質問するだけでポジティブ思考がグッと高まるのはなぜか?

必要なのはすでに達成しているイメージだけ

目標達成できないメカニズム

僕たちは無意識にいろんなことを考えています。
普段使っている言葉やなにか作業をしている時に頭の中で何気なく思い浮かべているイメージ。そんな無意識の情報は思っている以上に脳に大きな影響を与えているようです。

いつも同じような失敗をしてしまう
目標を立てても達成できない

外的な要因ももちろんありますが、無意識に自分にかけてしまっている暗示のせいで、自分でそうなるように行動してしまっていることも多いです。

たとえば

時間がないから無理
自分の能力では難しい

普段からそういう言葉を口にしていたり、そう思っているだけでも脳には大きな影響を与えています。ネガティブ思考がどんどん上書きされていく、そんなイメージです。これでは前向きな考え方や発想そのものが出てこなくなってしまいます。

まず「できない理由」を考えてしまう。行動しないための言い訳ばかり考えてしまう。そうして今までと同じ行動しかしないために、いつも同じような結果に終わるわけです。

前向きな質問をする

では結果を変えるにはどうすればいいのでしょうか?
答えは「自分に前向きな質問をする」です。

この時間内に終わらせるためにどうすればいいだろう?
今の自分にできることはないだろうか?

と自分自身に前向きな質問をすると、脳も前向きな答えを導き出そうとします。結果、良いアイデアも浮かびやすくなるので、目標も達成されやすくなります。

仕事に応用する

たとえば残業することが当たり前になっている人は、まず自分が帰りたいと思っている時間を設定します。
それが午後6時だとしたら、帰宅してリビングの時計を見たら午後6時を指している、というイメージでもいいです。
そして

「どうすれば午後6時に帰宅することができるか?」

と自分自身に質問をする。
そして出勤して帰宅するまでのプロセスをすべてチェックしてみましょう。すると、ここはもっとスピードアップできるとか、人に任せても平気だ、というように改善できるポイントが見つかります。

残業が当たり前の状態だと、それが見えないんですね。

プライベートに応用する

プライベートだったら、家族と過ごしたり趣味の時間を増やす、健康のために運動する、などでしょうか?
特に趣味や健康に関することは「今さら・・・」なんてネガティブに考えて本気で取り組まなかったりするものです。

ですがこちらも

「大好きな趣味を続けるために健康を維持するには?」

という質問をしてみると、じゃあ通勤帰りはひと駅前で降りて歩こうとか、夜は油ものは控えよう、と考えるようになります。

普段から自分に前向きな質問をすることによって、前向きな考えを持つことが当たり前になってくる。
つまり、ポジティブな質問がポジティブ思考を生み出すということです。

ネガティブ思考はその日のうちにリセットする

明日は今日とは全く違う「まっさらな一日」がやってくる。
こう考えるとリセットして新しいことにチャレンジしてみようと思えてきませんか?

いつからでも新しいスタートを切ることはできるんです。
それをやるかやらないかの違いだけ。たとえ今、ネガティブな思考や感情があったとしても、それを明日に持ち込む必要はありません。

僕たちに与えられている時間は限られています。同じ一日なら大好きなことをやり、大切なひとと過ごす時間を選ぶべきです。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする