自分に自信がないあなたが自己評価をMAXまで高めるために必要な5つの条件

優先すべきは自己評価

jishin
あなたは他人の評価が気になる方ですか?自分が相手からどのように見えていて、どう思われているのか。自分はひとからどのように見えているのか?ええ、気になるところですね。

ただ、忘れてはいけないことは他人の評価というのは自分の一部分を表しているに過ぎないということ。
自分のことをよくわかっているのはやはり自分自身です。
[adsense]

1.自分が持っているものを洗い出す

誰かと自分を比較し始めると自分に欠けている部分が気になり始めます。これは自分の容姿についても言えることです。もっと背が高かったら、もっとやせていたら、お金があったら・・・でもそれが絶対的な価値ではありませんよね。

例えば、あなたができないことを簡単にやってのける人がいる一方、あなたも他のひとができないことを同じようにラクラクこなしている、ということもあります。あなたがあなたの容姿だから好きだ、という人もいるわけです。

なので、まずは自分の良い所を洗い出してみましょう。「自分が持っているもの」に意識を向けることで他人の評価が気にならなくなります。

2.自分を褒める

自分が持っているものを確認できたら、今度はそんな自分を褒めまくりましょう。褒めるということは肯定することです。

ポイント自分を肯定できれば自己評価が高まります。

3.今の環境を生かす

自分が今置かれている立場でできることに集中してみましょう。お金がなくてもできることはたくさんあります。ジムに通わなくても体を鍛えることはできますし、パソコン一台あれば情報を発信することもできます。

趣味なんかでもそうですよね。もっとこういう道具があったら、もっと良い環境だったらやるんだけど・・・。そう言っている間に時間はどんどん過ぎていきます。

僕は趣味でピアノを弾きますが、はじめたのは20歳を過ぎてからです。しかもその時は家に楽器類が一切なく、お金もなかったのですが、秋葉原の電気街で1500円くらいで売っていたおもちゃみたいな電子キーボードを買ってきてポチポチ練習してました^^;

「ちゃんとしたピアノがあればやるんだけど」なんてこだわっていたら今の趣味はありません。

4.人に貢献する

仕事でも自分の得意なことでお客さんに喜んでもらえればそれが一番いいですよね。

僕は会社の広告やポスターを作るのに、フリーの描画ソフト「inkscape」を使っています。ただ作るだけならエクセルでもなんとかできます。ですが興味をもって作っていると、もっと細かいところにこだわりたい、と思うようになりました。

今ではかなり自由に使いこなせるようになりましたが、「前よりもずっと良くなったよ」と褒められた時は本当にうれしかったです^^
自分が得意なことを磨いていくと、必ず喜んでくれるひとが現れます。

自分が得意なことを磨く→人に喜んでもらえる→もっと磨こうと思う

この好循環が生まれると仕事も楽しくなりますし、自己評価もどんどん上がっていきます。

5.なりたい自分をイメージする

できるかどうかよりも、自分がどうなりたいかにフォーカスする。今はうまくできなくても、うまくできている自分を想像しましょう。そのイメージが強ければ強いほど、なりたい自分に近づいていきます。

まとめ

今の自分が持っているものを生かす方法を考える。得意なことを磨いて人に貢献すれば、自己評価が高まります。また、理想の自分をイメージし続けることで現実の自分も理想の自分に引き寄せられていきます。


photo byconsumer confidence! by Frederick Homes for Sale

スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする