行動すれば何かが変わる!!ドラマ『流星ワゴン』を観て考えたこと

当たりまえの幸せに気づく 「流星ワゴン」は2015年の1月スタートの番組で、TBS「日曜劇場」にてリアルタイムで観ていました。 当時は忙しくて観られなかった回があったりしたのですが、最近Amazonプライムビデオで視聴できるようになっていたので、イッキ観してしまいました。 豪華キャストで臨場感が半端ない 西島秀俊さんに香川照之さん。 井川遥さん、そして吉岡秀隆さん。 演技派ぞろいの豪華キャストですね。 親子、家族の絆、生と死についてあらためて考えさせられるドラマです。 重いテーマながらほどよくコメディ要素 ...

ReadMore

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン 僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。 ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。 達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。 もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。 こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。 僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。 だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。 スポンサー ...

ReadMore

ダンドリのプロになる。逆算思考+並列思考で「プロジェクト思考」を鍛えよう

ダンドリひとつで仕事は変わる 仕事ができる人はその日一日の流れがはっきりと見えています。 優先順位が明確で、次に何をやればいいのかわかっている。 だからムダなくモレもない。 その結果、誰よりも効率よく仕事が片付くわけです。 ではダンドリが良い人は具体的にどのような頭の使い方をしているのでしょうか? スポンサーリンク 目次ダンドリひとつで仕事は変わる積み上げ式と逆算式積み上げ式逆算式並列思考プロジェクト思考毎日がプロジェクト積み上げ式にメリットないのか仕事モードと家モードを切り替える笑顔で帰宅する姿をイメー ...

ReadMore

スマホWi-Fi制御!!スマートLED電球でお部屋のカラーが変わる

雰囲気作りに超便利 Amazon Echoでスマート家電環境はできていたので、もう少しデバイスを増やしたいと思っていました。 Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!! そこで見つけたのがこの商品。 この電球、不安になるくらい軽いです。 これって普通のLED電球なんじゃないかって。 今回僕が取り付けたのは以前にAmazonで買ったIKEAのフロアランプです。 これはちょうど2年くらい使っているのですが、和紙のカバーがほどよくやわらかい光にしてくれてるので、とても気に ...

ReadMore

それ優先順位が違うでしょ。仕事のストレスを激減させるタスク管理術

仕事のムダを削ぎ落とそう 仕事は優先順位が命です。 限られた時間になにをどれだけやるのか。 時短できない人は優先順位が間違っているということなんです。 そしてなぜ優先順位を間違うのかといえば、仕事を組み立てていないからです。 組み立てていなければ本当は1時間で終わるかもしれない仕事に2時間、3時間もかかってしまう。 仕事は「組み立てよう」と思わない限り”間延び"するものです。 スポンサーリンク ToDoリストは手書きで十分 では仕事の優先順位はどのように決めればいいのでしょうか? まずはToDoリストを作 ...

ReadMore

一瞬で頭を切り替えるおすすめの自己管理術4つ

自分だけの切り替えスイッチを作ろう 疲れた時、行き詰まりを感じた時、ちょっと頭を切り替えるだけでリフレッシュできるものです。自分にとって常にベストなコンディションを保つ。 これは自分の力を発揮するために絶対に必要な条件です。 そこで、頭を切り替える自分だけの「起動スイッチ」を持っていると安心できます。悩んでいる時間が少なくなればその分時間を有効に使うこともできます。 スポンサーリンク 僕の起動スイッチ ①コーヒー 僕が気分転換をしたいなと思う時に最もお世話になっているのがコーヒーです。 特別詳しいわけでは ...

ReadMore

スマートに仕事のストレスを解消する「平常心」を養う方法

今この瞬間を味わおう 「仕事で強いストレス感じる労働者割合がさらに増え59.5%」。 これは厚労省が平成28年に行った「労働安全衛生調査」の結果です。 参考厚労省・28年労働安全衛生調査結果 およそ6割の人が仕事で「強いストレス」を感じているそうです。 もっとも、考え方も性格もまったく違う人間が集まって仕事をしているわけです。 ストレスがあって当たり前なのかもしれません。 ただ、仕事のストレスは人によって感じ方は違います。 人間関係にしろ仕事のノルマにせよ、受け取り方ひとつでストレスを強く感じる人もいれば ...

ReadMore

Amazon EchoとLS Miniで照明もテレビもスマホで簡単コントロール!!

ちょっと便利なスマート家電生活 ついに届きましたLS mini。 手頃な値段と充実した機能ということで、発売前から予約していたんです。 AmazonのEcho DotについてもたまたまAmazonタイムセールでスマートプラグ「TP-Link」とセットでとってもお買得だったので購入。 僕がLS miniでなにがやりたかったのかというと、音声によるテレビやエアコンの操作です。 ライトのON OFFはスマートプラグがあればEcho Dotだけでもできますが、赤外線で家電を動かすにはLS Mini等のデバイスが別 ...

ReadMore

めんどくさがり屋のあなたが仕事でモチベーションを上げる10の方法

モチベーションは自分で上げるもの 僕はもともとめんどくさがり屋です。 めんどくさがり屋であるがゆえにモチベーションを維持しながら成長し続けるにはちょっとしたコツがいります。 それは自分にルールを課すこと。 実際には他にも自分に課しているルールがいくつかあるのですが、特に効果を感じられて継続できているものに絞って10のルールをあげてみました。 目次モチベーションは自分で上げるもの①目標は朝イチで確認する②相手の話をよく聞く③目標を小分けにする何かのせいにしない④変えられないものに執着しない⑤できる理由だけを ...

ReadMore

幸福感だけじゃダメ。アドラー心理学に学ぶ今日から幸せになる方法

あなたはすでに幸せだ 「幸福感」は消えてしまう 仕事で成功すれば収入が増えます。 たくさんお金があれば好きな物が買えるし、心配せずに美味しいものをたくさん食べることもできます。 気軽に旅行だって行けますよね。 でもそれはあくまでも一時的なものです。 時間が経てば次第に薄れていくものであり、幸福そのものというよりは「幸福感」です。 これに対して「幸福である」ということは、何か特別な努力をして手に入れるものではありません。 今この瞬間が幸せだと感じられることです。 では今幸福であると感じるためにはどうすればい ...

ReadMore

人間関係で悩まないコツ 仕事を楽しむコツ

もっと評価されたい!!上司が見ているチェックポイント

更新日:

言われたことだけやればいいの?

boss

photo by a6Billski

何を残したか?

上司に言われたことをなかなかやらない部下がいます。
本人なりにはいろいろ理由があるらしく、聞くともっともらしいことを言うのですが、いつも最終的には指示したことを形にできません。

それでも本人は「こんなに頑張っているのに評価してくれない」と思っています。

仕事は各自が自分の役割を果たしてはじめて成り立つものです。
その点で、指示したことが最終的にきちんと形になっていることは最低条件だと思います。
逆にそれができなければ、どれだけ頑張って努力していたとしても評価はされません。

個人的に「努力は認めるよ」という言葉をかけることはできますが、「上司」という立場としては評価するわけにはいきません。これは僕自身会社勤めをしたばかりの頃、「部下」の立場では見えなかった部分です。

上司は部下が形として残したものしか評価できません。

スポンサーリンク

上司・会社が悪い?

仕事と個人的な感情は明確に分けられていないと最後は「うちの上司は冷たい」と思うようになります。

どうして個人的な感情が入り込んでくるのかというと、以下のようなことが考えられます。

  • 自分は上司より仕事ができると思っている
  • 評価してもらえないからそんなに努力する必要もないと思っている
  • 本来もっともらえるはずの給料がもらえていないと思っている
  • 仕事での評価と自分自身の人格の評価が一緒になっている
  • うまくモチベーションを上げてもらいたいと思っている

はじめに、

「会社・上司はもっと自分を評価すべきだ」
「自分をうまく使えない会社が悪い」

という不平不満があります。だから、

すべてお膳立てしてくれないと動きませんよ

と甘えているわけです。
また、自分への過大評価があると、どうしても上司の指示に素直に従えなくなります。
では言われたことだけやっていればいいかといえばそれもまた違います。

その後どうするか?

まず言われたことを実行する。
言われた通りやったのに結果が思わしくない。
たとえば売上が上がらない、経費がかさんだなど、うまくいかないこともあります。
そこで「こういう案もありますが」と提案すると上司はその意見を受け入れてくれます。

言われたことをやらない部下は問題ですが、言われたことしかやらない部下もやはり問題だと考えてしまいます。
言われたことをやりながらも、常により良いものを求めて提案してくる部下がいると上司も成長できます。
また、そこでせっかくの部下からの提案を拒否するような上司はそこで成長が止まり、いずれ部下に追い越されることになります。

部下の成長を考えれば、上司は部下の視野を広げる方法を考える必要があります。
そのためには自分が見ている景色がどのようなものなのかを教えるのが有効だと思います。

自分がしていることが会社としてどのような位置づけで、最終的にはどのような影響を与えるのかということを具体的に説明します。日々そのような話をしていくと、少しずつ視野が広がり、長期的に仕事を組み立てられるようになってきます。

そういう意味では、仕事の内容よりもまず、「そもそも仕事とはなんなのか」ということをきちんと理解させることの方が重要かもしれません。

やったことが評価

指示された通り100%できるかどうかより、「形にして残した」こと自体に意味があります。

甘えてしまっている部下はどうしても実際にやる前に言い訳や愚痴が多くなります。
結果言われたことをやらなければ評価されないのは当たり前です。
当たり前なのですが、それでも評価されないことに憤慨する部下もいます。

なにをやったか話をさせる

評価される部下というのは黙々と仕事をしています。
企画を考え、どうすれば会社に貢献できるか考えている。
会議の席でも

「こういうことをやってみてこういう結果になりました、次回はこちらの企画で行こうと思います」

というように、常に具体的かつ前向きな発言になります。
それが普段の業務の中に嫌でも垣間見られるし、さまざまな「痕跡」がみつかる。
だから信頼されるわけです。

一方評価されない部下というのはどうしても言い訳が多くなります。
会議の席でもいつも上司に

「そういえばこの間の企画やってみたの?」

と聞かれては同じような言い訳や、それをやることのデメリットばかりを口にします。

自分中心の仕事の組み立て方なので、上司の指示はどちらかというと「面倒なこと」という位置づけになってしまいます。
結果、いつまでたってもなにも変わらないわけです。

こんなにやっているのに?

本人の中では「こんなにやっているのに」というイメージだけが膨らんでいるので、一度本人の口から「今月は何をやったのか?」「来月は何をやるのか?」ということを具体的に言わせるといろんな気づきがあります。

するとたいてい「うーん」と考えた後、確かに言われたことをやってないなと気がつきます。

僕も経験がありますが、

入社当初というのはとても視野が狭く、自分視点しかないために自分の行動を客観的に見るのがとても難しいです。

自分では一生懸命頑張っているつもりなので、上司に評価されないとイライラしたりモチベーションも落ちてしまいます。

実際には段取りが悪く時間の管理が下手で、データ分析もできないために精度の高い計画も立てられないだけでした。指示されたことがとんでもない要求に思えてしまい、内心「それどころじゃないよ」と思っていたこともあります。

今思えばなんであんな簡単なことができなかったのかと不思議なくらいです。

仕事を複雑にしてしまうモノ

だからこそ、上司は自分が部下だった頃のことを思い出しながら、部下は自分が上司だったらと想像しながら歩み寄る必要があると思います。

ただ、それでも仕事中は個人的な感情は切り離したほうが良いと思っています。
「歩み寄る」というのは「仲良くなる」ということではありません。

仕事以外では友達感覚でも良いですが、仕事中は心理的にけじめをつけないと嫉妬や奢り、甘えからくる依存心などからさまざまな問題が発生するということは周知の通りです。
それが仕事というものを複雑なものにしてしまう原因にもなっています。

映画・ドラマ

2019/7/2

行動すれば何かが変わる!!ドラマ『流星ワゴン』を観て考えたこと

当たりまえの幸せに気づく 「流星ワゴン」は2015年の1月スタートの番組で、TBS「日曜劇場」にてリアルタイムで観ていました。 当時は忙しくて観られなかった回があったりしたのですが、最近Amazonプライムビデオで視聴できるようになっていたので、イッキ観してしまいました。 豪華キャストで臨場感が半端ない 西島秀俊さんに香川照之さん。 井川遥さん、そして吉岡秀隆さん。 演技派ぞろいの豪華キャストですね。 親子、家族の絆、生と死についてあらためて考えさせられるドラマです。 重いテーマながらほどよくコメディ要素 ...

ReadMore

ライフスタイル 人間関係で悩まないコツ

2019/5/29

他人のモノサシに合わせてない?自信と劣等感の心理

「苦しい」は何かが間違っているサイン 僕達が「頑張る」とか「努力する」という時、大きく分けて2つのモチベーションがあります。 ひとつは自分のモノサシによるモチベーション。 達成したい目標やゴールがあって、自分が好きだからやるというスタイル。 もうひとつは他人のモノサシによるモチベーション。 こうすべき、これがトレンド、という基準に自分を合わせていくスタイル。 僕達が苦しいと思う時、他人のモノサシで行動していることがあります。 だからどこまでやっても満足感がないし、楽しむこともできないわけです。 スポンサー ...

ReadMore

仕事を楽しむコツ 目標を達成するコツ

2019/4/19

ダンドリのプロになる。逆算思考+並列思考で「プロジェクト思考」を鍛えよう

ダンドリひとつで仕事は変わる 仕事ができる人はその日一日の流れがはっきりと見えています。 優先順位が明確で、次に何をやればいいのかわかっている。 だからムダなくモレもない。 その結果、誰よりも効率よく仕事が片付くわけです。 ではダンドリが良い人は具体的にどのような頭の使い方をしているのでしょうか? スポンサーリンク 目次ダンドリひとつで仕事は変わる積み上げ式と逆算式積み上げ式逆算式並列思考プロジェクト思考毎日がプロジェクト積み上げ式にメリットないのか仕事モードと家モードを切り替える笑顔で帰宅する姿をイメー ...

ReadMore

お金

2019/4/3

こんなに節約しているのに、なぜお金が貯まらないのか

あなたのお金は漏れている クレジットカードやSuicaなどの交通系プリペイドカード。 いずれも現金に触れることなく支払いが完了するいわゆるキャッシュレス決済。 しかもこれらがすべてスマホ1台で完結してしまうのですから、お金を使っているという感覚が鈍くなりますよね。 こうしてお金がいつの間にか消えていくわけです。 まるで小さな穴が開いた容器から水が漏れていくように。 スポンサーリンク 目次あなたのお金は漏れているお金が出ていく仕掛け節約しているつもり定額制サービス習慣で買っているモノお金は消えるべきして消え ...

ReadMore

人間関係で悩まないコツ 部下を育てるコツ

2019/3/1

40歳からのマネジメント!部下を動かす「聞く」技術

部下は話を聞いてもらいたい 40代になると人に使われるより、人を使う側になる方も多いのではないでしょうか。 同時に思うように部下が動いてくれない、成長しない、という悩みも出てきます。 僕も上司としてうまくいかなかったり、これは失敗したなと思ったことはたくさんあるのですが、その中で特に良い結果を生んだのはシンプルに「聞く」ということです。 目次部下は話を聞いてもらいたいマネジメントの目的部下はホンネを言わない聞く力を鍛える否定しない反論・逆ギレ聞いてもらえると部下は変わるお説教は必要か?仕組み化するまとめ ...

ReadMore

-人間関係で悩まないコツ, 仕事を楽しむコツ
-,

Copyright© Anotherday , 2019 All Rights Reserved.