「情報」を「知識」に変換しよう。明日から一流の仕事をするために必要な考え方

知識は本の中にはない

top-businessman
ちょっと良い話を聞いたり、本を読んで学んだこと。その時はぜひともやってみようと思うのですが、そんな考えはたいていは日常のサイクルの中で静かに消えていきます。

これはそこで得たことを、「情報」としてしか処理しなかったからです。「知っている」で止まっている。「知っている」を「わかった」に変換することで日常生活が具体的に変わっていきます。

「情報」と「知識」の違い

本の中にあるものは情報である。知識とはそれらの情報を仕事や成果に結びつける能力である。

参照(以下同書より)実践するドラッカー【行動編】

たとえば経理。経理業務には会社の経営状態を記録するために試算表、貸借対照表、キャッシュフロー計算書などを作成する仕事があります。これらは言ってみれば情報です。なぜなら、ただ事実を記録しただけだからです。僕も経理になりたてのころは、ただ数字という情報を集めて結果を提示するだけでした。

これを一歩すすめて、その情報がどのような意味を持っているのか考えてみる。そしてその情報をもとに一ヶ月先、半年先と数字の予測をたててみる。結果、資金繰りの予定表を作ったり経営シュミレーションをすることで積極的な戦略を立てることができるようになります。これがノウハウ、知識として蓄積されていくわけです。

ポイント知識とは体系的なものであり、体験を通した実務

常に具体的な行動につなげていく

学んだことは実際に使うことではじめて身に付きます。実際に使って体験することで、「知っている」が「わかった」にレベルアップする。また、学んだことはアウトプットすることで記憶に深く定着します。一番わかりやすいのが人に教えることです。人に教えられないことというのは自分で理解できていないことですから。

学ぶ→実際にやってみる→人に教える

このサイクルを作ることで、学びを体験に変え、情報を知識にできますし、教わった人も学びを得られます。

そもそもなんのために本を読むのか、セミナー等に足をはこぶのかと言ったら、現状を変えたいからですよね。なりたい自分になるための方法を知りたい。目的は情報を得ることではなくて、あくまでも自分が変わることであり、行動が変わることです。なので、学んだことは実際にやってみなければ意味がありません。

だからこそ、具体的な行動につなげていく必要があります。

ポイント人に教えるということは最強のインプット法

成果をあげることを習慣にする

たとえば

お金の勉強をする→収入がアップする
ライティングの勉強→ブログのPV数がアップする

など、具体的な成果につながる勉強の仕方をしなければいけません。
はじめに目標があって、そこにたどりつくための方法論を学び、具体的な行動につながげて、具体的な成果をだす。この一連の流れをとぎれさせてはいけないということです。

成果をあげる存在になるための2点

実践するドラッカー【行動編】』の中で「成果をあげる存在」になるために意識しなければいけないポイントが2つ紹介されています。

いまの自分が持っているものを最大限に引き出すこと

さらに成果をあげるためにはなにを身につけなければならないかを問い、それを習得すること

仕事で会社に貢献しようと思った時、自分の苦手分野を克服するよりも、今自分が持っている強みを最大限に引き出す方がより大きな貢献ができます。それに、自分が得意なことであれば新しいことを学ぶことも苦ではありませんからね。

常に目標をバージョンアップさせる

目標というは達成されるとエネルギーを失う性質があります。常に新しい目標を立てておかないと、脳が「ここらで休憩しようかな」と思ってテンションが下がってしまうんです。

それもあって、僕は毎年違う目標を立てるようにしています。今年は経理について学んだから、来年は労務について勉強しよう、とか。趣味でも、来年はピアノでクラシックの大作を弾けるようになろうとか。結果的に実現しない目標もたくさんあるのですが、実現することもまた、たくさんあります。

その点では、目標は仕事もプライベートも関係なく、たくさん作っておくに越したことはありません。それこそ、死ぬまで目標を持っていたいものですね^^

まとめ

学んだことはそのままでは単なる「情報」に過ぎない。これを具体的に生活に取り入れて使ってみることで体験したことは「知識」になる。学びを実務につなげることができれば成長するスピードもアップします。

目標というのは達成されるとエネルギーを失う性質がある。なので、常に複数の目標をたてて定期的に目標そのものをバージョンアップしていく必要があります。

スポンサーリンク
「情報」を「知識」に変換しよう。明日から一流の仕事をするために必要な考え方
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする