転職に頼らず天職を見つけるための4つのルール

天職は足元にある

tenshoku

仕事にやりがいを感じられない

自分のやりたいことってなんだろう。

なんとなく社会に出て働き始めてしまったけど、仕事に追われる毎日。

転職すれば、時間が経てばやりがいを感じられるのかな・・・。

不安になることありますよね。

誰だって「これこそ天職だ」と言える仕事をしたいと思っています。
でもなんだかずーっと遠くにあるもののような気がしてしまう。

いえ、天職は常にあなたの足元にあるんですよ。
[adsense]

1.「好き」「得意」を仕事に取り入れる

いきなり仕事を辞めるとか転職するとか、大きなことを考えることはありません。

あなたが普段好きで続けていること、得意なことを仕事に活かせばいいんです。

なぜなら、ほんの些細な「ちょっと得意かも」や「やっぱり好き」なことこそ、本当のあなたを知るための重要な手がかりだから。何かを好きだという衝動があることが、すでに立派な才能でもあるのです。

天職は身をたすける!―好きなことを仕事にする方法」より以下同じ

「仕事は仕事だから」と自分の持っている知識やスキルを出し惜しみしていませんか?

たとえばあなたがパソコンが得意で事務系の仕事をしているのだとしたら、より効率的に作業を進める方法を提案できるはずです。

人と接するのが大好きな人は、どうすればお客さんに気持ち良く買い物をしてもらえるか考えられるでしょう。

あなたの「好き」を少しずつ仕事に取り入れていくわけです。
そしてそれを誰よりも伸ばしてしまいましょう。

自分が好きなことなら勉強したり工夫することも苦ではありませんからね。

2.人の役に立つ

あなたが職場でひとつのことに抜きんでると、一目置かれるようになります。

あなたに「これなら誰にも負けない」というものがあるということは、その能力を使って誰かの役に立つことができる、ということです。

自分が好きなことや得意なことを磨いていった結果、お客さんはもちろん、会社から認められる存在になる。

これほどうれしいことはありませんよね。

天職に早く出会いたい時は、自分を知ることと同時に、自分にできることで「役に立つこと探し」をしていくのがとても効果的です。

3.変化を受け入れる

天職を見つけるにはあなた自身が変わる必要があります。

それは

変化への恐れ
低いセルフイメージ
ネガティブな仕事観
ネガティブなお金観

などのメンタルの部分ですね。

中でも重要なのが「セルフイメージ」です。

セルフイメージが低い、つまり自己評価が低いとせっかくあなたに得意なことがあっても、それを活かせません。

セルフイメージを上げるのにおすすめの方法は、あなたがすでに持っているもの、できることを数えることです。

これを紙に書き出すとより大きな効果があります。
自分の良いところを見る習慣をつけると天職を見つけやすくなりますよ。

それに自信がつけば仕事観、お金観といったものもポジティブなものになっていきます。

まずはセルフイメージを高めることから始めましょう。

4.得意なこと、やりたいことをアウトプットする

機会を見つけて、あなたが好きなこと、得意なことをどんどんアウトプットしていきましょう。

仕事の実務に活かすのはもちろん、あなたの経験や知識を会議やミーティングの場で共有するわけです。

あなたの持っている知識やスキルを求めている人はたくさんいます。

「いや、これくらいのこと誰でも知ってるよ」と思っていることでも、意外と周りの人は知らないものです。

「そんなことできる(知ってる)なんてすごい!!」と言われることがあるなら、それがあなたの天職の芽というべきものかもいしれませんよ。

まとめ

天職は「探す」というより育ててたどりつくものです。

コツコツと自分が好きなことや得意なことを続け、誰かの役に立てるようスキルを磨く。

それがいつしか認められて「これがもしかしたら天職かもしれない」と思えるようになるわけです。

ぜひあなたの「好き」を育ててみてください。