完全無料のマインドマップ作成ソフト「FreeMind」で会議の質を高める方法

視覚に訴えると共有しやすい

マインドマップを使う

会議等で問題点や現状などを共有する時、文章よりも図式化した方が伝わりやすいことがあります。自分の考えを整理する時は「マインドマップ」を使うと、とってもまとめやすいです。

ちなみにパソコンでの入力に慣れている方はフリーソフトの『FreeMind』等を使うと楽かもしれません。

※FreeMindのダウンロードはこちらから「FreeMindプロジェクト

PDFファイルとして保存することもできるのでプリントして共有するのもカンタンですよ。

1枚にまとめる

できればB4以上の紙1枚にまとめると良いです。
自分1人で見る分にはA4でもいいのですが、共有することを前提にしたら大きければ大きいほど見やすくなると思います。

時間の限られている会議で長い文章や様々な種類の資料があると参加者の集中力が分散してしまうんです。1枚に視覚的にまとまっていれば印象にも残りやすいですし、1枚の情報量が多いため管理も簡単になります。

大枠の内容を共有してから文章ベースの書類を配った方が頭にも入りやすいようです。

まとめる時の2つのポイント

まとめる時のポイントは2つ

・単語だけ書く
・フィルターにかけない

です。

①単語だけ書く

単語だけ書いていくことでマップがシンプルになります。
例えば会議の時間が長い問題を解決したいと思う場合、

会議の時間長い→あらかじめ時間を決める→レジュメを作る

ではなく、

会議→時間→設定→レジュメ

といったように、あくまでも単語のみで構成することにより、派生するアイデアも広がりやすくなるメリットがあります。

②フィルターにかけない

思いついた単語やアイデアはすべて書き出すようにしましょう。
そもそもマインドマップはアイデアを引き出すためのツールなので、「これはムリかな」と思ってフィルターをかけてしまうと行き詰まってしまいます。

全員で出し切ったアイデアが1枚にまとまっているからこそ、思いもよらない角度から問題を解決する方法が見つかるわけです。

いつでもどこでもマインドマップで整理できる マインドマップというのは、はじめにテーマがあって、そこからキーワードを枝分かれさせていく情...

なんのための会議?

特に会議は問題が共有できていなければいないほど迷走し、なんのための会議だったかわからなくなる事が多いです。

早い段階で、今はこういう問題があって、最終的にはこの様な形にしたいよね、ということを参加者全員で共有しておくと結論が出やすいです。

なんのための会議か? 会議することが目的になってない? 本来、会議はそこに人が集まって話し合わなければ決まらないことがある、だからこ...

それならレジュメがあれば十分じゃないかと言われそうですが、マインドマップは原則としてすべてがつながっているので、通常のレジュメよりずっと内容の相関関係がわかりやすくなります。

レポート作成に時間がかかる
会議がいつも長くて困る

という方はオススメですよ。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする