それ優先順位が違うでしょ。仕事のストレスを激減させるタスク管理術

仕事のムダを削ぎ落とそう 仕事は優先順位が命です。 限られた時間になにをどれだけやるのか。 時短できない人は優先順位が間違っているということなんです。 そしてなぜ優先順位を間違うのかといえば、仕事を組み立てていないからです。 組み立てていなければ本当は1時間で終わるかもしれない仕事に2時間、3時間もかかってしまう。 仕事は「組み立てよう」と思わない限り”間延び"するものです。 スポンサーリンク ToDoリストは手書きで十分 では仕事の優先順位はどのように決めればいいのでしょうか? まずはToDoリストを作 ...

ReadMore

幸福感だけじゃダメ。アドラー心理学に学ぶ今日から幸せになる方法

あなたはすでに幸せだ 「幸福感」は消えてしまう 仕事で成功すれば収入が増えます。 たくさんお金があれば好きな物が買えるし、心配せずに美味しいものをたくさん食べることもできます。 気軽に旅行だって行けますよね。 でもそれはあくまでも一時的なものです。 時間が経てば次第に薄れていくものであり、幸福そのものというよりは「幸福感」です。 これに対して「幸福である」ということは、何か特別な努力をして手に入れるものではありません。 今この瞬間が幸せだと感じられることです。 では今幸福であると感じるためにはどうすればい ...

ReadMore

清潔感、スマート。仕事ができる人はなぜ見た目にこだわるのか?

あなたは見られている む、こいつはデキる、と思う営業担当者は決まって身なりがきちんとしています。 パリッとした服装に、きれいに整えられた髪型、靴はピカピカに磨かれ、落ち着いた物腰。 スーツが似合うようにボディスタイルもキープしています。 見た目ですべてが決まるわけではありませんが、だらしない格好をしている相手よりも、身なりがきちんとした相手のほうが「この人は信頼できるな」と思うものです。 スポンサーリンク 自分ごとで考える「対応力」 それほど頻繁に来るわけではないのですが、僕が務める会社の取引先にとても頼 ...

ReadMore

自己管理を徹底した人しか残業ゼロにできない。おすすめ時短メソッドとは?

どちらを選ぶか? 仕事を楽しむコツは仕事を楽しめる環境を作ることです。 仕事が楽しめる環境とは 仕事そのものがストレスになっていない 自分の成長を感じられる(スキルアップできる) 残業ゼロ の状態です。 まずは「楽しく仕事ができた上にお給料までもらっていいの?」と思えるような状態になることを最優先にすべきです。 そのために必要不可欠なのが仕事をショートカットするスキルです。 スポンサーリンク 自分のやり方を変える 同じやり方からは同じ結果しか生まれません。 結果を変えるには今の自分のやり方を変えなければい ...

ReadMore

社会人デビュー前に知っておきたい仕事を楽しむための超キホン

働き方は自分で決める ふつうに社員として働いている方は、通勤や休憩時間を含めると10時間前後は仕事で拘束されていることになります。 家族といるよりずっと長い時間仕事に関わっているわけですから、その仕事自体が楽しくなければ毎日がツライですよね。 僕は社会人になって15年近くになりますが、つくづく思うことがあります。 それは、仕事をする上で何より大切なことは仕事を楽しむことだ、ということです。 同じ働くでも、仕事を楽しめるかどうかで身につくスキルや知識もまるで違ってしまいますし、時間の使い方も大きく変わります ...

ReadMore

仕事に負荷をかけて着実にお金を稼ぐための自分アップデート術

同じことをやっていてもお金は稼げない 仕事ができる人の特徴の1つに、仕事のスピードが速い、ということが挙げられます。 たとえば同じ1時間でも、 1時間でできる仕事量を増やすにはどうすればいいか? 同じ仕事量を半分の30分で終わらせるには? ということを日々意識して仕事をしています。 このようにして仕事ができるひとは、当たり前のように自分の仕事に負荷をかけているわけです。 その結果、タスク管理や時間管理能力がどんどんアップしていくので、ますます仕事のスピードがアップしていきます。 スポンサーリンク 自分にし ...

ReadMore

仕事の効率アップ!!人にお願いするスキルを磨くためのポイント3つ

お願いするほど成長できる いつもやることがあり過ぎて、目の前の仕事をこなすだけで精一杯。 それでは新しいことにチャレンジしようとか、効率をアップして時短しようなんて、とても考えられません。 仕事ができるひとは、人にものを頼むのがとても上手です。 自分ではなくてもできる仕事はどんどん人にお願いする。 身軽だからフットワークも良くなる。 だから新しい仕事にチャレンジできるし、ゆとりがあるからチャンスも見逃すことがありません。 「忙しい」が口癖になっている 成長が止まっている気がする なかなか部下が育たない そ ...

ReadMore

「褒め日記」をつけて自己評価を上げると仕事力もアップする

「褒め日記」で一日が変わる あなたの周りには人の陰口・悪口が好きな人はいますか? 僕は目の前で誰かの陰口・悪口が始まったら、その場からそっと逃げることにしています。 どうしても逃げられない場合は、話は聞いても絶対に肯定しません。人の陰口・悪口を受け入れてしまうと、自分自身の自己評価が下がるからです。 必ずしも自分が口にしなくても、話を聞いてしまっただけで自分が思っている以上にネガティブな影響を受けています。 だからこそ陰口・悪口からは確実に身を守らなければいけません。 人を褒める人、けなす人 人を褒めるこ ...

ReadMore

「偶然の幸運」に出会うためのたったひとつの条件

運は自分でつかむもの 幸運というのは待っていてやってくるものではありません。 目標に向かって行動しているうちに、ある日突然目の前に現れる、そしてそれをパッと手でつかめるかどうかにかかっています。 運というのは自分のアクションしだいで引き寄せることができます。 仕事は慣れてきたら要注意 仕事はひとつのことだけやっていると、少しずつ視野が狭くなってきます。 そしてこれは自分ではなかなか気が付くことができません。 僕はもともとスーパーマーケットの現場作業員として働いていました。 未経験で入ったものの、人間毎日同 ...

ReadMore

「働き方改革」以前!!自分の価値を高める方法

自分を磨けば仕事は変わる 好きなことを仕事にできることが一番ですが、現実としてはなかなかそううまくいきません。 ただ、「それでは、あなたは本当は何をやりたいんですか?」と聞かれるとそれはそれで明確な答えを持っていなかったりする。 そんなモヤモヤした状態で働くことは、それ自体がストレスになります。 仕事の疲れ+辞めたい気持ち でますます仕事がストレスになってしまうわけです。 そこで僕がおすすめしたいのが、「自分を磨く」という選択です。会社にぶらさがることなく、転職をせずに自分の価値を高めることです。 自分を ...

ReadMore

人間関係で悩まないコツ 仕事を楽しむコツ

あなたから買いたい。信頼できる営業マン特徴5つ

更新日:

商品はいいんだけど

handshake

ほしいのは信頼関係

僕は今の会社に勤めて10年以上になりますが、その間に様々な職種の、たくさんの営業担当の方と会う機会がありました。

名刺の渡し方とか身だしなみや言葉遣いというのももちろん大切ではあるのですが、そこは大前提ですし、本質ではないと思っています。

たとえば通信販売のサイトでもあまり聞いたことのない会社のサイトで購入するのはちょっと抵抗がありますよね?
でも「Amazon」とか「楽天」のように大手で認知度が高いサイトからは割と抵抗なく購入してしまいます。

これは扱っている商品の内容もありますが、仮になにか問題が発生してもきちんと対処してくれそうだ、という「保証」とか「信頼」というものがあるからです。

通信販売のサイトは顔が見えない分、不安を緩和するためにサイトのデザインや構成にはかなり工夫をしています。

まさにユーザーからの「信頼」を得るための工夫です。

スポンサーリンク

1.話を聞く

相手に関心がないと話を聞くことができず、自分の商品を売ろう売ろうとしてしまうため、相手からすると押し付けられる感じがしてしまいます。
売りたい気持ちもわかりますが、まず相手に関心を持って話を聞くことに集中します。

話を聞いてもらえると自分の要望を伝えることができた、という満足感が生まれます。
黙って話を聞いてくれた相手に悪い印象を持つということはありません。

買う側はその商品に関心があって商談に望んでいます。
その時にほしいのは商品の良さ以上に「信頼」です。

まずはしっかりと相手の話を聞いて理解を深め、信頼を得ることが最優先です。

こちらのことをわかってくれていると思う相手から買いたいと思うのが人間ですから。

2.フラットに付き合う

あまりにも低姿勢だと、この担当者は自分のところの商品に自信がないのかなと思うこともあります。
謙虚ではあっても、商品については堂々と説明する。

どうしても商品を気に入られなければ仕方がない、くらいの自信を持っているとそれは確実に相手に伝わります。
逆に自信なさげにしていると、最終的に値段の交渉だけになってしまいます。
営業担当者の姿勢ひとつで商品やサービスの価値を下げてしまうこともあります。

3.忘れさせない

ちょっと近くに来たもので。
こんな情報があったので。

そうして不定期でも月に何度か足を運んでくる営業マンには親近感がわいてきます。

もちろんこれも、ただ買ってもらいたいから足を運ぶだけでは押し売りになってしまいますし、そういうことは相手にも伝わってしまいます。
押し売りは誰もが嫌いますので、回数が増えるほど相手にされなくなります。

おかしなものですが、営業が上手な人は商談の時以外はあまり商品の話をしません。
会社とか地域とかトレンドとか、もっと大きな枠組みで話題を提供し、またその話の中で相手の隠れたニーズを探っているともいえます。

頭の中に様々な商品やサービスが並んでいて、相手の状況に応じて最適なものを提案していく。

デキる営業マンというのは知識も豊富ですが、決して押し売りにならないようにベストなタイミングを見極めるスキルも身につけているようです。

4.欲しい情報を持ってくる

自社が扱っている商品に対する知識量もさることながら、全く畑違いの分野にも関心を持っています。
そういう意味では独自の人脈を持っているのも特徴です。

「こういう商品を探しているのだけど」と話を振るだけですぐに商品や他の取引先を紹介してくれます。
それも場合によって自分のところは通さなくても良いと考えています。

これは自分がトクをすることだけを考えていたらなかなかできません。

自分が大切にしている取引先にはどこも売上を上げて儲けてほしいと考えている。
こういう営業マンは確かなものしか紹介しませんし、だからこそ信頼がおけるとも言えます。

5.フォローする

売ったら売りっぱなし、という方も多いです。

なにかあったら言ってください。
お変わりはないでしょうか?

こういった電話が一本あるかないかでまったく印象が違ってしまいます。
これはテクニックというより、どれだけ自分が担当している取引先のことを普段から考えているかという部分です。

気になるからメールをする、気になるから電話をかける。

このような姿勢は会社そのものの信頼関係を築くことにもつながります。

まとめ

「あなたが言うのだから間違いない。」

そう思われたら強いと思います。

どこまでこちらのことを親身になって考えてくれているか、という部分に心を動かされてしまうのが人間です。
ただ単純にデータだけもってきて、比較するとうちの方が優れていてお安く提供できますよ、と言われてもこちらはちょっと構えてしまうものです。

テクニックだけではサービスも含めてものを売ることはできません。
買う側の立場としては、基本的に不安があるんですね。
それが本当に良い商品なのか、費用に対する効果はどうなのか。
安心するのはその商品そのものに対してもそうですが、なによりその商品を販売する営業マンが信頼できるかどうかということにかかっていると思います。

-人間関係で悩まないコツ, 仕事を楽しむコツ
-,

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.