信頼されるリーダーになるために必要な4つの条件

気持ちの余裕ありますか?

shakaijin
部下から信頼されるリーダーは基本的に安定しています。仕事に対するモチベーションもそうですし、メンタルバランスの面でもそうですね。

どんなに忙しくても気持ちの上でゆとりがある。だから小さなところまで気を配れるわけです。
[adsense]

1.部下に関心を持つ

信頼される人はいつも周りをよく見ています。身近な人のちょっとした変化に気が付くんですね。これはそれだけ関心が外に向いているということです。

自分が周りからどう思われるかではなく、周りにいる人たちが今どのような状況なのかということに関心がある。だからこそ仕事で仲間が困っていたり部下が悩んでいると、とっさにフォローできるわけです。また、フォローされた人には「ちゃんと見てくれているんだ」という安心感が生まれます。

言葉を介さなくてもコミュニケーションをとることができる。この安心感が信頼につながっていきます。

2.フォローする

ところが信頼されない人は仮に気がついてもフォローしないんですね。それは人を助けても自分の得にはならないという損得勘定で考えているからです。

だから部下によってフォローしたりしなかったりする。その不安定さが周りには「この人はちょっと信用できないな」という印象を与えてしまいます。

3.任せて育てる

自分に部下ができても「自分がやった方が早い」と言ってなかなか仕事を任せない人もいます。そんなリーダーの下では部下は育ちません。

仕事は自分で体験することで身に付いていきます。その点、リーダーになったばかりの頃は「仕事を任せるという経験」が少ないわけです。部下は仕事を任されずに成長できず、リーダー自身も「仕事を任せるという仕事」をやらないためにリーダーとしての成長はできません。

鉄則リーダーになったら、自分の事よりもまず部下の成長を考えることが優先です

4.ブレない

信頼されるリーダーであるために一番重要なことはブレないことです。相手によって言うことが変わったり、特定の部下だけかわいがったりすれば信頼されません。なので、リーダーとしての決まりごとを作っておくといいですよ。

たとえば、

どんなに自分の体調がすぐれない時でも部下を思いやる。
仕事は最後まで責任を持って行う。

など。
どんなに大変な時でもブレない基準があれば信頼されます

まとめ

信頼されるリーダーは判断基準が明確なのでブレない。自分のことより部下の成長を考えるからこそ、仕事を任せられる。
スポンサーリンク
信頼されるリーダーになるために必要な4つの条件
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする