マインドマップで会議の質を高める方法

視覚に訴えると共有しやすい

マインドマップを使う

会議等で問題点や現状などを共有する時、文章よりも図式化した方が伝わりやすいことがあります。自分の考えを整理する時は「マインドマップ」を使うとまとめやすいです。

ちなみにパソコンでの入力に慣れている方はフリーソフトの『FreeMind』等を使うと楽かもしれません。

※FreeMindのダウンロードはこちらから「FreeMindプロジェクト

PDFファイルとして保存することもできるのでプリントして共有するのもカンタン。
[adsense]

1枚にまとめる

できればB4以上の紙1枚にまとめると良いです。自分1人で見る分にはA4くらいでもいいのですが、共有することを前提にしたら大きければ大きいほど見やすくなると思います。

時間の限られている会議で長い文章や様々な種類の資料があると参加者の集中力が分散してしまうんです。1枚に視覚的にまとまっていれば印象にも残りやすいですし、1枚の情報量が多いため管理も簡単になります。

大枠の内容を共有してから文章ベースの書類を配った方が頭にも入りやすいようです。

まとめる時のポイントは2つ

・キーワード中心
・図式化する

です。

1枚にまとめるといっても、長い文章で埋め尽くされていたら読む前に疲れてしまいます。なるべく簡潔に、フリースペースも作りながら1枚にまとめてみましょう。

目的はすべて事細かく書き込むことではありません。あくまでも全体像を共有することです。

全体像がわかっていれば、話が本題からそれることを防げますしね。

なんのための会議?

特に会議は問題が共有できていなければいないほど迷走し、なんのための会議だったかわからなくなる事が多いです。

早い段階で、今はこういう問題があって、最終的にはこの様な形にしたいよね、ということを参加者全員で共有しておくと結論が出やすいです。

ムダな会議はやめてしまえ!確実に問題解決に導く4つの方法

それならレジュメがあれば十分じゃないかと言われそうですが、マインドマップは原則としてすべてがつながっているので、通常のレジュメよりずっと内容の相関関係がわかりやすくなります。

レポート作成に時間がかかる
会議がいつも長くて困る

という方はオススメですよ。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする