損してますよ!家でゴロゴロしない休日の過ごし方

休日こそ大切に過ごそう

wakeup2
休みの前の日だからと夜更かしをする。次の日は昼近くまで布団から出られない。なんとか起き上がっても体がだるくて、結局一日中家でゴロゴロしてしまう、ということありませんか?

休みの日くらい家でゴロゴロしたいですよね。ですがこれ、損していることもたくさんあるんです。
[adsense]

生活リズムが乱れると体に良くない

大人になるにつれて生活のリズムは少しずつ乱れていきます。夜更かしをしたり、寝る直前にご飯を食べたり。

夜更かしをすると成長ホルモンの分泌が少なくなるので疲れもとれにくくなります。また、寝る前に食事をとっていると、それがそのまま脂肪として蓄積されてしまう。生活のリズムが乱れているということはやはり体には良くないんです。

参考若さの秘訣!!なぜ「空腹」が体中の細胞を活性化させるのか?

なので、生活リズムはある程度一定に保たれいているのが理想です。そこで、「時間割」を作ってみてはいかがでしょうか?

基本の時間割を作る

  • 朝起きる時間
  • 夜寝る時間
  • 食事の時間
  • 休憩の時間
  • 趣味の時間
  • 家族と過ごす時間
  • 仕事の時間

など。

ガチガチの予定なんて組む必要ないんですよ。ただ、だいたいこの時間にはこれをやるという目安があれば極端に崩れることはありません。

これは趣味の時間を優先的に作り出す上でも有効です。

参考なんでも3日坊主のあなたに教えたい趣味を確実に「ライフワーク」にするコツ

「ゴロゴロする時間」を時間割に入れる

あなたが休日になると家でゴロゴロしてしまうのはそれだけ普段多くのストレスにさらされている、ということでしょう。スケジュールにムリがあるのかもしれません。ですがその結果、せっかくの休日をダラダラ過ごしてはやはりもったいないです。

それなら逆に、普段の時間割に「ゴロゴロする時間」を組み込んでしまいましょう。1日30分でも、15分でもいいんです。この時間は何もしない。ボーっとしてもいいですし、寝転がっていてもいい。休日までためこまずに、その日のうちに息抜きをしておくわけです。

普段から息抜きする時間を作っておけば、休日ゴロゴロしなくてもよくなります。平日と同じように朝早く起きて出かけることもできますし、小さなお子さんがいる方は家族とゆっくり過ごすこともできるでしょう。

まとめ

休みの前の日も夜更かしをせずに生活のリズムを崩さなければ、休日も有意義に過ごすことができます。生活のリズムを維持するには自分だけの時間割を作るのが一番。そこに「ゴロゴロする時間」を組み込めばその日その日で息抜きできるので、休日ゴロゴロする必要がなくなります。
スポンサーリンク
損してますよ!家でゴロゴロしない休日の過ごし方
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする