【NLP】あなたの話が相手に伝わらない理由

話が通じないのは誰のせい?

相手の反応は変えられる

話が相手に伝わらないということは日常的によくあることです。
こちらの説明が足りないとか、相手がたまたま他のことを考えていて耳に入っていなかったとか理由はいろいろあるのですが、基本的には「相手に残ったこと」がイコール伝わったことです。

仕事でも部下に指示を出したのはいいんだけど、全然違うことをやっていると「あれ?」と思うのですが、こちらの伝え方しだいで防ぐことができたのかもしれないな、とも思います。

NLP(神経言語プログラミング)の世界では

相手の反応が自分のコミュニケーションの作り出した結果である

という風に考えます。

これはすべてこちらに責任がある、ということではなくて、それくらいこちらの対応の仕方によって相手の反応も変わってくるということです。

正直なところ、誰とでも円滑なコミュニケーションをとるというのは難しいです。
というより、僕にはそういう器用なことはできません。
苦手な人は苦手だし、やっかいな人だなと思ったら距離を置くようにします。

ただ、相手に好かれるためということではありませんが、こういう時はこう言った方が相手は気分がいいだろうなと思うことは、なるべくそのように言ってあげた方がいいようです。

気持ちよく話を聞く

山登りが好きな友人がいるのですが、残念ながら僕はあまり興味がありません。
いえ、低い山なら学生時代に登ったこともあるので、登ったら登ったで楽しいだろうなということはわかっているのですが、今は他に興味のあることがたくさんあるのでそれほどでもないんです。

でもそこで「あ、そうなんだ。ふーん」と軽く聞き流されたらあまりいい気持ちはしませんよね。
自分が好きなことって誰かに話したいし、関心を持ってもらいたいものですから。

ある日「今度富士山に登ろうと思うんだけど」と言ってきたので、「どんな格好でいくの?」「頂上ってやっぱり寒いんだろうね」と聞いてみるとうれしそうに話し始めました。

無理をする必要はありませんが、つくづくちょっとした気遣いって大事だなと思います。
逆の立場だったらやはりそうしてもらいたいですし。

でもイヤなものはイヤ

最後には「じゃあ今度一緒に行こうよ」と言われましたが、「疲れるから行かないよ」とあっさり断りました。
元も子もない返事ですがその時はその方が伝わりやすいと思ったので。

そこはもう長い付き合いなので断ったことで気分を害することはないですが、僕はどんな関係であれ、嫌なものは嫌だと言った方があとあと良い結果につながることが多いと思っています。

相手に気を遣って我慢して「なんでわかってくれないんだろう」とイライラしても、相手にはどうしてイライラしているのか伝わりません。

こちらが意図した通りに相手に伝わるかどうかは最終的には相手しだいです。
ただ、こういう表現を使った方が伝えたいイメージに近いかな、ということを考えるようにしていると自分と相手とのズレは少しずつ縮まっていくようです。

ブログ記事の書き方もそうですが、いろんなブロガーさんの記事を読ませていただいては「うまいなぁ」「わかりやすい!」などと思いながら、自分の記事の書き方を改善しています。

まとめ

僕が気をつけているのは、仲がいいからといって「言わなくてもわかっているだろう」と甘えてしまうことです。
家族間では特にそうです。

家族だからこそ、伝えることはきちんと伝える。
僕が伝えたいように伝わってはいないかもしれませんが、それさえやらなければどんなに親しい間柄でも溝が生まれます。

普段からそうしているので、子供たちも自分の考えはきちんと言葉にするようになりました。
僕の欠点もずばっと指摘されますが(笑)。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする