今の職場で自分を生かして働く方法

自分の価値ってなんだろう?

chance2

あなたにしかできない仕事

突然失礼ですが、あなたは職場で必要とされている存在ですか?いえ、あなたでなければできない仕事をしていますか?ということです。

厳しいようですが他の人でもできることを普通にできるだけでは、あなたの代わりはいくらでもいる、ということになってしまう。

景気が悪くなると会社はかかるコストに過敏になります。そして言うまでもなく一番大きなコストは人件費。会社はあなたの能力や価値に応じた査定をします。

だからこそ、自分にしかできないことを磨き、付加価値を高めていかなければいけないんです。

photoChance by Mell P
[adsense]

やりたいことを磨く

必要とされる存在になるという事は、誰かにとって頼りになる存在であるということでもあります。

会社で

「○○さんがいると助かるなぁ」

と言われることありませんか?

自分では特別なことをしているつもりはないんだけど、なぜかいつも褒められることとか。

他に例えば、

人と話すのが好き
細かい作業が得意
パソコンなら誰にも負けない
文章を書かせたら右に出る者がいない

など、誰にでも必ず光るものがあるんですね。そこを磨いて仕事に活かしていく。それが組織の中でピタッとはまった時、あなたの価値は一気に上がります。

自己満足は評価されない

「こんなにやってるのに」

社会人になりたての頃、僕もよくそう思ったものです。自分なりに勉強して朝早くから夜遅くまで頑張る。でも特別な評価は得られない。だんだんイライラしてストレスがたまってくるわけです。

そして

ストレスを抱えながら仕事を頑張る→思ったような評価がされない→さらに頑張る

という悪循環にはまりました。なにが問題なのかというと、その努力が結果に結びついていなかったからです。

ポイント自己満足の努力だけでは絶対に評価されません。

求められている以上の結果を出す

たとえば上司の指示通りに仕事を進めることは当たり前のことです。そこで求められている以上の結果を出すことができればそれは評価になります。

さらにそれが、あなたにしかできないことであれば、会社はあなたを手放したくないと思うはずです。

ただがむしゃらな努力をしていれば結果が出るとは限りません。それよりも、自分の得意なこと、好きなことを磨いて仕事に活かしてみましょう。

○○のことならアイツに

就職した当時、僕はパソコンが好きでWordやExcelも基礎はマスターしていました。

はじめに配属された部署が現場担当で、しかも未経験の仕事だったのでそれを活かすことができずにいたんです。

しばらくして仕事にも慣れ、ゆとりができた頃です。
パソコン操作で悩んでいる同僚がいたので、知っていることを教えたらとても喜んでくれたんですよ。

そんなことが何回かあると、パソコンでわからないことがあると、とりあえずあいつに相談すればなんとかなる、というイメージができました。

僕が特別パソコンに詳しいというわけではなかったと思いますが、たまたま社内にそのような人間がいなかったのもあります。

それからというもの、この文章をパソコンで打ち直してほしいとか、メールの設定やトラブル時の対応を頼まれることが増えてきました。

ダメもとでお願いしてみよう

そんなことをしながら数年が経ち、ある時チャンスがやってきました。長年勤めていた経理の方が定年退職をすることになったんですね。

僕はまっさきに「兼任でもいいから経理業務をやらせてください!!」と申し出ました。簿記も学生の頃にとった3級程度。経理の仕組みもよくわかっていませんでした。

それでも志願したのは、そこが自分の役割を果たせる場所だと思えたからです。

会社を辞めたいと思っている方。「社内転職」があなたを救う理由

パソコンのスキルを活かせるし、会社の数字を把握できる。まさに一石二鳥だったわけです。

結論から言えば、その姿勢を買ってもらうことができ、経理業務と情報配信業務をメインの仕事とすることができました。

まとめ

会社の中で自分が貢献できることを見つけることができると、仕事が楽しくなります。

今の環境でどうすれば自分の価値を高められるか?チャンスは常に足元にあります。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする