ミトコンドリアってなんだっけ?運動しているひとがいつも元気な理由

【結論】やっぱり運動することは体に良い

mitokondoria

「ミトコンドリア」ってなんだっけ?

いきなりミトコンドリア
どこかで聞いたことがあるような・・・。
そう、学生時代、生物の授業で習ったあのミトコンドリアです。

ミトコンドリアというのはほとんどすべての生物の細胞に広く含まれている細胞内構造物のひとつです。

このミトコンドリアが人間にとってとても重要な役割を担っているという話です。
[adsense]
ミトコンドリアは細胞の中で呼吸をしてエネルギーを作っています。
僕たちが肺から吸い込んだ酸素は、血液によって体内の細胞に運ばれ取り込まれます。

そして酸素はミトコンドリアによって糖や脂肪を燃やす燃料として使われるんです。

そこから発生したエネルギーを利用することで体温を保つことができますし、何事もなく日常生活を送ることができるというわけです。

ミトコンドリアの元気がなくなると、エネルギー源である脂肪やブドウ糖がだぶついてしまう。われわれの体では、だぶついた脂肪やブドウ糖は、すべて脂肪(中性脂肪)として蓄えられる。そして肥満になってしまうのだ。 参考文献 伊藤裕『臓器は若返る』※以下同じ

ミトコンドリアと肥満は密接に関係しているようです。

わかりやすく言えば、ミトコンドリアが元気になれば脂肪をためこまなくなります。

では、どうすればミトコンドリアを元気にできるのでしょうか?

体を動かす多大なるメリット

結論から言えば運動をするとミトコンドリアは元気になって活性化します。

体の中のミトコンドリアの80%は筋肉の中にいるそうです。

ということは体を動かすことでミトコンドリアをより活性化させることができる。
代謝が上がるってことです。

ミトコンドリアは、筋肉でのエネルギー不足、酸素不足を感じてどんどん増えようとする。だから、理想的には、きつめの運動をできるだけ長く続けることが好ましい。

「きつめ」といっても、いきなり走ったり泳いだりということではなく、ウォーキングでもいいと思います。

そのかわり大股でできるだけ腕も大きく振って歩くようにすると体幹が鍛えられるので効果的ですよ。

もちろんメタボの方はまず取り過ぎているカロリーを制限することが第一です。
運動がカラダに良いとわかっていても、いきなり重いカラダで運動を始めたら膝や腰を痛めたりしますからね。

筋肉を鍛えなければミトコンドリアはどんどん弱っていく。

ミトコンドリアが弱ってくると、取り込んだ食べ物は活動をするためのエネルギーとして使われず、脂肪として蓄積されてしまいます。

ちなみにミトコンドリアの働きにフォーカスしたこんな商品もありますよ。
コーヒーでメラメラパワーをGET!エクササイズコーヒー

なにはともあれ、適度な緊張感を保つ必要がありますね。
そのためには目標をもつことが一番です。

常に新しい目標を設定する

目標って達成してしまうと気が抜けてしまいますよね。

イメージとしては、たとえば「自分」と「目標」がゴムひもで結ばれているとします。

目標はそれが遠ければ遠いほど、そのゴムひもがグーっとひっぱられる。
そのテンション(張り)がエネルギーを生み出します。

なので、目標に近づくほどそのテンションは弱まっていくために気が抜けてくるわけです。

ということは、目標を達成出来そうな段階に来たら、すぐにまた別の目標を立てればそのテンションは一定に保たれます。

このテンションが僕たちを活動的にしてくれる。

目標を達成するためには考えて行動する必要があります。
そうして試行錯誤をしながら動き回ることが自然とミトコンドリアを増やしてくれるんですね。

常に目標があるっていうことはそれだけで体に良いということです。

よく仕事人間だった男性が定年後に一気に老け込んでしまったりするのは、目標がゼロになってしまうからでしょう。

いや、ホント、仕事だけにのめり込むのはそういうリスクありますよ。

気が滅入っている時ほど身体を動かす

ただ、人間ですからなんとなく気分が乗らないということもあります。

そんな時、軽い体操をしたり外を歩くとエネルギーが湧いてくる、ということありませんか?

これはある意味、強制的にミトコンドリアを増やして活動的な状態にしているわけです。

脳にきちんと血液がめぐれば自然と頭の働きもよくなってきます。
ポジティブに物事を考えられるようになります。

運動は身体だけではなく脳にもいいんです。

ちなみに僕は毎日最低30分はほぼ全力に近いスピードで歩くことにしています。
あと、1日10分程度ですが筋トレも行います。

これをやるだけで身体がポカポカしてきて意欲的になれます。
もちろん体が引き締まれば若くも見られますしね^^。

自分で自分をポジティブな状態にもっていくというのはとても大切ですよ。

みなさんそれぞれ独自の方法があると思いますが、自分が「これをやれば心が軽くなる」とか「これを続けているから活動的になれる」という具体的な方法を持っていると、「外的な要因」に左右されなくなります。

「外的な要因」というのはたとえば天候とか、職場や学校の人間関係とか、うまくいかなかった事とかそういうことです。

「モチベーションを維持できる」というのはすごいスキルだと思いますよ。
何にでもストイックに取り組めるひとはそういったノウハウを持ち合わせているのだと思います。

まとめ

体を動かすということは僕たちが考えている以上のメリットがたくさんあるんですね。

運動をすると体でどのようなことが起こっているのかを知っていると、体を動かすことに対する認識が変わってくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
ミトコンドリアってなんだっけ?運動しているひとがいつも元気な理由
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする