【レビュー】持ち歩きもカンタン!これでスマートフォン・タブレットでもラクラク入力可能!ロジクール「Bluetooth マルチデバイスキーボードk480」

キーボード入力が身近になるBluetoothマルチデバイスキーボード

logi8

ブログ記事の下書き用に

発売当初から気になっていた商品ですが、ついに購入にいたりました。
もともとはブログ用に安いノートパソコンを探していたのですが、どちらかというと記事の下書きやメモが目的だったので、今持っているスマートフォンやタブレットなどのデバイスを生かしてbluetoothキーボードでもいいかなと思ったのがきっかけです。

自分の部屋にiMacがあるのですが、普段はそこでブログ記事を書いています。
僕はとりあえず思いついたことはすべてメモとしてEvernoteに書き出したい方なので、できれば部屋にいなくてもキーボードを使って書きたいという思いがありました。
実際、別の部屋で読書をしていてメモしておきたいことがあったり、なにか思いついたりしたとき、いちいち部屋まで行ったりスマートフォンでポチポチ入力するのも嫌でした。

実は以前に別のBluetootキーボードを使っていたのですが、これはキーボード本体のせいなのか単純に機器の相性の問題なのかわかりませんが、iPhoneやiPadへの入力の際、少し遅延があってそれがストレスになってしまい、気がついたら使わなくなっていたという経緯もあります。

【外観】思ったより大きい

箱を開けるとこんな感じ。
logi2
僕がイメージしているよりもずっと大きかった印象です。
開封する前に箱を持った時点でわかってはいましたが、800g少しあるのでちょっと重いです。
まぁパソコンを持ち歩くよりはずっと軽いかもしれませんが。

遅延なし。サクサク書ける

logi1
この黄色枠の溝にはiPhoneもiPadもはまるようになっています。
もちろん縦横どちらでも可能です。
少しゆとりをもたせてあるので、僕が付けているカバーではそのままでもはまりました。
DSC_2323
ちなみにiPad(第3世代)をはめるとこんな感じに。
もはやパソコンですね。
IMG_2908

設定はカンタン

設定は簡単で、キーボードに直接設定の手順が書かれたシールが貼ってあります。
logi3
こちらはきれいにはがせるようになっています。
はがすとよりすっきりとしたデザインになるので気になる方ははがしてもよいと思います。
iPhoneを例にとれば、iPhone本体のBluetoothをオンにして、キーボード本体のこちらのボタンを3秒間長押しするとブルーのライトが点滅します。
logi6
iPhone側に‘Logeteck Keyboad…’と表示されたら接続ボタンをタッチするだけです。

打ちやすい

好みもあるとは思いますが、僕はこのタッチは好きです。
まず想像以上にストロークが深く、パンタグラフ式なので適度な反発が気持ちいいです。
logi5
キーボードはほぼフルキーボードに近い大きさですので、パソコンと同じような感覚で打てるのも魅力です。

windows、Mac、Android、iOSで使えるのでまさにマルチですね。
こちらのダイヤルで3つの機器を簡単に切り替えられるようになっています。
logi7

便利なショートカットとファンクションキー

たとえばキーボードから

画面をロックおよび解除する
スクリーンショットを撮る
音量を調節する
メディアの再生・停止、早送り・巻き戻し
かな変換

をはじめとして、あると便利な機能をキーボードから使うことができます。
とりあえず手元のスマートフォンやタブレットで文章を手軽にさくさく書きたいという方におすすめです。

ちなみに電池の持ちですが、アルカリ単四電池2本(付属しています)使用でホームページでは「2年間」ということになっていますが、これは使ってみないとなんとも言えません。

まとめ

この価格でこのコストパフォーマンスなら十分満足、といったところです。
この手の商品は多数出ていますが、レビューだけ見るとどうしても好みの部分が大きいのかなと思います。

高価な商品でも自分に合わないものもあれば、今回のマルチデバイスキーボードのように、お手頃な価格でも自分にとっては十分にその役割を果たしてくれるという商品もあります。

この商品を検討されている方の参考になればと思います。

製品の詳しい情報はこちら
ロジクールHP「Bluetooth Multi-Device Keyboard K480」

スポンサーリンク
【レビュー】持ち歩きもカンタン!これでスマートフォン・タブレットでもラクラク入力可能!ロジクール「Bluetooth マルチデバイスキーボードk480」
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする