【書評・感想】『手にとるようにNLPがわかる本』読書メモ

書評・感想

NLPの基礎をとてもわかりやすく丁寧に書かれています。本の構成も読みやすいよう工夫がされており、悩んだ時に気軽に読み返せる手軽さも持ち合わせた一冊。

以下読書メモです

(32P)

実は、私たちの脳は「現実」と「想像」を区別することができません。
いま、頭に思い描いているものが「想像」であろうと「現実」であろうと、同じ神経回路を使って処理され、各器官に指令が出されるのです。

(33P)

脳の勘違いシステムを利用すると、「未来の体感リハーサル」を行うことができます。

(40P)

NLPの世界には、「失敗」という2文字は存在しません。

(53P)

成果が手に入った状態を思い浮かべて、五感を総動員してイメージしてみます。その場の情景(視覚)や聞こえる音(聴覚)、身体で感じていること(身体感覚)をイメージの中で体験します。

(96P)

脳は空白ができるとそれを埋めようとする性質があります。

(130P)

私たちはすべてのものを、その人独自のフィルターを通して見ています。この、ものごとを見る視点のことを「フレーム」と呼んでいます。そして、そのフレームを掛け替えることで、同じことがらでもまったく違って見えるようになるのです。

(151P)

「なぜ?(Why)」と尋ねるのではなく、「何が?(What)」とか「どのように?(How)」と聞いてあげることが、相手とよりよいコミュニケーションを図り、成長を促すために重要なポイントでしょう。

スポンサーリンク
【書評・感想】『手にとるようにNLPがわかる本』読書メモ
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする