人間関係が苦手なあなたが驚くほど毎日が楽しくなる方法

そこから出てこい

relationship2

「仲良し」だけでいいの?

僕たちは自分と同じタイプの人たちと一緒にいると安心します。
同じような境遇で、同じような価値観を持ち、同じ方向を向いている。

衝突も少ないし、共通の話題が多いために一緒にいるととても楽しい時間を過ごすことができます。
「仲が良い」という状態ですね。

ただ、もしあなたが今の人間関係に疲れているとしたらどうでしょうか?
仲良しで居心地が良いはずなのに、どこかで物足りなさを感じてしまう自分がいる。

それはあなたが違う関係性を求めているということです。

自分をもっとガツンと上に引き上げてくれるような存在。
もちろん人間関係を変えるというのは誰しも抵抗があるものです。

でも安心してください、それが成長ですから^^
[adsense]

あなたが生かされる関係

あなたは今の人間関係で消耗していますか?

もしそうだとしたらかなりガマンしてきたのでしょうね。
ガマンしなければ成り立たない関係というのは、あなたらしくいることができない関係性だ、ともいえます。

つまりあなたが生かされない関係です。

あなたが生かされる関係というのは、あなたの価値観や感じ方が尊重される関係です。

お互い肯定しあい、違いを認め合える関係ですね。

人に価値観を押し付けられることもないし、こちらも人に押し付けることがない。
一見ドライに見えますが、信頼関係はかなり深いものになります。

仲良しグループにいると時々居心地が悪く感じるのは、「違い」が認められる範囲がとても狭いからです。
だからこそ相手に合わせることが多くなる。

ボーダーレスの状態ですね。
これが消耗してしまう原因です。

どんな人と付き合うか?

自分を大切にしている人と付き合うと、相手のことをよく考えていることがわかります。

彼らが大切にしているのは自分のライフスタイルです。

守りたいものがたくさんあるんですね。

好きなことをやる時間だったり、自分の価値観や友人や家族と過ごす時間。

自分の中にある優先順位はできるだけ崩さないようにしています。

それがワガママに映ることもありますが、それだけ自分を大切にしているということです。

一番重要なことは、彼らは相手にもそうであってほしいと思っているところです。

自分の時間がどれくらい大切なことかよくわかっているからこそ、相手の時間を奪うことに抵抗があるわけです。

相手がガマンしたりイヤな思いをしていることが許せないんですね。
なのでさっぱりしているのに相手のことをよく考えている。

あなたが付き合うべきはそういう人たちだと思います。

少なくともいつも口を開けば会社や同僚のグチばかり、という関係から得られるものは何もありませんから^^;;

就職とか転職、あるいは引越しなんかで新しい人間関係を築かなければいけないタイミングがありますよね?

そういうタイミングを活かして自分が生かされる関係を求めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

自己啓発本を100冊読むより、セミナーに高いお金を払うより、あなたが生かされるような人間関係に身をおくことの方が何倍も即効性があります。

あなたの人間関係というのはそれくらいあなたに大きな影響を与えているということです。

付き合う人によってあなたの人生が変わってしまうといっても言い過ぎではありません。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする