仕事を辞めたいと思った時に絶対にチェックすべき3つのポイント

なんのために働くの?

Job

確認しておきたい3つのこと

  • 今の仕事が好きか?
  • 自分のお客さんをイメージできているか?
  • 自分で仕事をコントロールできるか?

僕はこの3つを意識して仕事をするようにしています。ポイントはそのような仕事を探すのではなく、今の仕事をそうなるように変えていくことです。

全く同じ仕事でも、やりがいを持ってできる人と、つまらないと思ってやる人がいるのはなぜでしょうか?

①今の仕事が好きか?

仕事でただ目の前のタスクをこなすだけという毎日はつまらないものです。
といって転職しても、必ずしも自分が好きなこと、やりたいことができるとは限りません。

また、特に僕のように結婚してまだ小さい子供がいるという方には「転職」というのはリスクが大きいと感じるのではないでしょうか?

僕も就職してから数年は目の前の仕事をこなすだけの毎日でした。とりあえず与えられた仕事をこなしていればスキルアップして仕事もやりがいが出てくるだろう。そう思って勉強もしましたが・・・なにか違うんですね^^;

自分が得意なことを生かす

スーパーの裏方の仕事で、バックヤードで商品を加工してパックして販売していました。希望して入った職種ではあったのですが、いざ入ってみると想像していたのとちょっと違う。

人間関係とか作業そのものが嫌だとかそういうことではなくて、自分がいるべきポジションにおさまっていないという感覚。これはワガママといえばそうなんですが、「自分を生かしたい」という気持ちがとても強かったんだと思います。

当時、僕は気になっていることがありました。パソコンを使いこなして仕事をしている人がほとんどいなかったんです。数値管理やスケジュールなんかも、パソコンを活用すれば効率よく正確にできるはず。

そこでパソコン業務に活路を見出したわけです。

経理になる

現場担当者だった頃も、会社の数字が気になっていました。
会社は儲かっているのか、どのような経費が使われているのか、そういうことを知りたいと思っていたんです。気になりますよね?自分の会社がどういう経営状態なのか。

日常業務の合間を塗ってパソコンで様々なフォーマットを作ったり報告書を作成していくうちに、同僚からパソコンの操作方法などを聞かれるようになりました。そんな環境になってしばらくすると、前任の経理担当者が定年退職することになりました。

そこで「僕にやらせてください」と手を挙げて、晴れて経理業務を兼任するようになりました。

現場の経験を積んでから経理になると、とっても面白いですよ。それまで見えなかった数字や経営のカラクリなんかが一気に見渡せるようになるわけですから。

経営者の視点も身につけることができましたし、得意なことが仕事になったため、仕事に対するストレスは大幅に減りました。

②自分のお客さんをイメージできているか?

扱う商品がモノであれサービスであれ、お客さんありきです。

この商品を誰に買ってもらいたいんだろう?
そもそも自分がお客さんだったら買うかな?

常に「買う側の視点」は忘れてはいけません。
自分がどれだけ時間と労力をかけ、試行錯誤して作ったモノやサービスも、お客さんに「いらないよ」と言われたらそれまでですから。

ポイント仕事がつまらないと感じてしまう原因のひとつに「買う側の視点を忘れている」ということがあります

③自分で仕事をコントロールできるか?

仕事はできるだけ早い段階で自分でコントロールできる立場になった方が心理的にとてもラクになります。これは必ずしも昇給する、偉くなるということではありません。

視点を常に高い位置に置いておくということです。

自分が上司だったら
自分が経営者だったら

意識しているとだんだん先回りして考えられるようになります。

自分が何を求められていて、どういうことをすれば貢献できるかという視点です。

僕が経理になった時、まさにそのことを痛感しました。
自分で仕事をコントロールできる環境を作れたら、仕事が楽しくなりますよ。
仕事が楽しくなるということは、つまり毎日が楽しくなるということです。

まとめ

転職を考える前に、今の環境で自分が得意なことを生かす方法を考える方が近道です。自分が得意なことなら会社に貢献しやすいし、自分のスタイルを確立しやすくなります。転職は最終手段と考えましょう。
スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする