ブレない自分をキープするための3つの条件

ブレないあなたが信頼される

business-lady

自分らしさってなんだ?

自分らしくあるってどういうことでしょうか?

僕たちは普段の生活で人間関係や仕事、テレビやネットの情報などからたくさんの影響を受けています。

特に人間関係で悩んだり落ち込んだりすることもあると思います。
人の意見に惑わされてブレそうになることもありますよね。

ではブレないために情報をシャットアウトしてしまえばいいのか?
・・・ええ、そうカンタンじゃないですよね。

自分らしくあるためには「外界とのつながり」が必要です。

あなたが「そうだよね」と共感できることがあったり、「イヤ、それは違うんじゃないの?」と反論したいことがある。

問題にぶつかったり自分と違う価値観の人と触れ合うことではじめて、自分というものが浮き彫りになってくるんですね。
自分らしさってそういう「関係性」の中でしかわかりません。

問題はその関係性のなかでどう自分をキープするかってことです。
[adsense]

1.目標を立てる

はじめは小さな目標でいいんですよ。

今日どんな一日にするか

ということでいい。

自分で組み立てるということが大事です。

目標を立てるということは、自分の責任で目標に向かって行動するということです。

一度自分で立てた目標というのはやり通そうと思うものです。

たとえば今日は残業をしないで早く家に帰り、趣味の時間をたっぷりとろう、と決めたとします。

あなたは極力残業をしないように仕事を組み立てるでしょうし、いつもより足早に帰宅するかもしれません。
誰かに食事に誘われても「今日は用事があるから」と断るでしょう。

一日を具体的に組み立てるとまずブレません。

2.自分に正直になる

あなたは人からものを頼まれた時断れない方ですか?
ムリしても引き受けてしまう方ですか?

実はあなたがムリをすればするほどあなたはブレているんです。
周囲にとって都合の良い存在になってはいけません。

たとえば僕は飲みに誘われても行きません。
もともとお酒も弱いですし、家族との時間を大切にしたいというのもありますが、そもそもお酒の席を楽しめるタイプではありません。

その時間に本を読んだり趣味に時間を使った方がマシ

と思ってしまうんですね^^
いえ、飲みに行くのが悪いってことじゃないですよ。
ライフスタイルや価値観の問題です。

ムリをして行っても僕自身つまらないですし、つまらなそうにしている僕がいれば周りもきっとつまらないはずです。
ええ、誰もトクをしない。

なので僕は上司や同僚にどのように思われてもそれを貫いてきました。
ブレないということはそういうことです。

これが状況によって、相手によって行ったり行かなかったりしたらそれはブレブレです。

自分に正直になることはブレない自分になるために必要な条件のひとつです。

成長する

ブレないということはひとつの所にじっと閉じこもっているということではありません。

日々「自分らしさ」を育て、強化していかなければいけません。

僕のここ10年のライフスタイルそのものはそれほど大きくは変わっていません。

ですがその中で取り組んできた仕事や読んできた本、趣味、家族との時間などを通して、僕の中ではそれぞれが強く太くなっています。
そしてきっとこれからの10年はさらに強化されるでしょう。

「今のままでいい」と思ってしまったら成長しません。

目標も持たず、自分に正直にもなれず、誰ともコミュニケーションをとらなければいいわけですから。
でもそれでいいのか?ということです。

まとめ

「あの人はブレないなぁ」というのは最高のホメ言葉です。

どのような状況でも自分らしさを貫ける人に僕たちは強さを感じるからです。

あなたはもっとあなたらしくあっていいと思いますよ。

スポンサーリンク
ブレない自分をキープするための3つの条件
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする