人間関係で悩まないコツ

コーチングの基本!!相手のヤル気を引き出す3つのステップ

更新日:

褒められると人は動く

大変なのは自分だけ?

普段は仕事で家にいないので、昼間は家事も育児も奥さんに任せきりになっています。
毎日、家族全員分の布団を干したり洗濯物をしたり、食事の後片付けもしているわけです。
加えて子供達のわがままに付き合いながら買物に行ったり掃除をしたり。

僕もつい、「仕事の方が大変だよな」と思ってしまうのですが、あらためて考えてみると家事や育児も大変なんですよね。
自分だけ大変な思いをしている、なんて考えるのは良くないですね。

誰だって自分がどれだけ苦労しているかわかってもらいたいものですし、褒めてもらいたいものです。

スポンサーリンク

1.ねぎらう

例えば食事の後片付けでは、奥さんはいろんなアイテムを駆使してとても丁寧に洗い物をしていました。

たとえばこんなの


僕もたまに後片付けの手伝いをしますが、目の前にあっても使ったことがありませんでした。
奥さんが言うには、毎日のことだからこそ、きっちり洗っておかないと汚れがたまってきて落ちなくなってくるということでした。

皿洗い、後片付けひとつとってみてもいろんなコツがあって、家事もまた奥が深いんですね。

そういうことを感じた時に「いつもありがとう」と伝えれば、家事の苦労をきちんと認めることになります。

自分が大変だと思っていることを人にわかってもらうのも難しいですが、他の人が大変だと思っていることをこちらが理解することもまた、とても難しいものです。

仕事でも、普段は厳しい上司から「いつもありがとうね」と言われたら、それだけでモチベーションが上がりますよね。
ねぎらいの言葉もまた、人を動かす大きな力を持っています。

チェック

「ありがとう」の一言で人は動く

2.褒める

大人も子供も、人から褒められるとうれしいですよね。
褒められるとうれしいのは、自分の努力や長所を認めてもらえた、と思うからです。

だからこそまた褒められたいと思って、さらにその長所を伸ばそうとする。
子育てにおいて褒めることが必要不可欠なのは、まさにそういう理由からです。

勉強が嫌いな子供は勉強で褒められたことがないんです。
テストで100点でなければ褒めてはいけない、というルールがあるわけではありません。

いつもどうしても50点しかとれない子供が60点とれたら、それはそれで褒めてあげればいいと思います。
本人の中ではその10点を伸ばすことはとても大変なことだったかもしれませんから。

相手に対する期待値を少し下げてあげれば褒める機会はどんどん増えていくということです。
これは自分自身に対しても言えることですけどね。

チェック

どうすれば相手を褒められるかを考える

3.肯定する

自分と違う価値観や考え方を受け入れることに抵抗を感じるものです。
ですが違うからといって否定してしまうと、自分もまた同じ理由で否定されてしまうことになります。

否定するということは存在を認めないということ
自分が気に入らなくてもいいんです。
みんな生まれ育った環境も好みも全く違うんですから。
それをいちいち「そんなやり方ダメだよ」なんて言ってしまったら、相手はおもしろくありません。

もっと良い方法があると思う時は「それもいいけど、こういうやり方もあるよ」と教えてあげればいいんです。

チェック

「それもアリだね」と言われるとエネルギーが湧いてくる

まとめ

相手をねぎらい、褒めて、肯定する。この3ステップで人は自信を取り戻します。
また、なかなかモチベーションがなかなか上がらない、という方は目標のハードルを少し下げてみるといいですよ。
  • 記事を書いている人

SHINJI

普段は経理をしながら会社の広告のデザインをしたりしています。 趣味はピアノを弾いたり本を読んだり。最近は夏目漱石ですか。 ただいまNintendo Switch「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」にハマっております。

-人間関係で悩まないコツ
-

Copyright© Anotherday , 2018 All Rights Reserved.