【書評・感想】『今日から始める思考のダイエット』読書メモ

感想・書評

デザインというものが感覚だけでなく、きちんと根拠があり、機能的である必要があるという内容です。他にもアイデアを生み出すための実践的なメソッドが盛りだくさんです。
読書メーターでも公開しています。⇒『今日から始める思考のダイエット』

以下読書メモです

P21

輪郭がぼんやりしているコミュニケーションをしていては、ほとんど伝わらないのです。100言いたいことがあっても普通は半分くらいしか伝わらないと考えるべきです。

P26

「広告は見られないもの」「見られたとしてもおよそ0.1秒」という前提に立って考えるようにしています。

P45

自分の生活がデザインできていなければ、世の中や商品をより良くするデザインなんてできるはずがないと思ったからです。

P63

例えば会社に属していると、「きっと誰かがやってくれるだろう」と思ってしまいがちです。僕もかつてはそうでした。けれど、それは、自分でできるかもしれないのに、ムダなコストをかけているということでもあるのです。

P86

そのコミュニケーションや商品の企画意図は、きちんと言語化できますか?言葉で説明できないものはコンセプトが弱いということで、見る人の心に響くものにならない、と僕は考えています。

P99

例えば絵を描くということに例えると、デザインというのは、最初はキャンバスから遠く離れて、全体を見て長い筆を持ってダイナミックに描いていき、そのあとはキャンバスにうんと近づいてまた短くて小さな筆に持ち替えて描いていくイメージです。そしてまたキャンバスから離れて太くて長い筆に持ち替える。その繰り返しです。

P118

やりたい夢や企画を頭だけで思うのは、意外に簡単です。でも、行動しなくては、形になりません。この行動力こそ大切で、ずっとエネルギーが必要なのです。

P123

高度なデザインとは、コストのかかった高級なデザインではなく、より多くのひとに喜んでもらえ、ちゃんと機能するものなのです。

P185

最後の仕上げは、続いていくものにすることと、進化させていくことです。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする