楽しむための超キホン

働き方は自分で決める ふつうに社員として働いている方は、通勤や休憩時間を含めると10時間前後は仕事で拘束されていることになります。 家族といるよりずっと長い時間仕事に関わっているわけですから、その仕事自体が楽しくなければ毎日がツライですよね。 僕は社会人になって15年近くになりますが、つくづく思うことがあります。 それは、仕事をする上で何より大切なことは仕事を楽しむことだ、ということです。 同じ働くでも、仕事を楽しめるかどうかで身につくスキルや知識もまるで違ってしまいますし、時間の使い方も大きく変わります ...

ReadMore

仕事に負荷をかけて着実にお金を稼ぐための自分アップデート術

同じことをやっていてもお金は稼げない 仕事ができる人の特徴の1つに、仕事のスピードが速い、ということが挙げられます。 たとえば同じ1時間でも、 1時間でできる仕事量を増やすにはどうすればいいか? 同じ仕事量を半分の30分で終わらせるには? ということを日々意識して仕事をしています。 このようにして仕事ができるひとは、当たり前のように自分の仕事に負荷をかけているわけです。 その結果、タスク管理や時間管理能力がどんどんアップしていくので、ますます仕事のスピードがアップしていきます。 スポンサーリンク 自分にし ...

ReadMore

仕事の効率アップ!!人にお願いするスキルを磨くためのポイント3つ

お願いするほど成長できる いつもやることがあり過ぎて、目の前の仕事をこなすだけで精一杯。 それでは新しいことにチャレンジしようとか、効率をアップして時短しようなんて、とても考えられません。 仕事ができるひとは、人にものを頼むのがとても上手です。 自分ではなくてもできる仕事はどんどん人にお願いする。 身軽だからフットワークも良くなる。 だから新しい仕事にチャレンジできるし、ゆとりがあるからチャンスも見逃すことがありません。 「忙しい」が口癖になっている 成長が止まっている気がする なかなか部下が育たない そ ...

ReadMore

「褒め日記」をつけて自己評価を上げると仕事力もアップする

「褒め日記」で一日が変わる あなたの周りには人の陰口・悪口が好きな人はいますか? 僕は目の前で誰かの陰口・悪口が始まったら、その場からそっと逃げることにしています。 どうしても逃げられない場合は、話は聞いても絶対に肯定しません。人の陰口・悪口を受け入れてしまうと、自分自身の自己評価が下がるからです。 必ずしも自分が口にしなくても、話を聞いてしまっただけで自分が思っている以上にネガティブな影響を受けています。 だからこそ陰口・悪口からは確実に身を守らなければいけません。 人を褒める人、けなす人 人を褒めるこ ...

ReadMore

「偶然の幸運」に出会うためのたったひとつの条件

運は自分でつかむもの 幸運というのは待っていてやってくるものではありません。 目標に向かって行動しているうちに、ある日突然目の前に現れる、そしてそれをパッと手でつかめるかどうかにかかっています。 運というのは自分のアクションしだいで引き寄せることができます。 仕事は慣れてきたら要注意 仕事はひとつのことだけやっていると、少しずつ視野が狭くなってきます。 そしてこれは自分ではなかなか気が付くことができません。 僕はもともとスーパーマーケットの現場作業員として働いていました。 未経験で入ったものの、人間毎日同 ...

ReadMore

「働き方改革」以前!!自分の価値を高める方法

自分を磨けば仕事は変わる 好きなことを仕事にできることが一番ですが、現実としてはなかなかそううまくいきません。 ただ、「それでは、あなたは本当は何をやりたいんですか?」と聞かれるとそれはそれで明確な答えを持っていなかったりする。 そんなモヤモヤした状態で働くことは、それ自体がストレスになります。 仕事の疲れ+辞めたい気持ち でますます仕事がストレスになってしまうわけです。 そこで僕がおすすめしたいのが、「自分を磨く」という選択です。会社にぶらさがることなく、転職をせずに自分の価値を高めることです。 自分を ...

ReadMore

ブログ記事の書き方

ブログはPVを捨てることから始まる

投稿日:

ブログ運営を最優先にする


PV数やアドセンス(他広告)収入を気にし過ぎると、

お金・承認欲求>ブログ運営・良質なコンテンツ作成

になります。

すると、どんな広告を貼ろうかとか、タイトルやロゴマーク、ブログのテーマやデザインといった表面的なことばかり気になるようになり、肝心のコンテンツがおろそかになってしまいます。

もちろんそれらもブログ運営には必要な要素ではあります。
ですが、せっかくはじめたブログの更新が滞ってしまっている方にとっては、それは優先すべきことではないんですね。

たとえばPV数を上げることばかり考えていると、

  • 何のためにこの記事を書くのか?
  • 誰のためにこの記事を書くのか?

ということがあいまいになってくために、抽象的でぼんやりとした内容になってしまいます。
そして結果的にハリボテの魅力のない記事になっていくわけです。

スポンサーリンク

まず続けること

ブログを始めてから3年以上続けられる人は全体のほんの数%程度と言われています。
これはやはり、PV数や広告収入等を意識し過ぎてしまうからではないでしょうか。

したがって、少ない記事数でムリに読まれようとするよりも、PV数や広告収入の有無に関係なく、できるだけ短いスパンでコツコツと記事を投稿していくことが先です。

だからこそ格好つける必要はないし、少なくとも当たり前のように記事が書けるようになる前は、SEOすら気にしなくてもいいのかもしれません(僕自身、先に分析の勉強をし過ぎて失敗しました)。

記事を書く目的は何か?

何より大事なのは「自分発」であることです。
自分の体験・経験、本で読んだ知識、趣味の音楽やゲームなど内容は何でも良いのですが、今の自分に価値があるという前提を忘れてはいけないんです。

今の自分に価値があるからこそ、「これは記録しておかなきゃ」って思うわけですし。

記録することを怠る人は自分の価値を信じられない人であり、心のどこかで

「こんなことは誰でも知っている」
「こんなことを記事にすること自体恥ずかしいのでは」

と思っている。
つまり、書くことがない、ネタが尽きたのではなく、自分の価値を信じられなくなっただけなんですね。

自分が関心があること、調べたことや行った場所、日常のあらゆることに価値があると思うから忘れないように記録するのだし、少しでも楽しもう深めようと思うから、自分自身のために勉強をする。

そう、あくまでも自分の役に立つために記録するということ。
ここがブログの原点です。

もちろん、自分にとって役に立つことだからといって、万人に役に立つわけではありません。
ですが世の中にはその情報を必要としてくれている人は必ずいるんです。

だからこそ、自分のために記事を磨けば磨くほど、それは良質なコンテンツになっていくわけです。

そう信じて、プラモデルを作るように丁寧に丁寧に作り上げていく姿勢は必ず読み手にも伝わります。
本来文章のテクニックやスキルはこのように読み手のユーザビリティーを考えることで自然と身についていくものですし。

具体的に何をするか?

ではブログ再構築に向けて何をするのか?
何も気負うことはありません。
そこで「心機一転」と気負ってテーマやデザインを変えるのもまた間違いのひとつです。

今不足しているのはPV数でも広告収入でもない。

今必要なことは

  • 今の自分の価値を信じること
  • 自分の日常をきちんと記録すること(事実・気づき・教訓・宣言)

まずはこれだけに絞りましょう。

こうして書き出した文章をいきなり記事化することに抵抗があるなら、まずは「ネタ帳日記」として毎日(これはどんなに短くても毎日続ける)記録することをおすすめします。

4行日記をつける

便利なのは「4行日記」ですね(説明は僕なりのアレンジが入ってます)。

  1. 事実 事実を具体的に書き出す(あいまいなキーワードは意味も調べる)
  2. 気づき 事実に対する考えや感じたことをそのまま書き出す
  3. 教訓 気づいたことからメソッドを抽出する
  4. 宣言 教訓を実践するためのアファメーションとして

事実はその日に見たニュースや本、メディア、歩いていて気になったこと、何気ない会話など、ほんの少しでも自分が「おや?」っと思ったことはすべて書くことがポイントです。

これが記事の骨組みになるので、「備忘録」としてでも具体的に具体的に記録する習慣を身につけたいところです。

PCやスマホでもいいのですが、ささっと書けるのはやはりメモや手帳なので、すぐにPCやスマホを開けない環境であれば、手書きでも記録するようにしましょう。

まとめ

あらためて思うことですが、ブログ運営は自分のメンタルの影響を大きく受けていますね。
ブログの更新が滞っている時はメンタルに問題を抱えている時期だと言っても言いくらいです。そういう意味ではブログ運営を通して自分を見つめ直し、改善していく。
そんなメンタルバロメーターとしてブログと付き合っていくのも良いものですよ。

-ブログ記事の書き方
-,

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.