変わることは成長だ!明日は違う自分になる

変わっていくのは自然なこと

start-position

そのプライド必要ですか?

年齢を重ねていくと気がつかないうちにアタマが固くなっています。
ひとつの考え方にこだわる。
一度決めたことを修正できない。
周りの目を気にすればするほどよけいに身動きが取れなくなってしまいます。

でも人間って変わっていいんですよ。
昨日言っていたことと今日言っていることが違ってもいい。

よく考えたらこっちの方がよかったとか、普通にありますから。
プライドというものもそうです。

仕事のプライドって大事ですよ。
どんな時でも絶対このラインだけは維持したいっていう気持ち。
これがなくなるとどんどんラクな方にすすんでしまいます。

ただ、自分が思っている自分らしさとか、そういう部分のプライドってそんなに守らなければいけないのかなと思います。

あまりコロコロ変わるのはどうかと思いますが、今まではこうだったけどこれからはこうしたいな、というのはむしろ普通の感覚です。
[adsense]
これだけ情報であふれている時代です。
新しい発見もたくさんあります。
それなのに

自分はこのままでいいんだ

というのは逆にちょっとムリがあります。
時流にのるとかのらないとかそういうことではないですよ。

急にスポーツとか音楽に目覚めたとか。
それまではタバコもガンガン吸って、お酒も毎日飲んでいた人が健康に気を使い始めたとか。
それまではトゲトゲしていた人が、だんだん角がとれて丸くなってきたとか。

僕達の頭の中では日々、過去の経験とか普段触れている情報なんかが有機的に結びついています。
そのなかで突然さまざまなアイデアが浮かんでくるんですね。

ずっとこだわってきたことがどうでもいいことに思えたり、今まで気にしてもいなかったことがなくてはならないものになったり。
なんでそんなことを考えたのかというと、なんでもやる前からあきらめてしまう人がけっこういるからです。

もうこんな歳だから
みんなからどう思われるかわからないし
才能もないから
忙しくて時間がとれない

やりたいことがあるのにガマンして、昨日と同じような一日を過ごそうとしてしまう。

スタートの敷居は思い切り下げる

僕はほぼ毎日ブログを更新するようになりましたが、それも30分前後で終わらせるようにしています。

その後はとても短いものですが、Macの「LogciPro」で作曲をします。
作曲もほぼ毎日になりました。
時間としては20分くらいです。

僕も経験があるのですが、なにかをやろうとして構えてしまうんですね。
こういう準備をして、やるなら徹底的にやらなきゃいけないっていう。

もうそれだけで負担になっちゃうんです。
行動する前に疲れてしまう。

でもブログ更新も1日30分なら時間を作れないことはありません。
作曲も、大曲を作ろうとさえ思わなければ、20分でも短い曲は作れます。

励みになるのは、作るたびに確実に上達していくということです。

今は30分で1記事かもしれません。
でも30分で2記事書けるようになるはずです。

今は20分で短い曲しか作れないかもしれません。
でも作曲が自分の生活の中で比重が大きくなってきたら、なんとかして時間を作り出してより満足のいく曲を作れるようになるはずです。

このように、

スタートラインはめいいっぱい敷居を下げたほうがいいです。

完璧にやろうとすると動けません。
完璧を目指すことはいいですが、まずスタートしないことには話になりません。

僕は学生時代、楽器なんてまったくやっていなかったので、「作曲をしている」というと、同級生に会ったときなどは驚かれます。

でもせいぜいそんなもんです。
そもそもひとはこちらが思っているほど他人のことは気にしていません。

僕が毎日少しずつ変わっていったとしても、ほとんどの人には気づかれることすらありません。

新しいことをはじめるとか、それまで片手間だったことに本気で打ち込むとか。

段階を作る

そこに自分で段階を作るんです。
いきなり最後まで行けてしまう方はそれに越したことはありません。
でも僕は段階を踏まないと疲れてしまう。

まずスタートして、どんなにゆっくりでもいいから歩き続ける。
歩くということが当たり前になってきたら、すこしずつ歩くスピードをあげていく。
スピードをあげて歩き続けることが当たり前になってきたら、ちょっと走ってみる。

走ることが当たり前になってきたらいつのまにかゴールはどんどんこちらに近づいてくる。

僕はそういうイメージをもってブログを書き、曲を作るようにしました。
まだ慣れていないのに自分にムチ打って「頑張ろう」というのは長続きしません。

それよりも楽しみながら

昨日より上達したぞ

というようにに達成感とかスキルアップを肌で感じていると、

明日はもっとこういうふうにしてみよう

とどんどん良いイメージになってきます。
スピードを上げていくのはそれからでもいいと思います。

まとめ

僕は自分ではあまり考えやライフスタイルをコロコロ変える方ではないと思っていました。
でもたとえば5年とか10年スパンで考えたら、いつも全然違うことを考えてるし、その頃と違うものを目指して行動していたりします。

そしてやっぱり

今の自分が一番いいかな

と思うんですけどね。
ということは変わっていくということは自然なことだし、良い事なんです、きっと。

スポンサーリンク
変わることは成長だ!明日は違う自分になる
この記事をお届けした
Anotherdayの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする