安いだけじゃない!活気のある商店街の秘密とは?

人が集まるところに人は集まる

shoutengai

活気を作る

休みの日は車で出かけることが多いのですが、たまに近くの商店街を歩くといろいろな発見があります。

活気のある商店街は攻めているお店も多いですね。

特にお惣菜とか魚屋さん、八百屋さんがお店の前に商品をバーっと並べていると、それだけでできたて感とか鮮度感というものがアップします。その他にもやきとりを炭火で焼く匂いとか生魚の匂い、あるいは八百屋さんの威勢の良い売り込み。

「なんとなく活気があっていいなぁ」というイメージがあるから人が集まる。
人が集まるからさらに活気づく。

言ってみれば商店街の活気というのは商店街の人たちが積極的に作り出しているわけです。

若い人はいいけれど

大きなスーパーマーケットに行けばなんでも揃います。
品揃えは半端ではなくて、見ているだけでも楽しいのは確かです。

でもたとえばお年寄りはあの広い空間を歩くのは大変なんですよね。

本当は家の近くに活気のある商店街があって、そこで鮮度が良くておいしいものが買えたら、それに越したことはないわけです。
ですが近くに大きなスーパーマーケットができてしまうと商店街はお客さんを取られてしまうという現実があります。

差別化する

もちろん品揃えや価格では到底かないません。
だからこそ、価格ではないところで勝負する必要があるわけです。

例えば差別化ですね。

「鮮度」に特化するなら、その日仕入れたものは全部売り切る。
「カテゴリー」に特化するなら、とことんそのカテゴリーの関連商品しか置かない。

それくらい極端なことが必要なのかもしれません。

飽きさせない

僕たちは常に変わり続けているものに対して興味を持ち続けますよね。いつ行っても同じ品揃え、同じ値段で同じ接客。
これでは飽きてしまいます。

たとえば最近のファミレスなんかもものすごく勉強してますよね。行くたびにメニューが変わっていて、定期的に改装もしている。

もちろん味も本物志向でどんどんおいしくなっています。しかもターゲットを絞っているので、メニューも時間帯によって上手に使い分けられています。

ランチはライス大盛りが無料とか、ファミリー層ならだいたいこれくらいの予算だろう、ということから価格帯も設定されている。

大手ファミレスでさえお客さんを飽きさせないように日々工夫しているわけです。だからこそ、商店街の小さなお店は何もしなければお客さんはどんどん離れていってしまう。

競争の激しい時代です。だからこそ、大手や他のお店と同じことをやっていては絶対に勝てないんですね。

まとめ

活気のある商店街は商店街の人たちが活気を作り出している。人は活気のある所に集まる。商店街の小さなお店が生き残るには他と差別化できるポイントを明確に打ち出す必要がある。時代の流れに柔軟に対応できるお店は長く続いています。
スポンサーリンク
安いだけじゃない!活気のある商店街の秘密とは?
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする